[アワのこと−2] 目次

(キーワード検索はCtrl+Fキー)

アダムスキーDB

民主主義の罠.. 2

採算性の本質と裏側.. 5

チンパンジー.. 9

イメージの重要性.. 11

死について楽しいこと.. 13

転生の実証.. 16

ガリレオの教えの続き.. 20

亡者となった人.. 23

宇宙の研究.. 25

立派な兵器.. 26

宇宙の人材.. 29

宇宙飛行士の言動.. 30

ご破算願いましては.. 33

可視と不可視.. 35

自由なものはどこにもない.. 37

陰謀の否定.. 38

逆転した生き方.. 41

なぜ長生きかの問い.. 42

未開人と文明人.. 45

人の本体はどこにある?.. 49

 

開設 2009/04/04

更新 2012/09/16

 

 


 

民主主義の罠

民主主義は、みんなで話し合って意見をまとめ、より良きことを決めましょうという手順である。一見、何も文句はないように見える。かつては多くの国が独裁政治や王制で国が成り立っていた。それを今度はみんなで平等に決めようということで民主的になり、一見進歩したように見える。しかしよく見ると誰も良くしてはくれないことに気付く。

確かにものごとを決めるのに、多くの意見を聞くことはよいことであろう。これは進歩かもしれない。しかし逆に言うと、言葉は悪いが愚民政治である。誰かの民度を高めることを一切しないで、皆均一平等にその決定に権利を持つと、今の私達では収拾がつかない。全体のことについて方針を決めるときにも、そのポジションでそれに相応しい人物が居るのは確かであるのに、これを無視し実際には混乱してしまい、人材の有効活用は出来ない。そして全てに関し誰しも同じ権利を持ち、最後はその数で決めるのは平等で一見正しいように見えるが、少しも正しくないし愚かな決め方ともいえる。差別ではなく、みな特徴がありその意味で平等はどこにもない。だから適材適所が正しい。

本当は無私の立場でその決定事項に相応しい人が冷静に判断するのが最も正しい。私達は直ぐに独裁者を思い出すが、そうではない。少数の決定者はその範囲で(自分の得意分野で)責任をもつということで、それなりに大変である。しかも十分な信頼を得て無償で行なうことが条件である。このように人には皆ふさわしい役目がある。それを旨く利用するだけのことである。私達のように仲間や身内の権利を何でも一人占めする意味とは全く違う。

民主主義は結局、互いに民度を落としてしまう。民度の低い者に合わせて決めざるを得ないからである。すると大衆操作が大きな力を生む。多数意見のデータやその切り回しが重要となる。本当の中身はどうでもよくなる。奥深さも多様性も全くなくなる。真に優れたものは理解されず、単に迎合主義、流行の政治となる。これでは互いにレベルが低いまま、足の引っ張り合となり、進歩はない。膨大な議論を尽くしてその後に進歩があると信じているが、決して進歩しないであろうことは見え透いている。

私達はあらゆる物事で、長となる者を決め全てのその責任者を問う形としている。これは更に負担が大きい。みんなで手分けすればいいものを、どうしても責任を集中させる。何でも長がその責を負うのである。本当は誰しも等分に自分の出来る範囲でキチンと責任をとるなら、権力の集中する長は要らないのである。自然にこれに代わる者がいるようになるし、かつ一人に責任を押し付けることはない。一人は全体であることを知っているし、例え失敗事が起きても誰か責任者を探し出して追求するようなことはやる必要もない。

これを理解するには、自分の体の仕組みや、自然界の生きものカラクリを良く知ることである。かれらは強いてその責任を一個所に負わせて物事を集中させることはない。他の動物もそうである。私達人間だけが、何でも責任を取る長を決め、采配を振ろうとする。あるいは見た目で何でも平等にやろうとする。実際には差別をしながら、表で平等を装うのである。これほど無駄が多いことはない。

すると最も肝心なことは何であるかが解る。つまり互いの民度を高めることである。住みやすくするのは組織や決まり、法律を作ることではないことが理解できる。それ以前に私達自身の民度を高めることが最も優先になる。

ではこれは何を示すのか? 民度とはどこまで共生できるかということに尽きる。自分と他人を厳密に区別せず、共通の意識をどこまで保てるかという実際は簡単な中身に過ぎない。これ以外にややこしい約束事は何もない。またそのような秘密のものは隠されていない。すべて重要なことは各人そのものの中に隠されている。というより自分が今まで自縛で隠していたものである。それを明らかにすることで全てが解決するという中身である。

私達は究極の手前にあるものに気付かず困り果てて、肝心なものごとを行なう(民度を高める)ことをせず、民主主義とか決まり事のみを無数に多く作ってきた。しかし常に空回りで旨くいかない。私達は肝心な自分の真の中身のことを忘れていたのである。これで何かが解決するわけはない。肝心な相手に対する思いやり(共生)を忘れて、回りや他人への強制や意見だけを言い張っても出来るわけはない。立派な弁論は立派な社会を作ると空想しているが、理屈はいくらこねても私達を少しも進歩させてはくれない。何千年経ってもこれは直らない。私達の自慢する文明がいくら進歩したように見えても、本質は昔のままで不便きわまりない生活を結果的に続けざるを得ない理由である。

民主主義に代わる主義方式、決まり事がいくら新しく現れても、このようにその結末は皆同じになる。むしろ民度は次第に低下していく。民主主義の発祥の地であるヨーロッパ先進国でも、議会制民主主義などは行き詰まり、くたびれてきているようであるが、より良きことに気付いていない証拠である。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB


 

採算性の本質と裏側

採算性とは、私達が経営している会社の本質でもある。赤字の会社は立ち行かない。直ぐに倒産する。倒産すれば会社の存在価値がゼロになり、会社としての存続は出来なくなる。これが決まりである。つまり如何に社会的に見て有意義な会社であろうとも、採算が合わなければたちどころに潰れるし潰される。経営の不手際で黒字倒産も多くあるが、まず黒字にならなければ意味がないという結論となる。

ところで会社は私達が社会的に貢献できる唯一の窓口である。その他に公務員や兵隊という窓口もあるが、基本的には民間の会社が最もポピュラーである。この職場で社会に貢献し、賃金を稼ぐ。あるいは会社を経営してなにがしかの口銭料を稼ぎ、公的税金も払ってその上で生活が出来るということになる。この商売の中で先ほどのように、どうしても採算性が問題になる。楽に利益が出るようなら何も苦労はないが、大概その利益が簡単に出ないので四苦八苦である。

例えば病院の経営も同じことである。個人経営の病院でも、病院の経営はその他も商売と何ら変わらない。採算性を重要視すると、その経営方針はどうしても患者を無視するしかない。そうであってこそ経営は立派に成り立つ。ところが逆に採算性を無視して、患者の立場に立った経営を行なうと(なるべく相手の身体のことを考えて薬をなるべく使わない治療法、精神療法)、たちどころに病院は傾く。採算が合わない。銀行はそれ以上資金を貸してくれなくなり、病院は早晩潰れることになる。患者からすると、親切な病院で何でも相談に乗ってくれて安心できる病院なのに、資金繰りが旨くいかないとそれ以上は病院そのものを続けることが出来ない。

一方、経営を重視した病院は潰れることはないし、ますます最新の検査機器や手術機器が揃い建物も立派になり客も多くなるが、同時に金にならない患者は嫌われる。高額医療を勧められ、言いなりに治療をすればその病院から喜ばれる。病院として患者はやがて稼ぐネタに過ぎなくなるので、治療は患者の体のためにはならないように次第になっていくのは請け合いである。

同じように物をつくる商売でも同じである。採算性を重視して物をつくると、出来たものは手抜きとなる。これといって欠点はないが、使う側からすると、気にくわないものになる。更に手抜きをすると、粗悪品となる。それでも採算性を最優先にするので、コマーシャルを大量に流して更に売り込みをかける。売り逃げとマインドコントロールである。

逆に客のことを考えて、物をつくると商売は早晩潰れる。個人経営でも大きな製造業の会社を経営しても同じである。血も涙もない商売をすると、なかなか会社は潰れない。従業員は大変な死ぬ思いをするが、どちらがよいのか誰も結論が出せないのである。

最もよい方法は、これ等採算性を度外視して、料金をただにすることである。互いにただにすると、別のテーマでの書いているように、お金のいらない社会が出現する。そうすると、今まで採算の合わない会社(会社という組織も不要になるが)は立派な存在理由が立つ。社会の貢献できるので、その恩恵を別の形で受け取ることが出来る。大層な見返り恩恵でなくてよい。その日に生活できる分を受け取るだけで十分なのであるから、僅かな報酬である。つまり過度の利益、報酬を望まなければお互いに相互扶助が十分に(余るほど)出来る。考えてみると何でもないことである。但しすぐには出来ない。各人の前提条件がいる。

私達は商売では目一杯の利益を得ようとして際限のない意欲をかく。これが世の中を大変にいびつにしていることに気付かないのである。これをある程度コントロールしている商売もあり、また民族、集団でも程度が異なるが、この傾向は多種にわたりあらゆる分野、レベル行なわれる。例えば身近な例で、その欲が可愛いものも多くあるが、極端なものは世界を股にかけた、盗人猛々しい泥棒もいる。ある種の集団はある民族、国家の財産を一気に盗んでしまうことすら企み実行してきた。表に出ない巧妙な方法で気付かない間にスッカラカンに盗んでしまう。例えば白人の有色人種に対するその技は、複雑にして恐ろしいほどのものがある。しかも魂まで盗む(人間をだめにする)。かように欲のかき過ぎはとんでもないことをしでかす。

このようなやり方で継続されると、元は利益を目標としたものとはいえ、世界中で富の不均衡はますます激しいものになり、限界のない偏った富と所有権の片寄りが発生する。これで相互扶助などというものは存在し得ない。あっても子供だましのまやかしでしかない。これは密かにマッチポンプ式や自慰的な方法で大々的に同時に行なわれている。この膨大な欲は詰まるところ、私達各人の小さな欲が、異常に一部で肥大したものとも考えられる。

この大いなる不均衡を廃止できるなら、私達の生活は先ほどのやり方で直ぐに平和になる。簡単なことである。そうなれば人そのものが正常になるので、富の偏りもなくなり、いびつな権利の偏在もなくなる。人口異常過密も解消するだろう。解決策は実は簡単なことである。国連の活動や無数の会議、莫大な経済活動、やらせの平和活動、環境活動などは殆ど要らなくなる。私達が必須と考えているこれ等の活動は、大方無駄にすぎなくなるだろう。

このためにはカラクリを私達大衆がある程度知っておく必要がある。ボンヤリしていてはこのあざとく際限のない欲を持つ者達に常に出し抜かれる。私達一般人が利口になって先回りをし、達観することである。大衆が中身をより深く知るようになると、今の社会の真の主催者、主権者、陰謀者は私達より先回りできなくなる。逆転するのである。彼等に付き合うことの、そのバカバカしさに私達が気付くというわけである。それほど難しいことではない。この集団はあらゆるレベル、民族、団体の形で私達大衆に住み着いている。数は僅かであるが私達が知らないでいると、その影響は次第に強大になっていく。私達の体に住みついている寄生虫とそっくりな生き方をしている。考え方も同じで価値観も同様である。だから駆除するのも同じ方法をとる必要があるが、そのためには私達自身が生き方を変えるしかない。

つまり、利益、利権という架空の魔物の本質を皆が知るということがその一つになる。この魔物から皆が抜けられれば殆どのタガが外される。先ほどのように各人がその日に必要な身の回りの少しばかりの糊口をしのげれば、互いに必要以上に欲をかくことが無ければ、今まで大変に気にしていた貧富の差の意味が無くなる。これが解るようになると、今までの努力を別の方向に向けることの意味も解る。

私達が際限のない利益追求主義者に対抗するには、利口になって先回りをするのがよいのである。そのためにはもう少し価値観の根底からの見直しが要る。もともと私達は貧しく、資産が僅かしかない者が大半である。世界の資産の大部分をごく一部の者たちが彼等の勝手な決まりで一人占めしてしまった形である。真の価値観に変えていくのは彼等一部の者たちではない。私達大衆側なのである。

つまり各人が明確な意志、思想を持って独立することである。本当に今の価値観は正しいのかと。他人を頼りに聞いて回っても自分の結論は出ない。結局自信のある行動は今までの常識を見直し、自分の中から出てくる意見でしかない。金銭の価値観は本当に必要なのかと。それが要らないと解れば金銭を使わないままの生活は十分に出来る。私達が本当の価値観を知るには慎ましやかに、欲をかかずにその日に必要なもので十分なのである。これ以上はガキのように欲をかいているに過ぎない。そして真の財産はその次に現れる。アイディアはその後に無数に私達の中から現れる。

私達が物欲しげに金銭にこだわっている間は、搾取者の思い通りに誘導される。彼等は決して私達を幸福にはしない。そのようなものはハナから用意していない。あってもカケラであるが、本当にケチなカケラしか用意していない。大層なものに見せかけてあるが。この分をその他大勢の皆で分けるようなものである。みすぼらしいカケラであるのに、本当にそれが欲しいでのすか? と問われている。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

チンパンジー

チンパンジーの研究を長年研究しているグループがある。学校の先生達である。これは進化論を無意識に信じている研究のように見える。国費で長年月なされている。一見神聖な研究のように見える。しかしこの研究を何千年行なっても、生命の起源は解明出来ないと思われる。サルはサルで生き方がある。それを認めればよいのであって、人間に結びつける理由はどこにもない。私達はその前に自分自身、つまり人間の本質を見極めること、これが最も重要であり、やるべきことの中身である。これを一切することなく本論を見失って、まったく違った方向に研究を進めるのは、本質の逃げのように見える。正面から生命を見ようとしていないように感じる。動機とスタートが間違った方向は、途方もない無駄足を踏む。

本質はサルを研究することではない。人間を研究すれば、同時にサルの生きる意味や種の違いがわかるし、進化論に振り回されることもない。すると私達は本来の研究の道に入ることが出来ると思われる。

最近テレビの中で、この学者の方がサルの研究説明の中で、親サルが死んだ子供をいつまでも抱いて連れ歩くのを見て 「これは親が悲しんでいるのであって、生きものの宗教的な精神活動の始まりを示すものかもしれない」 とコメントしていた。これもサルから人への進化論の証明と言いたかったのであろう。しかし実際にサルは悲しんでいるのだろうけれど、いずれ生理的なもので解決できることでもある。私達が勝手に進化論にくっつける意味はさして価値あることには思えない。サルはそのままそっとしておくしかないし、強いて進化論に関連づける理由はどこにもない。ましてやこれを精神論に関連づけるのはあまりに滑稽で無理がある。私達が今考えている、精神そのもの、生命、宗教が何ものかの研究がなされていないからである。実際には自分の専門ではないと高をくくっている。

このため本当はサルを追いかけて進化論を検証することよりも、人間自身を研究するが最も正しいと思われる。サルはそっとしておくのが最も正しい付き合い方である。生きものの多様性でありそれ以上、特別に生きものに立ち入っていじり回すことはない。ましてやサルから私達人間が進化して生まれたのでは決してないのである。その昔、進化論を歪曲して言い出した本人もこのことは巧妙にほのめかしただけで、そうだとは一度も言っていない。

私達は対象物を分類し、仕分けするのは好きである。これを積み重ねて研究をする。しかし物事は対象物だけが全てではない。仕分けそのものも全てではない。見たものの形で生きものが生きているのではない。形以外のもう一つの力、想念、イメージを私達は研究する必要がある。物だけで見て研究するのは完全な片手落ちなのである。丁度両手を使わずに片手で物をつくろうとするのと同じで、私達は両手をバランスよく使い必要がある。そうしないと努力は実を結ぶことはない。

その片方が、私達自身のことを知るということである。私達は自分の外部にあるものを観察し、研究することに明け暮れた。これを今からずっと続けようとしている。しかしこの一方的な研究には限界がある。どうしても私達はその手前にある自分の想念のありか、カラクリを知らないと進まない。残念ながら私達はこの分野の研究をしてこなかった。そしてすっかり忘れたまま、身の回りの研究を自分から外部に向けただけで続けてきた。研究する本人自身のことをすっかり忘れて、それで旨くいくはずはない。研究の成果のみの功績、学位、名声を欲しさに、先を急いでもその研究は私達の幸せには少しも貢献はしない。自他のバランスがとれていないからである。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

イメージの重要性

私達は行動するには先行するイメージが重要である。どのような行動もこの手順を踏む。イメージが出なければ一歩の足も動かすことが出来ない。そしてこのことは全ての万物がそのようにしているということを認める必要がある。イメージつまりは不可視の想念である。イメージが行動の後になることはない。行動や結果は後からついてくるのである。人間もそうなら、他の動物も他の植物も、これ等の万物はイメージで行動している。私達が無機物と言っているものですら、イメージでそのようになっているし、これからも何らかのイメージで変化をする。これは私達に認めがたいがこれが本当のことである。

するとイメージや想念は最も重要であることが解る。私達の日常の生活でも同じことである。ではこの想念をどのようにコントロールするかが肝心になることが解る。見えないものはおろそかに出来ない。私達の行動の原点はこの想念の根源になることに気付く。見えないもの、そこから全てが始まるということである。

見えない想念、これはどこから来るのか? これは日頃の私達の想念の積み重ねからくる。これは生き方そのものである。つまり生きものや他人や、宇宙に対してどのように考えているかが最も重要になってくることが解る。「そんなものどうでもよい、思いつきで言っておけばよい」などのようには扱えない。日頃の考え方が、行動の直前の想念を支配するからである。積み重ねであり、付け焼き刃では出来ない相談である。

私達は何事も研究するに当たっては、もうそろそろ人間の研究を真剣に行なって、その後に目に見える物を研究する必要がある。その方がはるかに効率がよいからである。一方的に唯物的な研究は捨て去る必要があるように思える。その方が近道であることは間違いない。

ところで、唯物的な研究は今のところ誰も疑問に思わない。成果もそれなりに出るならなおさらである。この中で、精神的なこと、心のこと、生き方のこと、生命のこと、生きる意味、などを並べると、私達は途端に宗教だとか、精神主義、神秘主義だとか、オカルトだとかの仕分けをする。物が最も重要で精神的な意味合いはどうでもよいという風潮があるからである。物で勝負ということであろう。

この判断は一見、正しいように思える。物さえあれば良いのではないかという根強い判断があるからである。これは精神的な研究は全くおろそかにし、無視してきたので、習慣的にこのように判断するのである。しかし見えない力が更に重要であることを知るなら、私達の行動手段、価値観は変わってくる。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 

 


 

死について楽しいこと

 死については別テーマで取り上げているが、私達にとって死はただ事ではない。生きることが旨くいっている間は、私達は自分の死を考えない。しかし一度つまずくといやでも死を感じる機会が出てくる。またどのように元気な人でも、どのような境遇であってもいずれ死ぬことは考えざるを得ない。このとき死は暗いイメージとして私達は受けるとのが普通である。

もう一つ、同じような機会に感じさせるのは、その反対にある誕生というものである。私達は誕生というものはたいがい喜ばしいこととして受け取り、死とは逆に受け取る。どちらも丁度同じ度合いで起きていることであるが、その違いを私達はよく解らない。

いよいよ苦しいときは、死が隣り合わせになる。このとき苦しさから抜け出したいのは山々であるが、個人的な自分の都合だけでは、世の中もやすやすと抜け出させてはくれない。そして時間がかかりながらもいつしか解決しているものであるが。苦しいときに、どのくらい楽観するかということになる。先の見通しが見えるなら、不安もそれほどでないだろう。しかし全く暗闇だと不安は高まる。悪くすると、自分で死を選ぶことにもなる。これは不幸な出来事である。

自分から死を選ぶのは、その境遇にもよるだろうが、大方は本人の生き方、見通しの建て方で決まる。一方で死を全く感じさせない人もいる。死に至るまで周りに死を全く感じさせない人である。逆に常に陰気くさくて、死の臭いが漂っている人もいる。その雰囲気は近寄りがたいものになる。はっきりしているのは、死を感じさせない人は物事を人のせいにしないもので、人の足も引っ張ることがない。いつも前向きな人は死の感じがしない人である。死をいたずらに強調するのは、自己中心で生きている人間だけである。人間以外の万物はそのようなことは一切やらない。

生き方を決めるのは本人であるが、どちらも自由であり、結局誰か他人が決めるのではない。この意味は自分の誕生ですら自分で決めたという意味である。この点を知らないという人がたくさんいると思われるが、この無責任感は私達の特徴で、ここに現実に生まれたことを俺のせいではない、と言い張る者もたくさんいる。自分にとって周りの状況が悪くなるのは自分のせいではなく、俺を生んだ親達、世の中のせいであると言い張る者である。

この勘違いの恨みはその者の生き方を決定づけてしまい、ますます生きづらくする。生きている内はどうしても周りに知り合いがいやでも出来るわけで、その人達が大変な迷惑を被る。本人はそれが鬱憤晴らしとなって逆に面白くなり、手がつけられなくなる。その一生をこの調子で終わる。最後まで腐った顔はそのままで、周りを恨みながら今の一生を終演させる。実際には肉体の死がきてもなにも終演せず、すぐに次の始まりがスタートするのであるが。

これは本人の勘違いであり。こうやって再度恨みを持って生まれてくると、そのままの雰囲気を維持し、またもや次の生まれ変わりでも同じ道を歩むことになる。昔のトーンが変わらないままとなり、ズーと続く。気づかない間は変えようがないからである。他人とは代えようがない。たとえ親でもそれは出来ない相談である。実にやっかいな生き方であり、私達地球人の多くが持っている基本的なパターンである。

生まれたその境遇の最大の原因は本人にあることは間違いがない。親はそれに付き合っているのであり、本人に最もふさわしい境遇を与えてくれているのである。そう考えると誤りはない。確かに不届きな親が大勢いることもあるが、それを含めて考えても、やはり主人は本人に間違いない。転生のカラクリはそのように説明している。誰かが責任や罪被りをやるわけではない。わざわざ困難なその場に生まれてくるということは、紛れもない事実であるから。総じて私達は誰しも地球にわざわざ生まれたことは、なにをか言わんやということを認めざるを得ない。

私達はこのカラクリに気づかず(または知らん振りをして)、自分の不幸を絶えず他人のせいにしてきている。そして自分の死をお大げさに騒ぎ、トラブルの解決は神様に頼み、責任は他人にしたがる。箸にも棒にも掛からない、全く扱いに困る生き物になっている。

自分で勝手に溺れている人間を誰が助けてくれようか。実際誰も手出しはしてくれない。本人は困り果てて、世間は、他人は冷たいと嘆く。悲劇の主人公となって、あるいは精神混乱をきたして死を選ぶ者もでてくる。

私達の死は実際には肉体の死であって、本人や本体が無くなるのではない。死んでも即、次の生活に入る。但しそれまでの精神状態は残念ながらそのまま引き継がれる。その本人を引き継ぐのは他人では出来ないからである。確実に本人そのものが継続される。全ての万物はその本性を間違えたりしない。人間も同様だからである。動物に生れ変わるなど、そんな無駄は決して行なわれない。

私達の死に関しては多くの騒動や手間暇がかかるのは、人間の本体が理解できないからにすぎない。解ってしまえば相当の手間が省けることが予想できる。死に関して必要以上の権利の主張や、手数をかける必要がないことが解ると、多大のトラブル、必要以上の争いなどは、まず簡単に無くせることを理解できる。死というものが本当は全く別物ということを私達が理解できるからである。

この違いは傍目から見ると少しの違いであるが、内容が全く違ってくる。私達にとっては驚くほどの違いになるだろう。餓鬼の世界と大人の世界の違いにびっくりするだろう。時代の革新という程度のものではなく、私達の根幹を変えてしまう出来事になる。

それどころか死は誕生と同じように違和感なく、前向きに楽しく感じられるものになるだろう。自然は元からその通りに生きてきている。私達が今まで考えてきたような死は最初からないのである。もっと生命は躍動的で、旨く転生を前向きに使いながら、自らその道は選択できるし可能性はいくらでも探せるようになっている。これは誰しも例外がない。各人が等分に創造されているからである。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

転生の実証

転生は実際には実証がなかなか難しい。しかし解りやすい事例が全くないわけではない。それと知らずに見過ごしている例もあるだろう。少し事例を挙げてみたい。

かつて1900年頃に、イギリスに住んでいた ネスタ・H・ウェブスター という女性がいた。日本では「世界革命とイルミナティ」(馬野周二訳、東興書院 出版)という本を書いた人である。彼女はフランス革命時代の出来事を詳細に本にしたもので、革命の本当の裏側を実写形式で書いている。この本の面白いところは、その前書きに「この本は実際にフランス革命の当時、私がそこに住んでいた時の体験を書いたものである」と記していることである。フランス革命は1780年代に起きた革命であり、彼女が本を書いたのは1920年頃である。時代が合わない。なぜだろう? と普通は思う。しかし彼女ははっきりとその時代に自分はフランスの革命のさなかに、しかも当事者の中に(宮廷のメンバーの一人として)自分は生きていた証言している。今は過去の文献とされ、保存されていた当時の手紙類も、それは自分で書いたのだから詳しく知っているのは当たり前だと、質問者に説明している。

普通は誰も信じない。だから彼女の記述は馬鹿げた空想で信用できないという人もいたと思われる。それにしても詳細な記述があり本人でないと書けない内容がある。つまり本人しか知らない、当事者しか書けない動機の内容がある。本人は何でもないことであり、知っているからしょうがないではないかと平然と言っている。「私は確実にそこにいたのだ」と。

これは転生の事例である。転生を知っている者からすると、それこそ何でもないことであり、思い出したにすぎないということが解る。しかし知らないと、とんでもないホラ話になる。

これに似た話が他にもある。気づけば沢山あると思われる。次の例は比較的最近の著書であるが、「イエスのミステリー」(高尾利数訳 NHK出版)という本を書いた人がいる。オーストラリアの女性であるが、新約聖書の解読を行った人で、全てを読むのは非常に難解であるが、あらすじそのものはよく解るようになっている。内容自体は専門の学術書であり、詳細を知るには英語、ラテン語、ギリシャ語、アラム語、ヘブライ語などを読みこなす必要があり、普通の日本人、日本語だけでは詳細の証明、理解については難儀な本である。ところで著者自身が知っているかどうか(自覚)は不明であるが、前記の例のように考えると、その詳細記述の根拠は、実際彼女が2000年前にその場(死海のほとりにあるクムラン)に居たと思われるのである。そうすると彼女の記述の内容の詳細の出所と彼女の確信が理解できる。単に内容が魅力的というだけでなく、通常の学術書とも異なる説得力のある内容が得られるその理由が解る。ところで教会や聖書専門の学会ではこれに対し、相当な反発があったようで、しかもこっそり専門家の多くも読んでいると思われる節がある。追加の刷り(出版社が客の要望に応じて追加印刷をする)が多く出されたし、これに対抗し立派そうで本格的に見せかけた(重厚な)反発反論の書籍等が(内容は彼女と同レベルのキチンとした反論にまるでなっていないし、ヒステリック調で、彼女を最初から馬鹿にしており、全く紳士的でない)しつこく出版されたことからも解る。無視できる馬鹿げた内容であるなら、ほっておけばよかったのである。転生のことを知らないと、このように全く的はずれの批判となる。確かに転生の記憶は思い違いの部分もあるかもしれない。しかし大筋を逃すことはない。

この事例以外にも本を読んでいて、このような例に出会って同じように感じる時ある。頻繁ではない。例えば“川守田英二”氏(「日本の中のユダヤ」の著者 たま出版 )なども思い出される。この本も奇書の部類にされ、正統学会では例によって全く相手にされていない。

それは十分に見分けなければならないが、私達も感度のよいアンテナは必須である。すると互いにだんだんとこれらが皆つながってくるものである。

他に私達が経験するものの例としては、例えば音楽、芸術に関する例がある。実際にはこれは枚挙にいとまがないと思われる。モーツアルトは作曲家であったが、彼は作曲するのに、うなったり頭をひねったりして曲を編み出したのではい。彼はもっぱらひらめきを書き留めるのに苦労したのである。つまり転生前迄の知っている曲やこれからのヒントが頭の中を猛烈な勢いで通り過ぎるので、その曲が消えないうちに必死に急いで書き留めたのである。これが彼の作曲法であった。つまり転生を知らないとこの理由が解らない。しかし知ってしまうとカラクリが解る。彼はそのような生き方をずっとしてきたのであって、皆を楽しませる術を過去から習得してきたのである。過去の時代に大変に努力していると思えばよい。

同じ様な例で、日本にかつてバイオリンの天才といわれた男の子がいた。戦後の話である。名前は忘れたが、彼はさらなる研鑽ということで留学のためにアメリカに渡った。ところが彼に付いた教師が彼にバイオリンを教え込もうとしたものの、音楽の解釈も肌も全く合わなかった。強引に自分流を教え込みその子の特性をつぶしてしまった。 理由はあまりにもその子がバイオリンを旨く弾きこなし、もって生まれたその音楽の感性に嫉妬したかもしれない。妨害をして彼の才能を潰してしまった。他の教師に譲れば済むものを、教師とは言えない不届きな人物であった。その後その子は音楽家として世に出ることはなかった。

その子は生まれつきバイオリンや、音楽の何たるかを既に(前世から)知っていたのである。あえて教えられなくても教師の言う内容のことは先刻承知であったと思われる。彼にはその次を教えるべきだったのである。付いた教師の運が悪かったといわれるだけかもしれないが、その教師も彼の前世など知るよしもなかった。

音楽分野でつい最近の事例では、「マイケル・ジャクソン」の例がある。彼も生前は相当に嫌みな偽情報で攻撃を受けた。人格まで疑われたのである。彼に直接会った人は彼が本物ということを肌で知っているので、その噂に惑わされなかったが、大半の人はマスコミに踊らされて、彼のことを疑った。本物は偽物にけ飛ばされるという例である。大衆は何が本物かを知らないから、マスコミ(便利であるが不便な機械)のヤラセも加わって攪乱されるままになり、確信が持てなくなったのである。このマイケルの例も彼の前世を知ると、その役目を彼はキチンと果したということがよく解る。彼は人を楽しませる術を以前から十分によく知っていたのであり、更に研鑽も加わったので彼の音楽、踊りが新鮮だったのである。

転生の例は、民族や国に関係もするだろうが、あまり関係ない場合もある。そこで私達は勘違いをする。子供の生まれてきた環境には気を配るが、その前の生前のことには気を遣わない。本当はそちらが大切なのである。子供を見抜くというのはこのような継続を知ることであり、私達はあまりにもそのことに無神経である。これに近いことは大小あり、気づくなら事例は沢山出てくる。全ての子は私達の気付かない何らかのものを(あらゆる分野で、どのような子でも)大小持っている意味である。もともと前例の音楽家のように有名になる必要はどこにもない。解りやすい例として挙げたものであるが、本来あるがままで私達はその魅力を誰しも持っている。目立たないその価値を知らないのは、周りにいる隣人とその本人自身である。

ところで「私は誰それの生まれ変わりである」という偽物の人がよく出てくる。特にかつて有名であった人の生まれ変わりというのが多く、宗教の教祖などに語られる例が多い。それとこれと混乱すると、転生の話がこんがらがってくる。その見分け方は? 確かに言っている本人が信じ込んでいるなら、全く見分けが付かなくなる。そこで判断を行うのは、動機ということになる。本人と、それを聞き及ぶこちら側の動機である。これしかない。転生のカラクリは自慢のためや、自分だけを高めるために利用する位なら、当面は知らない方が本人にとっても皆にとっても遥かによいからである。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

ガリレオの教えの続き

 ガリレオの話は別のテーマでもすでに記している。その後の追跡のために再掲する。地球が自転していると彼が勇気を持って発表したとき、周りの者はその殆どが拒否反応し示した。特に宗教学会、時の権威者は猛反対をした。そのため彼をキチガイ扱いにした。キチガにしてしまえば、誰も相手にしなくなるからである。ガリレオに同調する人、理解できる人もいたに違いない。本当にキチガイであるならならば権威者は何もせず、ほっておけばよかったのであるが。

 しかしそうはしないで、彼を捕らえ牢屋に幽閉したのである。つまりほっておけなかったということになる。「もしかしたら、ガリレオの言っていることは本当かもしれない」という恐怖である。実際に彼の言っていることは真実であったし、その支援者は彼の冤罪がはれる直前まで活動をしていたのである。冤罪事件を解決しろと、要求をし続けていたのである。

では冤罪が実際にはれた今はどうであろう。はれたのは1989年であるので、すでに相当に時間が経っている。冤罪をはらそうとした支持者はそれ以上、追求していないようである。騒いだわりには何事も起きなかったと思われる。宗教界の権威が極端に落ちることもないし、何を今更という雰囲気である。

この種の事件や冤罪に近いものは私達の周りに無数に存在する。ガリレオ事件はそのこぐ一端が騒がれたのであり、実際にはもっと重要なことが伏せられて大変になっているであろうことは想像がつく。ガリレオ事件で大きな損害を受けたのは誰であろう? また冤罪事件を起こした宗教界は、では一体どうすればよかったのかという点に要約される。そして「どうしようもなかったのだ」という結論がでる。宗教界も結局手出しができなかった。ましてや惑星や地球や太陽の関係は、宗教界にとっても本人達にとっても実際興味がわかなかった(解らないように処理した)こともある。

宗教界で重要視されたのは、彼等の権威とそれまでの既得権益であった。太陽系の構造ではなかった。民衆が苦しんでいるのに、それを直接解決する手段を模索するのではなく、何か訳のわからぬ代用品に入れ替えて、旨く説明することで気を紛らわせる巧妙な方法に多くの努力をしたのであって、宇宙の説明をすることはなかったのである。大衆は旨くそれで納得したので通用できた。この大衆の無知は宗教界、行政、軍隊などとタイアップもできたので非常に都合がよかった。だからガリレオの戯言を聞くことは決してなかったし、体制の本質は今もそのままにしてある。これはガリレオ事件に限らず、あらゆる分野で同じことが進んでいるという意味になる。

ガリレオから私達が学ぶことは、まず第一に、このように取り残された旧来の支配者の利権意識、差別意識、支配欲と大衆の個人主義といったところである。この点で私達は大昔から何も進歩していない。形やルールは大きく変わってきたが、その中身やパターンは昔のままで基本は変わっていない。私達が進歩しない理由の肝心な点である。今では小手先を変えて人気取りをし、新しい時代が来るのだと、今の民主主義は絶えず叫ぶが私達は全く精神レベルが太古のままなのである。そこに目をつけてこなかったせいでもある。支配者は知らぬふりをして肝心な点に誰も真剣に考えないように誘導したからである。このためガリレオの貴重な情報は有効に利用できず放置された。というより何も手出しが出来なかったのであり、単純な理由ではない。

そして第二は、私達の科学技術はかつて幽閉されたガリレオ達の礎のもとで、その後大いに発達したのであるが、残念ながら素直に喜べる状態ではない。私達は科学が相当進んでいると自認しているかもしれないが、この科学は精神的な部分がいまだに閉鎖されたままの状態にあり、科学分野のみが進歩しても、いびつな研究となり、バランスがとれないための無駄な努力が必要になる。結局無理なつじつま合わせをやらざるを得ないからである。そのためこの技術は私達を幸福にしていない。これはガリレオもそこまでは想像出来なかったであろう。

科学者の追求する動機そのものが、ガリレオ時代に比べて段々と低次元のものとなり、立派な賞をもらえば、競争相手に勝てば、あるいは身内の大きな利益につながれば、それが証明になると勘違いするようになるからである。価値観そのものの考え方について何の研究もされていないので、いびつさが出るのである。すると、出てきた研究の成果やその適用も例外なく、アンバランスなものに違いなく、結局研究を支える社会や私達を幸せにはしない。皆の幸せを目的とせず、個人の幸せに短絡しているからである。アンバランスはいくら良かれの研究でも、とんでもないものを作り出すことが理解できる。

ガリレオ事件で学ぶことは多くあるが、この他私達地球人の考え方そのものにもある。地球の地面に私達は立っているが、実は球体の惑星の上に立っていたのであり、その惑星が太陽の周りを回っていたという客観的なものであった。この事実は私達の考え方の立場を逆転させるに十分な内容であった。しかしそのきっかけを生かすことは出来なかった。その先を追求する手段がなかったからである。

今はこれに近い情報を私達は好きに手に入れることが出来る。例えば他の惑星に多くの人が住んでいるという情報である。地球だけでなく、他の惑星にも地球と同じように人間、動物、植物が住んでいるという、昔から解っていた事実であったにもかかわらず、一般には厳密な意味で未だ知らされていない。このことは、昔のガリレオ事件のときと同様な立場に、今私達が立たされている感じになる。

他の惑星の情報は1950年代から知らされたが、私達は未だに旨く利用できていない。これに伴っておどろおどろしい偽物情報はたくさん出回っているが、まともなものはまだほとんど無い。私達は今までの自分たちの遊び道具に気をとられて、それどころではないように見える。このため情報をコントロールする側は一見成功しているように見える。

しかし次にくるべき変化は、そうはいかないだろう。価値観自体の変換を迫られているからである。これがガリレオ事件から学ぶ、第三の点である。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

亡者となった人

世に知られていない、陰謀を生き甲斐にしている人々がわずかに住んでいる。ほんのごく少数である。その周りには自分の立場も全く知らず彼等を真剣に間接援助している人々が何重にも取り巻いている。

その中心にいるこぐ少数は長年月、千年単位で根深く代々引き継がれてきている。地球人の長い間の生活に多大な影響を及ぼしてきたのである。一見しては見抜けない仕組みになっている。しかも大衆のごく一部がそれに気づいてもその大衆は本当の姿を見抜く力をそがれているので、情報がそこにあっても彼等を見抜くこともできない。この状態はずっと継続されてきた。少々本物の情報があっても、ここまで来ると些細なことになり、体勢をひっくり返すことにはならなかった。

では現代はこの情報閉鎖の状態を抜け出せているのか? 実際には何もできていない。メクラのまま私達は生きている。確かに宇宙への飛び出しは少しあったかもしれないが、精神レベルのものはむしろ昔より低下していることも全く感じていないという状態で、完全な情報閉鎖である。

私達地球人では年齢が60才ぐらいになると、世の流れの中で理不尽なものを多く見るにつけ、このカラクリに多少は気付く人も出てくるが、今更荒立てても何にもなるまいと気が引けてしまう。もちろん全く感じない人も多いのであるが、結局内緒のままとなる。情報が漏れるその元は通常、身内(インサイダー)からの抜けだしである。また陰謀者はそのうちに内緒を漏らしたいという衝動もあり、チラチラと時代遅れの一部を表に出すこともある。意識的な情報漏洩である。そしてたくらみはその内にうっかりばれる。

これ等の解決の糸口は実に簡単な方法である。最初に基本を変えればよいことである。積み上げが脆い今の文明は基礎をけ飛ばしてしまえばよい。互いの共通利益を生むもの、前向きのものを残して、あとはあっさり捨ててしまうのがよい。要らなくなった法律も、所有権も人権も既得権も皆そうである。私達の積み上げた知識とか、科学とかはそのまま宇宙に通用するものも一部あるが、大半は役に立たない鰯の頭であるので、捨ててしまってよいものである。後生大事に維持するものではない。

最後に残ったものは共通の利益であるので、非常にすっきりするだろう。こうすると陰謀者は全く隠れるところが無くなるのである。今までは彼等のお気に入りの住みかや隠れ家がたくさんあったが、こうなるとみなスケスケに見えて隠れ家の役に立たなくなるからである。彼等の陰謀の中身を知ったところで、子供だましにしか見えなくなり、みすぼらしく見えるだろう。誰も興味を持たなくなる。大人の感覚では馬鹿げて見えてくるのである。これを彼等亡者自身には知ることができない。世の陰謀者はその意味で、無知で幼稚ないたずら好きに他ならない。

私達の積み上げてきた知識、科学はこの意味で大半は使えない部分である。互いの共通利益で前向きなものを残して、あとは思い切り捨て去るのがよい。法律も所有権も、人権も多大な既得権も、土地の所有権など、一切を放り出してしまうことである。

残った共通の利益と前向きのものだけを残すなら、非常にすっきりする。こうすると陰謀は隠れようがなく、立場もなくなる。彼等自身も陰謀の魅力が全くみすぼらしくなり意味をなさないだろう。陰謀の中身を知ったところで、子供の遊びにしか見えないので誰も興味を持たないだろう。彼等の魔術やおまじない、大いなる思いこみ、脅しなどは馬鹿げて見えるだろう。彼等こそ亡者、キチガイであることを大衆が段々と知るようになる。

ところでキチガイはもう一つの者がいる。これは陰謀を行う者と同じように見えるもう一つの人々である。普通にはキチガイとの違いが見分けつかない。はみ出しているのは同じであるが、何を考えているのが伺い知れないところが同じである。しかし前者のキチガイは周りと一切協調をせず、凝り固まっている。後者のキチガイは協調を第一とし自由な生き方をする。

私達はあくまで自然が教師であり目の前の人間ではない。まして前者のキチガイではない。彼等陰謀者が地球で独自に開発してきた摩訶不思議な宗教、儀式など本当は一切不要なのである。唯一自由な(厳密には私達のいう自由ではないが)自然を教師にすればまず間違いないだろう。決して暗闇でうごめいている陰謀者達や、宗教、物欲主義を師と仰ぐことではない。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB


 

 

宇宙の研究

私達は宇宙を見ようとするときに、近くの地球そのものや月や惑星を良く研究することなく、はるか何億光年の彼方にあると仮定した宇宙の果てを想像して研究しようとしている。

この態度は丁度、自分自身の生命本体を見ようとするときによく似ている。最も手前に生命体の本体(自分本体)が既にくっついているのに、それを知らずあらぬ場所を探し、生命や魂はどこか彼方にあるような勘違いをしている。生きる生命本体の説明をしようとして、結局違う方向を必死に探し、現在の居場所が訳解らないようにしてしまう。なにせ本体は直ぐそばにあることを忘れてしまっているので、いよいよ遠くに何かがあるような大きな勘違いをする。

このため地球や惑星の意味も、人間の意味も、研究している本人自身の本体の意味も解らないままである。そしてはるか彼方の宇宙までをさらに必死で研究し、生命の根源がどこかにあるだろうとつぶやきながら。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

立派な兵器

高性能で立派な兵器を自慢することは、日常生活からすると実際馬鹿げている。しかし私達の国の国防はその兵器を実際自慢しあっている。そうしてにらみ合うのである。性能が劣っていると言って、多くの国では予算を最新の兵器の購入に糸目をつけずに回す。見劣りすると国防にならないからである。今の戦争はぼやぼやしていると戦争に出かける前に、すばやく一瞬に相手国に殲滅される恐れもあるからである。

これを解決する最もよい方法は、兵器をお互いに持たないことである。地球では困難かもしれないが、他の惑星では最初から兵器がない。それが無くても効率的な平和な生活を営むことが出来る。これは現実に存在し、現実に営まれているものである。私達からすると、国防の考え方からして兵器がないことはあり得ないこととなるが、実は殺人兵器があること自体が、キチガイじみたことなのである。これが私達にはピンと来ていない。

喧嘩を始めると、特に怨念試合のような戦争は何千年にもわたり続けているので、今更忘れられるものかと思い出しながら先祖の恨みを果たすのである。これを何代も続けている。理由はそれだけのことである。争いが再燃すると、また思い出してこれ以上ないような悲惨な結果を招く。私達はこれを好きでもあるように、止むことなく繰返してきたのである。

だから国防は止まない。兵器を捨てるなど考えられないのである。あらん限りの兵器を開発して相手を殲滅しようとする。周りの迷惑を顧みず、核兵器、レーザ、電磁波兵器、細菌兵器など、オンパレードである。最終兵器といってとんでもないものを作り、それをどうしても使いたがり、陰で隠れて実験もする。それを相手に知らしめて、怯えさせるのである。そのうちに惑星をも破壊するであろう。周りの迷惑など彼等にとってはどうでもよいのであるから、自分でコントロール出来ない代物を振り回して、如何に性能が高いかを自慢して喜んでいる始末である。私達はそのように生きてきた。

兵器の立派さで自分たちの大きさを示す幼稚な価値観を持っているは、この辺りでは地球惑星だけである。他の近隣惑星では日常、このような危険物を振り回してわめいている惑星はない。他の惑星ではこのようなものは遙か昔になくなっており、なくても私達より進んだ生活が楽にできている。

私達は兵器の開発、比べっこ競争、その維持に多大の費用を使い、軍隊の維持が必要である。これが要らなくなるとなれば(確かに雇用の問題が生じるが)、誰しもやめたいのは山々である。しかし一方で戦争をいつも始めたいと願っている集団がいることも確かである。大衆はケンカ早いし、すぐに騒動を始めるからである。しかも昔から長年の怨念をもって、戦争をし続けている民族同士は、平和を簡単に受け入れない。ましてや陰で平和を許さない、陰謀集団もいることから、平和は容易ではない。混乱こそ自分たちの本領発揮の場なのであると、構えているのである。平和などくそ食らえと考えている。

ではどの民族もそうなのかというとそうでもない。基本的に平和指向の民族もいる。彼等は平和で建設的な生き方を早くマスターするであろう。戦争好きの民族はさておいて、平和的な民族に先に宇宙文化をマスターしてもらい、実行してもらうのがよい。彼らが先行して難なく平和を実現し、楽に生活できることを証明できたなら、後から争い好きな民族も少しは物真似するだろう。若者達が戦争に見向かなくなったらしめたものである。平和で楽に生活できる方法があるなら、なぜ戦争をするのかという国民の疑問が出るからである。今すでに権力を握りしめている者には理解できないのだろうが。

このとき重要な縛りとなるのは、私達が長年培ってきた習慣や、経済性に縛られた今までの物流方式などである。私達のこの習慣は大変な獲得物で、長年の積み上げによるものである。今のままでは基本パターンが続いたままとなり、変更は出来ないだろう。自ら変更が出来ない。時代に流され、人間の良きものはますます生かされなくなる。

今までの習慣を徐々に手放し、新しい生き方に変えるには地球のみの情報では殆ど不可能であろうと思われる。ここで必要なことは地球外惑星の人々の生き方を直接知ることと、それを素直に参考にすることであろう。横着な私達にとっては悔しいがこれはどうしようもない。

私達が今行っている経済活動、物流方式についても、基本的には物々交換が基本となるであろう。金銭の勘定は全て撤廃するのがよい。つまり貨幣経済は早晩無くしていき、ものを貨幣に置き換えることをあっさりやめるのがよい。私達が必要なもの、日用品などは最小限のものにするなら、質素であるが互いに遙かに生活がしやすくなるだろう。別の面が確実に今まで以上に豊かになるのは保証付きであるので問題ない。贅沢はなくても最小限の必要なものが互いに保証される考え方である。これも彼ら他の惑星のやり方が参考になると思われる。規模は関係がなく万人が取り組める方法がよい。また同じように裏でこそこそやる陰湿な陰謀もそろそろやめてもらった方がよい。というより、私達がこの改革を各人が行なえるようになるなら、誰もつまらぬ陰謀に振り向かなくなる。

同時に私達はこれまでと全く違った価値観、生き方を知るようになる。今まで大きな価値があると信じていた宝物が(お金や兵器など)、何ともみすぼらしいものに見えるときが来る。そのとき今まで手にしていた宝物はすっかり放り出して、新しい価値観をしっかり持てるようになる。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

宇宙の人材

“世界に通用する人材”という言葉をよく聞く。国際的視野を持ち、自国だけの価値観ではなく、言葉も数ヶ国語を話して広く国際的な感覚で視野の広い人材という意味である。これは地球で通用する価値観である。

同様に地球だけでなく、“宇宙に通用する人材”という考え方がある。今は未だ使われていない用語であるが、このときは地球人としての視野だけでなく宇宙的な視野が必要となる。いずれどうしても必要になる人材である。地球で言うところの世界的な視野ではなく、本当の宇宙的な視野となる。そこではある程度地球的なものも通用するだろうが、これ以前に基本的なところで私達の価値観は欠落しているものが多い。宇宙に通用しないものを多く持っているからである。言語も喋ればよいと言うものではなくその本質を問われるので、意味が全く異なってくる。生き方、考え方、生命の捉え方そのものが問われる。付け焼き刃では役に立たない。日頃何を感じているのかが重要であるので、仮にテストが必要になれば、単なる地球的なペーパーテストでは殆ど役に立たないだろう。私達が日常用いているテストみたいに、込み入った難解なテストではなく、もっと身近で基本的なものになるだろう。その内のいくつかは地球でも十分通用する常識があるだろうが、私達の中ではすでに忘れ去られそうになっている。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

宇宙飛行士の言動

NASAの宇宙飛行士のことは別のテーマでも書いているが、地球に帰還後、不思議なことを喋った。アポロ15号に乗ったジェームス・アーウィンは「地球人が月面を歩いたことより、イエスが地上(地球)に降り立ったことがはるかに重要である」と言ったことなどは、私達にとって不可思議に思えたであろう。

しかし宇宙の感覚を生まれながらに知っている者にとってそれはさほど不思議ではなかった。同時にこれは宇宙空間(地球の重力圏より遙かに外側で、人工衛星では体験出来ない)に行ったことのある者が体験出来るもので、地球の影響圏では通常この体験が出来ない感覚であると思われる。

この意味は、いままでイエスの言葉を素直に読むことでこれに近い教えを得ていたが、この内容が何の説明もなく素直に飛行士の心に突然大きく響いたということと思われる。くどい説明を聞くまでもなく、直感的に重要なその中身が理解できたという意味である。つまりイエスが地上に確かに実在したことも解るという意味で、細かな実証という手続きを一切省き、理解したということである。

イエスは前にも書いた通り、実在した人物である。また素直で真っ当な普通の人間である。ただ地球人として転生したが、私達よりも地球のこと、宇宙のこと、他の惑星のことを良く承知していた人物である。かれの言葉は当時も今も私達にとっては不可解な部分が多く、情報が空想じみているようにも見える。しかしこれが飛行士のように宇宙空間の体験を持つと、私達地球人でも大きく変わる。するとイエスの言葉はそのまま通じるというようになる。私達の方が劇的に変化する。というより本来の人間にその瞬間から変わると言った方がよい。手に取るようにあらゆる物事が理解できるテレパシックな感覚にもなる。これは飛行士の誰も想像しなかったことであろう。当然地球の私達にとっても知らないことだったのである。

この話をすると、おそらく「そんな話は宗教家などが話すことで、我々普通の人間の言うことではない。」という感じを私達はもつだろう。ところが宇宙飛行士は真っ当な普通の人間であった。普通であることを厳選された人材であり(偏らない、アメリカではごく一般的なキリスト教の家庭出身)、かつ飛行士たちは1ダースほど複数いたのであるが、アーウィンだけでなく皆別の言葉で同じ内容を説明している。そして彼らは地球にいるときには、このようなことが起きるとは事前に知らされておらず、地球では全く予想もされていなかった。

実はこの体験は宇宙空間や月に行かなくても体験ができる。時間は掛かるが、私達は地球上でも出来るようになる。手順を踏めば(簡単ではないが)本来可能である。子供達は早く慣れるであろう。ガチガチの大人ほど難しくなるが。

私達はこの感覚を得られるようになると、たちどころに人間同士の争いは実に馬鹿げた生き方であることを、身をもって知ることになる。そのような、つまらぬもめことにうつつを抜かすより、建設的で平和的なやり方、アイディアに無数に気付くようになる。人間はそうなるように造られているからである。これに気付いたときに私達は精神レベルの変革を体感することになる。そして人間が、宇宙が何ものかの一端を感じるようになる。

私達は文明の開化とか新時代の幕開けなどと、多くの表現をして時代毎に自らの歴史を高く評価してきたが、そのような評価が全く通用しないほどの価値観の大きな転換が訪れる。地球人が宇宙的になるということは、同時に私達の今までの苦悩を一気に吹き払ってくれるものでもある。これを聞いたときに、そんなことは夢物語だと言う人が圧倒的に多いと思われる。しかし視点を逆にすると、私達こそは、視野の狭い自縛の価値観で長年にわたり夢物語の生活を実演し、自ら苦しんでいるということになる。

これら宇宙的な情報に抵抗する、小さな勢力、大きな勢力、巨大な勢力など多々出てくるだろうが、しかしこれは一時的なもので、私達が一人ひとり大きなものを知るようになると、いずれこの勢力、考え方は宇宙の変化に飲まれてしまうとものと思われる。宇宙の実態を知らなかった彼等自縛の意見を、皆が無視できるようになるからである。

宇宙飛行士の言は多くのことを示唆している。今の私達がまさかと思うのは仕方のないことである。しかし実際に大きな時代の変わり目は既に来ていると思われる。実はNASAの最初の打ち上げ時点から、そのアイディア、技術がある種の援助によってなされていたものと思われるが、同時に大きなその目的の中に、私達地球人の“宇宙空間において受ける情報”であったと思われる。この点は同時にイエスの時代と現代の異なる点である。私達はより具体的に宇宙の情報を知る機会が与えられているということである。イエスの時代にこのようなことを知らせる手段が無かった。イエスの苦労は如何ばかりであったかとなる。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB


 

ご破算願いましては

他の惑星人の存在情報については、一度全ての地球での知識を「ご破算」してみなければよく見えない。地球の情報を引きずったままではいつまでも納得が出来ない。これには勇気とフンギリが要る。相当に周りとも摩擦が起きるだろうからである。キチガイにされるのがオチだと言って諦める人も多数出てくる。確信がなければ出来ないからである。まわりは全く逆の価値観で別次元の生活をしており、その全てがなじまないものだから相当の勇気が要る。

実際踏み切るには完全なアウトサイダーになる必要がある。今までの常識を完全にひっくり返すのであるから、生半可では出来ない。しかしやってみると意外に簡単でもある。地球に未練を残すままでは抜け出せないし、二人の自分がいるようであるが、慣れると変な感じでもない。

今までの地球の常識を一旦保留するのである。学校で習ったのもの、身の回りから常識として習ったもの、社会生活の中や自分で習得した知識(金銭感覚や付き合いなど)を捨てなくても一旦、倉に入れるのである。それから彼ら(他の惑星)の情報を改めて見てみる。そこでどうしても受け入れられなければ中座すればよい。元に戻るのである。しかしどうやら今まで地球で習ったことが怪しいと感じたなら、さらに追求していくのである。行ったり来たりしないと解らない。それでこの二重生活で当面やってみるのである。

ここでは彼らの情報だけでなく、類似の地球での情報もよく比べてみる。そして地球で出された情報の本当の根源がどこなのかをよく調べてみてみることである。地球は慣習や権利、法律が無数に絡んでいる。これを自分なりに解きほぐす力がいる。漫然と地球常識を並べても判断は難しい。地球の情報はともかくそのままでは簡単にはほぐせないようになっている。しかし単純な価値判断で改めて見直すと、どのように混乱したものでも一まるめに出来るものが大半であるので、実は取り除くのは意外に簡単である。地球の情報はもともと根本が曖昧で、これが根っこになって大きな架空の構造物(バベルの塔のような化けもの)となっているものが大半であるので、これを見抜けばそれほどでもない。表面上のハッタリや、張りぼてが大半なのである。その基本が曖昧で習慣や、権威、威厳、作り上げた歴史等で取り繕っているものが多い。

真実は意外に身近な中にある。これは地球も他の惑星も同じである。これが足元になる基本である。足元がなくては何も出来ない。身近な自然、身近な単純な人間の本質をよく見ることである。自分の身勝手な都合を捨てるほどに物事はよく見える。これを徹底すれば、それほど大事はいたらず、本質は見えるようになる。そして意外にも、単純に他の惑星の情報は素直に私達の中に入ってくる。人間の基本はもともと宇宙的であり、自然が基本であることは全ての惑星でも共通であるからである。

すると自分で出来ることのキーワードはただ一つ、自然界と同じように自分をまず謙虚にすることとなる。これはことのほか単純である。子供でも大人でも出来ることである。これをベースに進めると誰でも可能ですよということになる。そんなに簡単なのか? 実際その通り。

現在、周りと紛争のさなかにある人々、民族はこれが困難かもしれない。今相手に脅かされているさなかに、このようなのんきなことは言えないからである。また金儲けに必死になっている人の前では全く通じないかもしれない。が私達が今やることはこの肝心な点を、自分や自分達のタイミングで行うしか解決策はない。他に良き方法が見つかれば良いのであるが、基本はこの手前にある自分の行動、考え方になる。いつまでもつかみ合いの喧嘩を繰返し、それに勝つために無数の努力をするだけでは、永久に何も解決しないことは確かである。これでは一切解決の糸口が出て来ない。地球ではこのため数千年、数万年の時間をかけて解決が何一つ出来なかった実績がすでに膨大な数、転がっている。これをいちいち証明する気にもなれない。やっている人もたくさんいるが。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

可視と不可視

私達は今まで可視の部分にあまりにこだわってきた。今も可視部分が最も重要で、物として証明できないのは価値がないと言う風潮がある。全て物に入れ替えようとしている。

別のデーマでも記しているように、可視の物は不可視のものから生まれる。エネルギーも同様である。不可視の力、エネルギーから全ての物体は造られる。また物体はエネルギーに戻り、再び不可視となる。これを繰返すのである。この場合不可視の状態のエネルギーはイメージ(想念の設計図)で働きかけをする。イメージがないと何も動かない。動けないのである。ここでは不可視のイメージが主導権を持っている。つまりいずれの場合も不可視が可視の原因となっており、けして可視のものが主体ではない。

同様に私達の想念は不可視であるが、物事の変化の原因になるのである。私達人間は万物に働きかけるが、これが想念そのものであり、レベルの違いこそあるが、宇宙そのものの意志、意識と同様に私達の想念波は同じ働きをして万物に影響を与える。これは最初から造られている宇宙の仕組みである。例外はないようである。人間は手作りでものを作るが、これもその一つである。イメージを先に作り、次に目的の物が実現される。これをほぼ同じ手順で万物も創られる。惑星しかり。基本原理は同じである。しかしここで人間にとっては動機が問題となる。私達はイメージを自由に描けるが、何でもよろしいのではなく、その動機のチェックが必要になる。

願わくは私達が自分の可視と不可視の仕組みをよく知って、この両者を融合させるようにする。そうすると、私達の周りでは望ましい働きが生まれ、自然は私達に反感を持たなくなって、むしろ建設的に私達に貢献するようになる。逆もしかりで反宇宙的なことはやってはならない。これは説明するまでもない。

人間同士でも当然、平和的に物事を進めるなら互いに相手からもそれなりにお返しがある。しかし敵対すると逆のお返しとなる。これと同じように、万物に対しての付き合い方は同じなのであり、変わることはない。人と万物を使い分ける理由はもとからないからである。

万物は私達と同様に生きており、私達と全く切り離せない密接な関係を最初から持っている。もしこの考えに抵抗があるなら、それは私達の認識不足なだけである。つまり人間に応用できるやり方は、万物にもそのまま通用する。人間を含めた共生の本当のやり方になる。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

自由なものはどこにもない

私達はよく自由が欲しいと叫ぶ。一見自由なようであっても、多くの縛りを身の回りに感じるからであろう。ああしなければならない、こうしなければならないと無数の制約条件が重なり、ついにこのように叫ぶのである。これはどの時代も同じであった。その時代の固有の縛りもあって常にがんじがらめとなってきた。

しかしよく考えてみると、一方でこの惑星、宇宙は、ある法則に則っており、これから外れるものは何一つない。私達人間からいわせるとこれもがんじがらめである。どこにも自由はない。

つまり生命や宇宙の中には、勝手な自由など最初からどこにもないのである。私達の身の回りの縛りはこの宇宙のものとは少し様子が異なるが、縛りという点では同じである。地球での縛りは他人から強制される制約であるので、なおさら自由が欲しいというものかもしれない。しかしよく考えると、地球であろうが宇宙であろうが、縛りはどこでも存在し、またそうしないと私達の生命は維持できない。私達が知らない宇宙の縛りが多くあり、今まで無関心、無知であっただけであり、いずれもこの縛りは法則というものであり、抜けられない。

私達にはこの意味で自由というものは最初からどこにもない。平和に暮らしてもやはりそこには法則、決まり、節度がありこれから抜け出すことは最初から出来ないのである。私達の言う、自由などというものはどこにもあり得ない。ただし宇宙の法則をどのように受け取るかは私達の裁量に任されている。苦になるか、楽しさになるかは私達が決めるのである。

出来るなら宇宙の法則(宇宙のしばり)はそのままにして、勝手気ままな私達の自由意志を法則に仕向けるようにするなら、そのとき私達は“しばり”とは言わなくなる。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

陰謀の否定

世に陰謀論は絶えない。同時にこれを否定する人も絶えない。陰謀を唱える人はそのことでヒステリックになりがちであり、自滅をする例もある。自制できなくなり、走りすぎるのである。このためこの陰謀を否定する者から足下をすくわれる。病的な被害妄想というものがある。発端はそれほどおかしくなかったかもしれないが、そのうちに手がつけられなくなるほど変貌したりする。こうなると周りはどうすることも出来なくなる。「だから陰謀論はないのだ。」と否定論者はたたみかける。では真相はどうなのだろうか?

陰謀は別のテーマでも書いているように確かにある。しかしこの真相を追求するのは相当に困難である。この理由は、陰謀が秘密の中で行われ、公開されないからであるのは当然であるが、たとえ陰謀を暴く情報が漏れ出ても、陰謀者はそれほど慌てない。少数意見をつぶしてしまう方法がいくらでもあるからである。とくに世界的な陰謀はこの部類にはいる。これよりスケールの小さな陰謀は、普通は真偽論争や犯罪騒動の沙汰などとなる。余りに大きな陰謀は誰も信用しない。特に正当な学校を順調に出た人々、そのことで社会的評価を正当に受けられる人は、この陰謀をあまり信用しない。それはとんでもないことにしか見えないからであり、教科書通りにこの世は進むと思っている部分があるからである。

世界的な陰謀でもやはり漏れるのである。陰謀を暴く人は、このインサイダー情報をどこからか拾って、皆に知らせようとする。陰謀の暴露は人々のためになるはずである。ところが実際にはそれほど効果は上がらない。なぜだろう? 

陰謀があって、ではそれが私達の生活にどのように関わるのか、その具体例、関連性が一般には理解されず(途方もない陰謀はこのようになる)、それに陰謀者側の逆宣伝も陰でなされているからである。そのうちに否定論者が出てくる。このとき大衆はどのように反応するのだろうか。すでに真偽のケチのついている情報には近づかない。そして陰謀論はたわごととなる。

実はこれが陰謀者達の思うつぼである。黙っていても、「陰謀なんてないのだ」ときちんと説明する者(立派な方)が頼まれなくても出てくるのからである。これを陰謀者は陰ながら歓迎している。つまり正義感のある正当派の出現をである。

大衆はこの辺の経緯を何も知らなくても良い。キチンとした思想を持たない大衆はいずれどちらにも転ぶからである。あるきっかけをどこからか投げ込むと、雪崩打ってどちらかに転ぶし、どうにでも出来ると陰謀者は考えている。

陰謀論者は普通は個人であり、その情報について根本的な良き解決手段を持たない。また否定論者はさらにそれに変わる代案を一切持っていないのが特徴である。つまり責任を持とうとは考えていない。「その情報をどのように受け取るかはあなた次第です」といういつもの無責任な最後の言葉になる。一番困るのはその両方の意見を聞いた大衆である。一体何のために不毛の論争しているのか、ということになる。そうこうしているうちに問題が陳腐化してしまい、真相はどうでもよくなる。

しかし、陰謀論者は実は相当数、その陰謀側の手で謀殺されている。表向きは何もなかったことにしてあるが、これは大昔からとられた方法である。中世も近世も、近代も、その時代で執行がなされている。ガリレオ事件もその一つである。そしてついこの間も身近な例であるが、米国での9.11事件絡みで日本のあるマスコミ人に対して謀殺は行われた。よほど注意しないと全く気付かない。ましてや否定論者は最初からないと信じているので知るよしもない。

では本当の解決策はどうなるのだろう? これに決着をつけるには、私達が陰謀論などに引きずられないのがよいのであるが、その前に私達が地球の情報だけに囲まれている間は抜け出せない。特に規模の大きな陰謀に対しては結局無力となる。相手が思うままである。実際に宗教、思想、金融、教育など私達に重要な部分はついに、今まで解放されていない。大きな陰謀のただ中にある、抜け出せないまま呪縛状態である。

このことを知るには、地球だけの価値観では理解できないし見抜けないが、地球の外側から私達をみるとそれがきれいに解る。陰謀論を説明している人は、地球の立場しか見えていないので、この批判は陰謀を企んでいる者にとっては彼等のペースであり、それほど痛くはないのである。

では陰謀を行っている者が最も困るのは何であろうか? これが解ると、陰謀論者は単なる論者ではない。陰謀の弱点は彼等が空の上から見られることである。つまり彼等の長い歴史もそうであろうし、究極何を目的としているかを知ることである。実際には彼等の目的自体はそれほど高遠なものではないのであるが。結局レベルの低いことを目標としていると思えばよい。彼等の直接目的は人々の民度を下げることにあるからである。つまり大衆が常にもめて、つかみ合いのけんかをするように誘導することにある。これを完全に行うことが彼等の最終目標であろう。そうすることで、いつまでも秘密が守れるし、今の陰謀体制が続けられるからということにすぎない。

彼等が最も困るのは、この逆である。つまり人々の民度が高くなることを嫌う(大衆を利口にしてはならい)。彼等が大衆から見透かされることを嫌がるのである。見透かされたら、陰謀も何もない。今までの陰に隠れた神秘、重厚さの格好がつかなくなるからである。地球から飛び出し、一端地球から離れて宇宙から地球をみると陰謀はイヤでもその内実が解る。

このように捉えると私達の中に陰謀論者がおり、これを否定する否定論者がいるということの意味がよくわかる。また陰謀そのものを行う者の目指すものごとがよく解る。陰謀者は、陰謀論に食らいついている者は何とかなると思っている。なぜなら食らいついている者は、自力で物事を考えることが出来るが、その知力では陰謀者にはかなわないからである。しかし更に元から自力でものを考えようとする人間は彼等に嫌われる。真の原因を知る者は困るのである。

そうすると、陰謀をなくすには各人が自立することの大切さが解る。陰謀論をかき立てるだけでなく、また陰謀を否定するだけでなく、私達の行うべきはもっと違った方法、各人の精神的な自立そのものが正解であると思われる。

陰謀に目をつぶってはならない。最低限知ることが必要である。そしてなぜ彼らがそのような行動をとるか、舞台裏の仕組みを知ることである。これは彼ら独自の込み入った部分は省略してかまわない。その迷路は私達に参考にはならないからである。陰謀論者も同様である。陰謀を暴くだけでは済まない。また同様に陰謀を否定するだけでは何も済まない。この三者をよく知った上で私達は解決策の適切なものを各人が自力で探し出すのがよい。方法や内容そのものは、今では知ろうとする者には見つけられるのであるから。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

逆転した生き方

万物や他の生命は、私達のようにお金が無くても生活できる。しかし私達はお金や経済性を考えないと生きていけない。まず明日の生活費のことを考える。実際、自然に生きている人間なのに、私達は最も不便で不思議な生きものと考えられる。

子供の頃から、大人になるとお金の生活が必須であることを知るようになる。この変化はいつの間にか行なわれているようであるが、不思議なことだといつまでも感じる子供もいる。そして金に徹底的にこだわる子供、全く無関心の子供の二通りの子供がいる。関心のある子は大人になってさらに関心を示し、採算性を強く要求し、金が全てと悟る。無関心な子供は結局大人になってもその傾向が続き、金の勘定をズーとしないまま、一生を過ごすこともある。関心が最初からないのである。がめつい子は最後にはそれなりの財産を残す。勘定しない子はそのまま金銭にそれほど無関を示さず一生を過ごし、最後には財産は残らない。

アリとキリギリスであるが、一体、どちらがよいのかと聞かれると私達は直ぐには答えられない。答える側も同じように二派に別れるだろうからである。しかしこれを地球側だけから見る目と、宇宙側から見る目を通すなら、たちどころに理解できることになる。

今までの地球だけの目線のままでは、その価値観から飛び出しが全く出来ないことがよく解る。そして貯める財産とは、目に見える金銭、財産ではなく、これまでと全く違った見えない財産を貯めることが出来るとうことも次第に解るようになる。実は真のこの財産は携帯不要で、転生のときも持ち運び出来る重要なものである。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

なぜ長生きかの問い

私達は日頃、健康に生きたい、元気でいつまでも生きたいと願っている。そしてこの健康のためには相当の費用と時間をかける。まるでそれが生きがいでもあるかのように、ことさら強調して元気に活発に動き回る。これは私達にとって何でもない普通のことである。

ところで健康に生きるのは、では何のために? これを私達は考えたことが一切ない。これは不思議である。ただ生きるだけであるとしかいいようがない。私達にとって、今はこれでもよいのかもしれない。周りに不健康で病気がちの人が多いので、健康であるのは、ことさら個人的に自慢して強調したいというものであろうから。これが生きがいそのものなのかもしれない。つまり長生きのレースに勝つのだと。これが目的なのだろうか?

「胃ろう」とう治療方法があるように聞く。これは直接胃袋に管(くだ)で栄養分を流し、今までの点滴が要らない方法のようである。そうすると植物状態の人でも何年も生きるそうである。寿命が長くなりすぎて治療費も親族も大変ということが起きているそうである。今後更に長生きできる治療法が見つかるだろう。長生きはよいのであるが、このとき問題になるのは、はたしていつまでこの治療を続けるべきか、ということになる。本人と申し合わせしてもどれがよいのか判断はつかない。

そこでただ長生きがそんなに素晴らしいのか疑問になる。生きてさえいれば長生きはいつまでもよいのか、の疑問である。結局私達は自慢できる相手がそこに居るかどうか、気安い話し相手が居るがどうか、あるいは社会的貢献ができるのか否かも問うているようである。この貢献度合いは重要である。歳をとっても社会的貢献が出来て、自分で自活ができ、他人に迷惑をかけなければそれは誰も文句は言えない。年齢には関係がない。しかし回りに貢献が出来なくなると、つまりは生きる意味がないといわれても、その通りで仕方がないのである。確かに社会貢献が出来なくなると回りもそうであるが、自分自身の活力は急速に実際衰える。死んでもよいのである。つまり動機は貢献が出来るかどうかに掛かっているようである。世に役に立たなければ生きる意味はないと。

若い頃は何をしても勢いがあり、どうして生きるのかの疑問はそれほど沸かない。しかし年齢を重ねてくるとこの思いは次第にのしかかってくるのである。もう生きなくてもよいと言う人も大勢出てくるし、実際多く感じている人がいる。逆に何とかしていつまでも長生きしたいと、必死にしがみついている人もそれ以上に大勢いる。しかし今の社会制度では勝手に死んで貰うことや、医療で死に至らしめることは出来ない。医師に聞いてもこの判断は専門外と感じており、犯罪になるから手が出せないのである。

本当は死にたいと思う人は、勝手に自分で自由に死ねる制度がよいのであるが、私達の人生の帰り道はどこにも作られてはいない。生き恥をさらすしかないということになっている。この解決策の最もよい方法は、私達の転生の実態を知ることにあるように思われる。何が何でもその場で生きる意味がなくなるからである。本来私達は自分の都合で身体を入れ替えることは、何もおかしなことではないし、誰からもとやかく言われる必要もない。生きる人間の正常な入れ替えであり処置法であるからである。

残念ながら私達はこのあっさりした処置法、考え方を知らないし、感じていない。逆につまらぬこだわりをいつまでも引きずっているので、肉体の生き死に必要以上のこだわりを持ち、延命などの要らぬ努力をする。

ここからが本当の話になる。身体の衰えは避けられない。しかし死は普通の人間の活動で、生まれることと同じ手順でなされることが解るなら、特別なことではなくなる。社会的にも個人的にも実際何でもないことである。これを知ると、死に対してさして慌てることもない。準備が出来ているようなものである。

すると今生きているそのものの目的が重要になる。私達はその実態を知るようになると、「常に若々しい変わらぬ生命がある」ということを実感するだろう。同時にこれを延長して考えると、私達には終わりがないのだということも少し解ってくる。肉体の死はあるが、本当の生命は終わらない感じが持てるようになる。このことを私達が知る、あるいは感じるかどうかという点は、生きていく上で大きな財産になる。私達は金銭の儲けや蓄財、財産の管理だけではなく、このような見えない知恵、宝をたくさん貯めるべきと思われる。そうすると今ある宗教などの教えに頼らなくても、本来の自立ができるし、生きることに自信を持つことが出来る。

昔、秦の始皇帝が不老長寿の薬を日本に探しに来させたという故事があるが、もしこれが本当なら、その薬とはこの辺になる。何か妙薬などを飲んで長生きするのはそれほど価値あるとは思えない。日本にその妙薬があると噂を聞いたその根源は、もう少しレベルの高い意味であったと思われる。始皇帝が何を想像していたかは不明であるが。

すでに私達は不老長寿である。そのことを自分が知らないだけである。知らないので長生きしようと今の肉体にこだわり躍起になる。すでに長生きしているのに何を望んでいるのだろうかと、人間の実態を知っている者は感じるだろう。つまり私達は死んでもそれは肉体だけであり、問題は魂の部分がそのまま継続することであり、では次にどうするか、何を引き継ぐのかが大きな点であるのに、私達はその切れ目で断絶している。自分が何ものかを知らない。だから闇から生まれ、死んだら闇に紛れるかのように勘違いして大げさに死を感じ、周りも騒ぐ。決して肉体の死で異次元や神代の世界に行くのではない。人間は元々宇宙の中では、より現実的な生きものである。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

未開人と文明人

文字も持たない文明人? 文字を持った未開人? いずれが正しいのだろうか。よく考えると結論が出せない。人間そのもののレベルで見ると文字を持つかどうかで決められないからである。それは判断の材料にはならない。このことを文明人はよく理解していない。(この文章も文字で書いているのであるが)

文字などに過度に頼るアンバランスな生活は、そのまま続けると実は人間らしさから次第に遠のくことが多いと考えられる。見方を変えると私達はそのとき次第に精神的未開に近づくことになる。おかしなことに全く逆の評価になる。なぜだろう。

私達は自分の文明について、その多くを今まで努力を積み重ねてきた結果であると自慢をしてきた。しかしこの中で、私達の言う文化文明が進んできたのと同時に人間自身の評価は高くなったであろうか? 実際には人間同士の評価は物質的な面では高くなったであろうが、精神的な面では何も進歩していない。これが結論である。不可視のものに対する理解度、関心度はむしろ落ちている。

この意味は文字や、数字に頼ることのみが多いこと、このことで私達は自分の本来の直感による判断をおろそかにしてきたのである。未開の人は文字を持たなかったので、文明人より感がよいのである。自然に即して生活をし、文字や数字に頼らなかったからである。私達のいう文明教育を受けない方が遙かに自然に生きる。そうすると人間の感度は鋭くなる。

確かに物質的な所有や文明機器をどこまで使いこなすかなど、文明人の価値観をもって判断するなら、未開人は正に未熟である。しかし自然に即する生き方からその価値観をみると、まるで逆転する。

私達の文明はすべて人間にとって良いものだと無批判に受け入れてきた。教育、経済、政治、金融などの活動である。同じ近い内容で未開人も行っているが、大げさで複雑なことはせず、直接に行うことが出来る。法律などの文字や経済性の数値に過度に追われることはしない。そうしなくても十分に生活が出来るからである。

文字、数字、金銭、法律などに過度に追われると、私達はそれが自縛になっていることに気づかない。このため更に時代が進むと、より忙しく、より急速に、より煩雑になっていく。これには際限がないのである。最後にはその複雑さのために、一体自分たちは何をしているかを判断できなくなる。例えば、無数の法律、罰則をつくりそのために膨大な役人を雇い、数え切れない取り締まりに日夜励んでいる。これは互いに謙虚なマナーがあれば殆ど要らないことである。また経済取引が先物取引や、デリバティブ取引、無数の派生商品などと言って、複雑怪奇なやりとりまで行っているが、過度で際限のない金品争奪戦のために、結局自分が何をしているかも把握できなくなるような内容である。そこまでして取引を行う価値などどこにもない。未開生活の単純な物々交換の方が遙かに合理的で、公平で手数も殆ど僅かで済むものである。私達は便利なコンピュータまで発明したが、これを駆使して、やっている本人もわからない膨大で無駄な取引をしている。

話は変わって、かつてイギリスに“アルフレッド・ウォーレス”という人がいた。イギリスで進化論が出始めた頃である。彼は実に真摯な生物学、博物学の研究者で、その多くの時間を現地で実証をしながら地道に研究をしてきた人である。あるときかれは進化論の先駆的なアイディアがひらめき、これを自分の師匠に手紙で書き送ったのである。その相手とは、当時その学会ですでに高名な学者であり、ウォーレスの尊敬する師匠でもある、“チャールス・ダーウィン”であった。

アイディアについて、ウォーレスはダーウィンより数段優れており、しかも謙虚であった。これをダーウィンは旨く利用した。そのアイディアをしばらく自分で温存し公表はしなかった。そして準備を十分に行った後、おもむろにダーウィンは重厚な研究論文を出した。「進化論」である。もちろんこの元になるアイディアはウォーレスのヒントから得たものであったが、それを著書の中では一切触れなかった。

その後、ダーウィンの著書「進化論」は大きな評価を受け、彼の名前を更に高めたのである。ダーウィンはもともとウォーレスのように現地実証を伴った、アイディアマンではなく、得意なことは、自らの実証を省き論理を旨く展開する論理主義者であった。彼はウォーレスのように専門の生物学でも現地で詳細に調べることもせず、あの重厚な著書を研究室の中で書いたのである。

一方、ウォーレスは実証主義者であり、生き物をこよなく愛した研究者だった。名もなく学歴もなく、そのせいもあってか、先輩であり学会の重鎮であるダーウィンを慕い、自分が得た情報はダーウィンにそのまま包み隠しなく、提供したのである。彼は未開の土人達の集落に入り(東南アジア、南米など)、長期にわたり多くの生きもの、そして住んでいる人々の中に嬉々として分け入り、人間にも大いに興味を持ったのである。そのときの結論によるとウォーレスは、「人間は未開の人種といえども、我々白人に全く遜色のない素晴らしい人種である」と結論を出していたし、よくわきまえていたのである。

未開人の知的レベル、不可視のものに対する理解度、生命に対する畏敬の念、この辺りのウォーレスの考えは、ダーウィンにも通じていたであろうが、しかしダーウィンはこの肝心な点は直接著書には著わさなかった(理解できなかったのが原因である)。表の著書に出したのは、思わせぶりな進化論、つまり後に人種差別につながる(白人優位主義)記述を潜ませたのである。巧妙に表に出すことはしなかった。しかしこれを引き継いだ後世の者たちは短絡し、すぐにこのアイディアを人間に適用したのである。つまり猿から人への奇妙な進化論である。本当はウォーレスの進化論はこのような意味で書き送ったのではない。かなり違った本質論である。そもそも彼がこのようなことにわざわざ次元を低くして言うはずもない。

ともかく、私達地球上では文明が進んでいようが未開であろうが、人間の理解度、民度の高さは全く差がないか、むしろ文明人はこの意味では民度が落ちるのである。ウォーレスの考えが正しかったのである。

別の話であるが、1700年代以降にアメリカ大陸でインディアンの住む土地に白人がドカドカと入ってきた。その時に彼らインディアンはつぶやいた。「あの白人達はまともな挨拶もなく、大騒ぎでこの地(アメリカの大地)に入ってきた。なんと品がなくて粗野な者たちであろう。昔から住んでいる私達インディアンは、この大地が我々を育んでくれたかけがえのないものと思い、ずっと大切に感じてきた。そのために大地を歩くときすら、自分の足裏で大地の息吹、母の意志を感じながらそっと歩くのに、彼等白人は騒がしく大地を蹴散らして入ってきた。しかも目は血走っており落ち着きがない。物事がさっぱり解っていない幼稚な感じがする。」と言わしめたのである。

これを当時の白人が理解するはずもなかった。今のアメリカ人の先祖達である。その後アメリカインディアンは、その大地を大きな気持ちで白人に譲ったのはよかったが、最後はその野蛮な白人に追い詰められ、ゲットー(囲い)に入れられたままになった。そして純粋のインディアンは今ではすっかりいなくなった。ではその後、インディアンを追い払ったアメリカ人(進化した?)の民度は果たして高まったか? 

これを現代に当てはめてみると、私達の自慢する文明人のいかなるものかを、よく考えなければならない。実は魂、民度のレベルで進化どころか大きく退化し、ガサツになってきていることを知る必要がある。つまり“進化論”が臭わせたことは嘘だったのである。目的は他にあった。

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB

 


 

人の本体はどこにある?

S「人の本体はどこにあるのだろう?人間の肉体は目の前にあるのでよく解るが、本体があるとすれば一体どこにあるのだろう?」

K「人が目の前で動いていて、そこに居ると思うときは、私達は安心して人が生きていると感じる。しかし一旦相手の“意識”が無くなると、死んだと言って直ぐに大騒ぎになる。このとき“意識”とか、生きている“感じ”として、相手から伝わってくるものが、実は人間の本体そのものと思われる。」

 

S「目に見えない何かが本体というわけ?」

K「その通り。肉体は確かに目に見えるが、それが動かなくなり、反応がないということになると、死んだと私達はいう。医師から判断すると心臓が止まった状態で、反応しなくなったということになる。このとき無くなった“そのもの”が本体と見るのが正しいようである。」

 

S「では人間の本体は目に見えないもので、私達が“意識、感じ“と言っているそのものだと?」

K「私達が何気なく日頃説明で使っている“意識”は、知ってか知らずか、私達の本体そのものということになる。しかし今まで私達は明確に生命をそのように感じてこなかった。肉体については大いに研究しており、これからも更に研究をするだろうが、この“意識”とか“感じ”には無関心で、それが何であるかを肉体ほど長い間、追求してこなかった。忘れたのか、出来なかったのか、また知らんふりをしてきたのか本当の原因は解らない。あるいは哲学、宗教、精神の分野にこのことを押し込めて、訳の解らないようにしてきたのが実態かもしれない。しかしこの点は私達にとって非常に重要であることは間違いない。それは別名で “魂”とも言ってきたものになる。」

 

S「それでは研究の方向が間違っていたということになるのだろうか? 肉体面だけ研究して精神面の研究をしてこなかったというのは?」

K「まさにその通りで、片手落ちの状態と思われる。私達は肉体を研究すれば、いつか生命の根源が解るだろうと今でも夢をみている。進化の過程を追求し生命の根源に迫ろうという態度を取っている。また宇宙の根源にたどろうと。そしてひたすらモノの証拠を見つけようとしている姿勢(これを私達は自説“科学的”といっている)は、一貫している。その一徹の態度はよいのであるが、肝心の手前にある、研究し理屈を考えている人間そのものの本体、本質を知ることに、今まで気付くことがなかったようである。これはまさにアンバランスというものであり、大変に効率の悪い方法であると思われる。宇宙の全ての生命は可視のモノだけでは成り立っていない。もう一つの不可視の力、人間で言えば“意識“あるいは”感じ“というものが非常に重要であることを私達は気付いていない。

追求する人間そのもののカラクリを最初に良く知ってからでないと、確実に空回りする。今までモノだけにこだわったためにその研究は次第に猛烈な複雑さが加わるが、研究自体もその価値観や利用する人間自身の道徳観などは全くおろそかになり、しかも研究成果を利用するにも幼稚な倫理観しか持っていないので右往左往する事態になっている。造ったモノは立派であるかもしれないが、肝心の利用する側になったとき本人を含めて持てあますのである。誰も全体コントロールが出来ない状態となる。これでは滑稽なことになる。

しかしそうなっても科学者はそれを自分の責任ではないと、知らんふりを決め込む。自然は私達の要求を呑むが、全体でアンバランスなものは、私達がしっぺ返しを自然から必ず受ける。私達はこれに明確に気付いていない。今の私達はその意味で危険な状態の最中にある。」

 

S「自業自得ということ? これを制止するにはどうすればよいのだろうか?」

K「私達は昔から、研究熱心で例えば多くの戦争道具や破壊兵器などを気の向くまま造ってきた。あらん限りの努力で開発し、現代では真面目な科学の研究という名の下に、新しいエネルギーを開発し、これ以降は使う側が決めるのだから科学は関係がないと言い張って、互いに研究者、利用者は精神分裂をしたままできた。どちらもモノや功名心には大いに関心があるが、その精神、生命の本体、人間や自分の本体、生きる意味、考えている本人のことなど全く関心がなかった。これを継続すると、今のようにとんでもない状態が引き起こされる。私達は支離滅裂そのものを平気でやるようになる。

科学者は一見して、高度な教育を受けているが、実は人間づきあいも全くの素人で、精神レベルでは肝心の人間教育、生命教育を殆ど受けておらず、特に近年にいたって、この教育の重大さやその中身そのものに、誰も気を遣うことがなくなっている。このアンバランスの最も不自然な点は、ついに『人間が神である』などと勘違いすることにある。物事が完全に逆転してしまい、私達はこの点が修正すべき急務なことに全く気付かない。この勘違いは本当に大変なことなのである。」

 

S「ではこの混乱を戻すにはどうすればよいのだろうか?」

K「人間本来の元の状態に戻すしか方法はない。私達の研究がモノや肉体に偏っているものを、バランスのとれた研究に戻す必要がある。そのためには私達自身の根源をこれ以前にもう少し掘り下げる必要があるように思われる。」

 

S「人間自身の掘り下げとは一体どのようなものなのか? 哲学、倫理、宗教というものになるのだろうか?」

K「強いて言うなら今までの分野では哲学に少し近いかもしれない。正確には私達の哲学とは異なる。しかしそれがどのように言われようと、不可視のものを理解し、可視のものと結びつける作業となることには違いない。私達の最も苦手なことかもしれないが、解ってしまうと実際にはそれほど込み入ったものでもない。ある意味で単純である。慣れていないので奇妙に感じるかもしれない。また理解するのに時間が多少かかる。だが時間がかかってもこの感覚と理解、納得を得るのは私達にとっては必須の習得事項になるようである。これを行なうことで、私達の科学研究の仕方も大いに変換されるだろう。生きる本質、価値を知ると、当然、研究態度は大いに変化する。今までは何に利用されるのかメクラ状態で研究していたが、それが無くなるので研究者も態度が大きく変わるだろうということ。同時にこうすることで、自然とのアンバランスも生じない。」

 

S「ではその方法とは?」

K「重要なのは自分の本体を各人が知るという点になる。あるいは人間の本当のカラクリを各人が自覚するということになる。その方法の一つとして、例えば次の知覚方法がある。

身近な一つの例であるが、私達には感覚器官を持っていると感じている。これは科学を研究するにも当然重要な感覚である。ところで通常この器官は味覚、臭覚、聴覚、視覚、触覚 と考えられている。つまり普通には五感と私達が言っているものである。そしてその他にどうやら第六感が、あるいは第七感があるのでは、と言っている。このあたりから私達の説明はあやしくなる。モノを研究しているほどに、この感覚や精神分野の説明が全く旨くできない。あるいは今まで科学の手法ではこの説明が成り立たないので、手が出せなかったのが実情である。つまり自分本体を含めた客観的な判断を手抜きしたのである。モノを研究する科学者は自分の分野ではないと最初から近づかない。これがアンバランスの一つの大きな原因であると思われる。しかも本人達はアンバランスであること自体には全く気付かない。本能的に逃げるだけである。

これは同時に解決しなければならないものであるのに、この精神分野は自分には関係のない対象物として手をつけようとはしない。自分達の分野でいう科学的な分析がその手法で出来ないことを知っているからである。我々は科学者であり、哲学者、宗教者ではないと。これが精神分裂の大きな原因である。自他、つまり自分と周りが分裂しているので、全体では結局何をやっても旨くいかない。その上、各人は自分が原因でないと逃げて回る。私達にも精神活動自体を研究する分野がすでにあるが、この分野も例によって、他の分野とは閉じており積極的に融合しようとはしない。

そもそも私達の研究分野は統合の教えやそのアイディア、力が不足している。人間の本体を知らないので、何が統合する力を持っているかもわからない。残念ながらこれはあらゆる分野にわたっている。本来の捉え方は人間だけでなく、相手が動植物や鉱物など、万物についても差別はつけてはならないということなのであるが。」

 

S「ではその感覚器官は生命とどのように関係するのだろうか?」

K「先ほどのように自分自身の感覚器官の成り立ちを知ることは、私達の生命の本質を理解するには最も身近でよい例になる。なぜなら私達の知的活動は全てこの知覚から始まっているからである。私達が感じている五つの感覚器官は、実際には器官としては四つのものしかないようである。最後の五番目の“触覚”は、別ものであり単なる器官ではなく、これが生命の本体そのものであると見た方が正解である。私達は身の回りで“意識”“触覚”をなくすと、先ほどのように死んだと言うことから、確かに本体は不可視の“触覚”そのものなのである。これを素直に正面から認めることが当面最初のスタートになるようである。まさかと思われるが、私達の本体の有りかはどこかにモノとして、あるいは遥か彼方にあるのではなく、自分の直近の内側にあるという単純なことに私達は気付かなかったようである。自分の本体は、同時に宇宙、万物のそれと同じもの(万物の本体も不可視)であり、いつもつながっているという感覚が、これを知ることで可能となる。

すると、私達は肉体の他にこの“意識”、または“感じ”、“パワー”という不可視のものを持っており、これは肉体の周りに同居している力ということになる。丁度、電気機器に不可視の電気が帯電し、不可視の電波によりプログラムの通りに動く状態に似ている。このため不可視の私達の本体(電気、電波の本体)、あるいは“魂”といわれるものは、いくら肉体を切り刻んでもモノとして見えないのである。当然生命の本体も見えない。肉体の死は同時にそのパワーが肉体から離れた状態(電源停止、電波によるプログラムの指令停止)であるので、さらに本体を見ることは出来ない。しかし不可視であるが、確実にそこに実体があるのである。

例えば私達は相手を見て、存在感を感じる、パワーを感じる、いつも知っている相手が明確に目の前で確認出来るということは、相手の特有の力あるエネルギーを“感じて”いるからである。これを知る自分の側も相手と同じ“触覚”つまり“感じる能力”を持っているということになる。これそのものが互いに生命の本体であるように思われる。ただ日頃から改めてそのような見方をしていないので、この考えは奇異に感じるが、本物は私達の考えている内側、手前にあり、見過ごしていたのである。」

 

S「では感覚器官は詳しくはどうなるのだろう?」

K「先ほど説明したように感覚器官は正確には四つであり、振動数の少ない順で、味覚(液体)、臭覚(蒸気)、聴覚(気体振動)、視覚(光の振動)となる。すべて頭部に備わっている器官である。第五番目の“触覚”は最も振動数の高い、光以上の未知の振動を含んだものであり、その伝達手段は私達が“テレパシー”などと呼んでいるもの近くなる。これは人間だけに限らないもので、私達が通常テレパシーの訓練をして獲得できるどうかというレベルだけのものではなく、私達生命や万物は、もともとこの伝達手段を利用している生きものであることを、“私達”が認めるのが先になる。

四つの感覚器官はすべて触覚(主人)に従属しており、私達の本体の僕(しもべ)である。なぜなら触覚無くして四つの器官は機能しないし、あり得ないからである。感覚器官の内の一つが無くても、意識があるかぎり私達の本体はそのまま存続し、人間の活動が可能である。四感機能の大半を亡くした人も希にいるが、やはり人間としては正常である。こう説明することで触覚は私達の根本の機能であり本体であることが解る。」

 

S「ところで、“触覚”と、皮膚の“触感”はどのようになるのだろうか? 我々はどうしても、これを合わせて感覚器官の五感を持っていると感じるのであるが。」

K「この両者はまとめていうと同じものとなるが、実際には細部は同じものではない。そして互いに不可分の関係である。これまでの説明として解りやすく 触覚=触覚+触感 のようにしている。私達が今まで第5番目の感覚器官と言っているものは、この“触感”をいうのであろうと思われる。触覚(フィーリング要素 高周波)自体はそれだけでは具体的な肉体の表現が出来ないので、“触感”という表現(タッチ要素 低周波 神経の伝達信号)に変換するのだと思われる。この段階で私達の肉体は神経細胞を通じて具体的な“感じる”段階となる。

私達の触覚と触感を父母性でいうと、触覚(フィーリング)は父性側であり、触感(タッチ)は、より具体的で可視なものに近づいた母性側になる。両方は不可分の組み合わせになっており、これで一対の父母性表現となる。

この触覚と触感の二つの機能は、四つの感覚器官もそれぞれこの一部を持っている。つまり独自に機能するように、自前の判断が出来るようにその一部の裁量が任されている。全てではない。四つの器官がそれぞれあたかも独立出来るように(四人がいるように)なっているのである。これは私達が大きな混乱をする原因でもあるが、肉体の機能としては振動数の使い分けのために必須の機能であるので、このようにしてある。

更に自然の構成要素の周波数(土水空火)に併せて私達の四つの感覚器官も適合するように、味、臭、聴、視の振動数が対応し、これらは互いに不可欠のものになるように造られている。そのための独立であり、勝手わがままを言うためのものではない。

この構造のため触覚の本体(不可視)が私達(心)には気付きにくい。知ろうとしてもすり抜けるのである。皮膚の触感までを言い当てれば残りは何もないと勘違いするからである。そうすると自分は、人間は何ものかというときに私達はハタと困るのである。これが分裂した“心”の判断になる。そこには何もないように見えるからである。あとは未知のものが第六感と第七感が続くのだと、勝手な推理が始まる。人間本体を忘れたままにして、探しきれずに迷ってどこかに行ってしまう。最も肝心なものがそこに最初から備えてあるのに。」

 

S「私達は感覚器官の他に、今話が出た“心”という働きがある。これはどのようになるのだろう?」

K「これが大きな問題で、私達を混乱に陥れた根源である。私達を自分の本体から遠ざけたのはこの“心”の作用が原因である。要するに私達は自分の“心”と自分の本体つまり、各人の“触覚”がキチンと理解できるようになることが基本になる。心と触覚本体はどのように違うのか? 最も身近で自分の中にあるもの、このカラクリは疑問にも思わず何でもないことのように見えるが、本当の理解が出来ずに私達の最大のテーマにもなる。この仕組みを知ると私達は劇的に変化する。」

 

S「それほどこの点が大きなテーマだと、どうして言えるのだろうか?」

K「これまで“心”は私達の日常生活の大半を支配している。本来は、私達の背後にいる“触覚”、“本体”に支配権を渡せばよいのであるが、私達はそのことを一切せず、“心”の命令のままに生活してきているのである。

実は私達のこの“心”は四つの感覚器官の働きからきており(四人の集合体)、しかも実際にはこの“心”は先ほどの説明のように触覚と触感の一部の要素を持っているために、独自の判断が出来る。しかしこの判断はそのままでは大変にわがままで偏狭な判断を常に下す。これが心の根源部分であり、私達そのものとなる。もちろん不可視であることは触覚本体と同じであるが、心は振動で表現すると先ほどの説明のように、触覚本体より肉体表現に近いものとして低振動の“心”の表現を用いる。心の部分だけで下すこの判断については、私達の身の回りで日常多く経験してきた内容そのものであるので、改めてその実例を説明する必要もない。無尽蔵にいくらでも実例を見ることが出来る。

“心”は味覚の判断、臭覚の判断、聴覚の判断、視覚の判断を独自に行い、日常生活を主人としてこなしている。これが大半である。私達は短絡した“心”の活動で一日中占められており、このため摩擦が互いに多いのである。但し“心”自体は多少本体の意向も機能上隠れた形で加わっているものの、心のレベルの各人はそれを自覚していない。科学の研究も基本はこのベースで行なわれる(研究の中ではときおり直感、テレパシーが部分的に利用されるのであるが)。私達の日常の活動はこのように“心”が基本であり、そのために摩擦、トラブルは絶えないことになる。そして肝心の行動の動機(イメージの根源)は“心”の部分が多くを占めているというのが私達の特徴である。これは勝利欲や、支配欲、占有独占欲、好き嫌いなどを多く含む。」

 

S「その“心”の説明が今ひとつ解らない。」

K「“心”の説明は、自分自身のことながら多少入り組んでおり、直ぐには理解しがたい。“心”(または“自由意志”ともいわれるもの)は多くの既得権(実際には強力な習慣)を持っている(と勘違いしている)ので、それが自分自身でもあると思い込んでおり、謙虚さが働くことなく自ら自分の“心”の活動に冷静になることは更に困難である。実際私達は生まれてこの方、四感の働きである“心”の活動で主に占められてきた。その判断で私達自身の生き方を判断してきたのである。本当はもう一人の自分、本体そのものが居るのに、それに気づくことなく、“心”の判断を優先させてきた。

心の活動(四感)は本人が生まれたときから、その経験に基づいている。その中で好き嫌いを個人的に積み重ねていくものであるが、先ほどの説明のようにこの四感の体験はそれだけでは非常に見識、理解度が浅く、英知(本体)の意見を取り入れた積み重ねがなされず、今までの習慣、経験と短絡したその場の判断をするのが特徴である。より低振動の細胞に近いからである。幼児の四感による体験を観察するとよく解る。四感の活動は英知に支えられた肉体細胞として初めて体験をし、好き嫌いを判断するものである。このとき英知が先に判断はしていない。視覚で見たものが、例えば自分に痛い思いを一度させると、そのものをこれ以降は意味もなく嫌うようになる。逆に心地よい体験も同じパターンを踏む。好き嫌いの始まりである。この場合、視覚器官の判断が基本のパターンを作るが、その他の器官も同じ経験を積み重ねていき、それぞれが心の判断を好き嫌いで単純に判断し、これはそのまま体験と習慣の積み重ねになる。

では“心”の判断はなぜ間違うのか? “心”の判断はそれぞれの器官が行なうので、本体のように統合されていないものであり、誰かがコントロールしないと、自分勝手なガリガリ亡者の判断となる。ときには自分が神であると勘違いすることもある。これが特徴である。四つの器官が集まって一人の人間となってもやはり同じである。各人の中ではこの四つ器官が勝手に好き嫌いの判断をするので、更に混乱が増してくる(精神分裂)。この上に個人が大勢集まると更に収拾が付かなくなる。これが今まで私達の生活の仕方の基本であった。その実績はイヤというほど長い歴史で経験をしてきたので敢えて証明は要らないと思われる。

“心”の特徴として、このようにそれぞれの四つの心は本体の意識のごく一部の機能を与えられているので、独自の判断ができる能力がある。がこれが先ほどのようにくせ者で、全体を知らない心が先行し、混乱する元になる。心は何かでコントロールをしないと、そのうちにとんでもない主張をするようになる。実は私達がよく言っている“理性”も殆どこれに属する。つまり自分が主人であると言い出すのである。この世を混乱に引きずり込むのは正にこの点が震源地であり、これ以外には地上で混乱を来たすものはない。本当に厄介な代物、偽物なのである。本体は各人がそれぞれ別に持っているのであるが、偽物が大声で騒ぐので本体はその間黙って静かにしている。このことは個人でも集団でも起きる。また陰謀者が跋扈するのもこの辺りに原因がある。

では“心”よりも優れた判断はどうすれば出来るのかというと、これが各人でやらねばならないものごとで、“心”の判断、つまり狭小な今までの判断を、自分本体の判断に任せるということになる。“心”の身勝手さから、各人に備わっている大人の判断に切り替えるようにする。“心”を冷静にして、身勝手を言わせず、全体をいつも考えるという方法になる。これを行なうには今までの“心”の判断を一旦引っ込めて、第三者の立場、つまり各人の“本体意識”の部分でものごとを優先的に判断し、感じることになる。これが各人の中で融合の努力をする中身となる。幼児にわがままを我慢させるのと全く同じものとなる。

もちろん私達には従来から『理性ある行動』というものがある。これは心の判断のみに頼らず、理性で自由意志がコントロールされることを意味し、自ら暴走することなく、我慢をさせるものである。しかしこの場合の“理性”とは自分の“本体”そのものを必ずしも意味しない。今まで私達は自分の分析そのものが出来ていないので(慣れていない)、理性がいかほど“心”から来るものか、如何ほど“本体”から来るものかの区別がつかない。理性的であると言いながら、個人主義が潜んでいる場合が多々あり、独善性があることに本人も気付かないときが多い(動機の自己チェックが出来ていない)。つまり区別の付かない判断を適宜“理性的”と表現している。本当に“本体”からのものであるなら、互いに絶え間のない争いなどはすでに私達の周りからとっくに無くなっているはずであるから、私達のいうこの理性は確かに偽物である。

ここで前記のような分析を用いて、更に心の成り立ち、自分の本体を私達がよく理解できるようになると、この段階で摩擦なくスムーズに修正が可能となる。私達はその理性(これまで自前の自信とプライドのあった)の出所を明確に知る必要がある。このことで私達は今までの理性やプライドと共に、人間が神であるとなどという、とんでもない間違いを起こすことは無くなってしまうだろう。

このように今まで私達は “心”と“自分本体”との区別がよくできない。しかし、新しい方法により自ら出来るこの生き方、修正法を試すなら大きく前進ができる。」

 

S「ではその各人の本体と、“心”の関係は?」

K「“心”は私達各人の一部であり、僕(しもべ)であることが解った。心も不可視であるが本体ではないのである。すると、本体がどこかにあるはずであるが、これが特定の部位を持たない各人の“触覚”、“感じ”、“意識”であり、本体である。そして肝心な点は、本体はそれぞれの四つの“心”を僕として本来利用しようとしいるという点である。私達はわがままなが自分の本体、主人であると長い間、勘違いしていた(既得権益)。両者は不可視のために見極めがつかなかったのも一因であるが、そうではなく、本当は更に手前にある“触覚”自体が各人をまとめる本体であって、心は僕に過ぎないということが解ると、“心”は主人の意見を聞くということが重要になってくる。主人の意見は“心”のように騒がないのが特徴である。そこには居ないのかと思われる程に控えめである。今までは心の方が大いに騒いでいた。僕が主人であると、勘違いを起こして騒ぎだし、主人の声をかき消すのである。これが私達の今までの常識的な生き方である。しかし一旦この不自然さに気付くなら、早急に改善しなくてはならない。主従を逆転させるのである。

これと同じことは、大自然と人間の関係がある。人間を分析すると、前述のように身体構造、感じる能力、など全てが大自然の機能と不可分であり、我々が単なる物と考えている万物や惑星とは切り離せない一体構造となっているのが解る。しかし大自然は(私達と同じように感じる能力を持ちながら)そのことを我々の狭小な心に向かって自慢をしない。それは心の主人でもあるからで、我々の心は自然の僕でもあることが解る。単なる上下関係をいうものではない。

はっきりしているのは、私達の心はいかに偉そうにしようとも大自然にすべてを頼っているので、一瞬たりとも見放されては困るのである。食べ物、空気、重力、磁力、地球の自転、太陽、他の惑星など、そのすべての恵みについて、心は日頃その大切さに気付かない。むしろ人間同士の争いや利権、権力の争奪にうつつをぬかし、自分より地位の高い者や自分の支配者には異常に気を遣うが、その逆には一切無視し軽蔑をしている。地球や自転の恵みに対し『何を今更、そんなことは当たり前ではないか』と平気で言うがこれ自体、正常ではないということに気付く必要がある。

私達は横着にもプライドを持って『我々が神である』などと時々言う者が出てくるが、こんなおこがましいことを言えたものではない。わずか一分も息が出来なくなったら、すぐ大騒ぎするくせに。」

 

S「そもそもこの厄介な“心”は要らないのではないだろうか?これほど厚かましいものであるなら無くせばよいのでは? 存在理由は?」

K「心の存在理由は説明が少し難しいが、強いて言うなら、それは私達本体(不可視)の表現からみると、具体的な可視に近い部分を受け持つ役目のようである。本体だけでは生きる物質的な表現(可視)が出来ないので、心の経路を利用して表現しようとするものである。心の存在の大きな理由がこの点になる。つまり不可視と可視の仲介をする重要な役目があると思われる。心の特徴は可視(モノ)と不可視(触覚)の両方を理解し、情報交換の仲介が出来るという機能である。

これを先ほどの振動数で表すと心は、触覚の高振動と、物としての低振動(肉体表現)の中間にあたる。つまり心の振動は意識と肉体や物などとの仲介、翻訳をし、これをつなぐ役目となる。心はこの意味で非常に必要なのである。ただし、心だけに頼ると(心の単独判断)先ほどのようにとんでもないことをしでかす。そこで不可視の本体の指導が必要になる。

心は試行錯誤をするのが本来の機能で、これが得意である。しかしこれを悪用してはならない。常に誰かがコントロール、指導、矯正をすると大変な働き者であるので、多大の貢献を私達にもたらす。これが心の本当の役目であり、私達の正常な生活そのものになる。また私達の本体は心を是非とも必要としている。本体に出来ないことが、心の方が得意であり、はまり役であるのでそれに頼るのである。

本体はその意味で、すべてをそのままでは表現が出来ない。不可視の役目があるが、可視の表現を行うために媒体としての心が必要である。するとこの二つの機能は互いに助け合うこと、融合することが重要になることが解る(父母性でいうと、本体は父性で心は母性になる)。私達の本体、触覚は物質的表現の担い手、主導者であり想念イメージを発する原因者であるが、心は本体触覚と共振して具体的な表現をする立役者なのである。これを取り違えて、本体をけ落として心が主人になる危険性が私達にはあることになる。

ここでも父母性や振動の表現で理解できるものが多く出てくるのであるが、理解分析するにはこの手法を用いると解りやすい。」

 

S「そうすると、私達の各人の中には二人の人間がいるように感じるが?

K「全くその通りで、本来“心”の部分と、“本体”の部分が共に備わっているものでありながら、私達は残念ながらこの基本の部分を教えられてこなかった、あるいはある時から教えることを忘れ去ってしまった(作為的?)のである。そうすると、糸の切れた凧のように、自分が何者かをすっかり忘れ、何をしに地上にこの世に生まれたのかの大切な部分を、誰も説明できなくなっている(遠い過去から)。そのため、心(四感の判断)の赴くままの生活態度になり、それが現代に至っている状態のようである。心を主体にした生活は、如何に真面目な研究や働きを行っても真の充実感は得られない。如何に素晴らしい発明発見を行っても世の幸せにはつながらない。そして私達は互いに信念が持てないが、その本当の原因はこの辺りにあるのは確かである。当然、大切な転生についても理解出来ないままである。

私達は本来、このように二重構造になっている。表に出ている“心”の部分と“本体“の部分である。両者の大きな違いは、心はそのままでは常に間違いを起こすが、本体は間違わないし、迷わないという点である。

本体はあまりに自分に近いので、私達の心の部分は普通には気付かない。そして日常、殆どを二人の自分を統合することなく、精神分裂状態で生活している。これでは日頃の本人(心の部分)も不安な状態になるし、他人とも他の国とも旨くいくはずがない。旨く出来たとしてもそれは一時の偶然でしかない。私達はよく自己反省をする機会が多いが、その元はこのような二重構造になっているためであり、自から精神分裂する体験を持つのもこのためである。これが解るようになると、自分の混乱の原因や、自分をコントロールはどうすればよいのかの、基本部分の納得、理解が出来る。

これは自分に対する単なる処方箋ではなく、周りの人々にも共通のものであり、カラクリが解ると、私達が他の人々と共生する理由、必要性が当然のように感じられる。なぜなら私達の本体は最初から他人や万物と、共通の全体意識のもとにつながっているからである。今までこのことを自身の心が、精神分裂したままであり頑固に認めないことにあった。」

 

S「もう一つ理解できないのは、人体に備わっている頭脳のことである。私達はこの器官に特に気を配って、あたかも人間の本体、アイディアの根源、知的活動の根源があるように感じている。脳みその重さを計って、知的レベルを推し量ったりもしている。実際にはどうなのか?」

K「私達の頭脳は一つの器官であり、本当の役目はあらゆる情報をより肉体的信号に翻訳を行う器官のようである。あたかも脳が私達の本体であるように感じているが、人間の本体は脳ではなく、何度も言っている不可視の本体“触覚”である。確かに脳を損傷すると私達の人体は即、大きな影響を受けるので、知的行動の根源のように感じる。しかしそのさらに手前に“感じる能力”そのものがあってのことであり、脳の情報の根源はやはり、不可視の英知とエネルギーが本体であり触覚である。

このように脳は不可視のイメージを具体的に肉体が理解し、行動できるように翻訳する必要がある。イメージそのままでは肉体は理解できず、四感も理解できないし、動けない。本体や心の想念、イメージを具体化し有効に表現するには、この部分を司る器官が要る。これが私達の頭部にある脳であると考えられる。信号の変換(周波数の変換)の役目と思えばよい。翻訳は全身のあらゆる器官と対応しており、脳も多くの部分に機能が分化している。これは先ほどの四感の機能説明と同じになる。本体は想念イメージで発信するが、これを脳が翻訳して四感、身体が表現できるようにする。本体は想念イメージで情報を発するが、これを肉体に属する脳が翻訳し、四感、身体が表現できるようにする。当然、心の想念イメージも脳で翻訳されて全身に信号として伝えられる。

私達は“脳”が本体と思うのも、あるいは“心”が本体であると考えることも、あるいは胸に手を当てて、あたかも心臓に命があるように感じるもの、実は私達が自分自身の見えない本体のありかを、いつの間にか見失ったからにほかならない。いずれも確信がなく、何とはなしにあれこれ思いついて、当てずっぽうな状態にあるからと思われる。」

 

S「何だか、あまりに身近な内容で拍子抜けるような感じである。」

K「ものごとの本質はこのようなものかもしれない。遥か遠くにあると思っていたものが、最も手前にあるなどと、私達にはとても気付かない内容である。しかしこの説明はある意味で非常にシンプルであり、高遠で難解な哲学、宗教の説明は全く不要であるので、逆に理解しやすい。子供達でも理解できる内容であるし、子供は大人より理解度が深いかもしれない。精神分野において私達の今までの多くの教えはこの点に気付かない(気付かせない?)ために、大変な遠回りをして、難解な無数の教義や、先行きのないほら穴のような学問、学派を作ってきたと思われる。これが商売にもなったので職業としても成り立ち、そこで扱われるものはあたかも真理であるかのような勘違い(教祖も信者、生徒も)をしてきたものと思われる。」

 

S「自分自身に気付いて行動している人の、具体的事例を私達は見ることができるのか?」

K「沢山あると思う。しかし私達が互いに横着であるのでその事例に殆ど気付かない。身の回りでときどき体験するのは、本当に建設的な意見を控えめに出す人は無欲で、サラリと提案し、結論のヒントを示してくれる人である。しかしたいがいは周りから訳の解らぬ者が出てきて、それをグチャグチャに引っかき回し、最後はつまらぬ結論にしてしまうものである。良きことは意地になっても壊してしまう。これ以上のくどくどした説明は、解る人には不要であろう。」

 

S「では私達が大変に歪(いびつ)になっている今の道徳観、人間観はこのことから、どのように変革できるのだろうか?」

K「生きものの基本、私達の捉え方は前述の方法が最良と思われるが、ではこれを実際に行動するときに必要な具体的規範は何かというと、最も解りやすい表現は“謙虚さ”である。謙虚さのない“横着さ”は、全て“心”の部分から来るものであるが、この横着な自分を主人にしないようにして、最初この部分を自分の中から追い出す必要がある(自力で)。これをしないままに、今まで習慣で獲得した理屈だけで行動しても何も効果は出ない。横着さを徹底して追い出し、その後に自分を分析するのである。これは他人では出来ないので、自力で行うほかない。どこかに相談窓口があるわけではない。常に例外なく各人で真摯に行なう必要がある。誤魔化しは直ぐにばれるし全く通用しない。不信感やばかばかしいと感じている間は、ただの一つの成功もおぼつかない。実際にこの行動は、強力な横着さを持つ私達にとって、最も困難な試練となるので覚悟が必要である。私達は誰彼の区別無く、間違いなくみな横着であるから。但しこれを実行するには、いつでもどこでも、場所を選ばず自由に出来るという特典がある。

この有効性を本当に確認したければ、他の惑星の実態を知ることである。彼らは既に遠い以前からこの関門を過ぎており、さらに遥か先を今進んでいる。彼らも私達のように、ある時期にかん難に逢ったがそれを彼らなりにクリアしている。基本は同じことであり、楽な抜け道はない。自ら誤りを認めて本物を身に付けないことには、誰もやってはくれない。真摯に乗り越えるしかない。

他の惑星の実態を知るには、やはりこれも自分で判断するのが基本となるので、内奥で知るしかない。私達の心の部分は大変に頑固でなかなかそれを認めようとせず、見ようともしない。あるいはすぐに自分の首を甲羅の中に引っ込めてしまうか、攻撃的になる。私達は“勇気が要る”とよく口にするが、危険なところに勇気をもって出かけるとか、何かで一番になるため勇気を出すとか、様々な勇気を出すが、私達が本当に全力で勇気を出すべきは『自分の内部を、勇気を持って知る』ということである。」

 

S「先刻“テレパシー”というものが出てきたが、これは一体何者? 私達はこれを習得すべきなのだろうか?」

K「テレパシーは実際には私達の本体を含めて、その他多くの生きものが利用している太古からの常套通信手段である。万物の想念による通信手段というのが正解かもしれない。私達は通信手段として今は電気信号や電波を多く利用しているが、この道具を使わなくても私達を含めて全てのものは通信手段として既にこのテレパシーを利用している。テレパシーは私達の電波や電線を使わない。しかし原理は電波と同じもので、これより更に振動数の高い高速、精妙なものと考えられる。昔であれば、電波はテレパシーと考えられたであろう。今はその原理を知らなくても、携帯電話の電波は誰も疑わない。今私達が感じているテレパシーは、今の電波のようになり、いずれ私達はこの通信手段で記録をし、再現できる機械を持つようになるだろうと思われる。

残念ながら私達は“心”が理解できるレベルの通信手段を多く利用してきたので、今はその延長として、より効率的な代わりの通信手段の電磁波等を多く使用している(よりテレパシーに近づいているが)。これは私達の心の発達には有効であるが、しかしその前に生まれながらにして持っているテレパシーという通信手段の利用が未熟である。テレパシーの能力は私達にも多少は備わっているが、その能力の違いも様々で、すでに相当の通信が出来る(生まれながらに)希な人もいるのは事実である。また一部ではこれを個人的に開発しようとする人もいるが、極端に個人的な動機であり、結局よい方向には進まない。今の段階ではむしろない方が幸せかもしれない。というのは限定されたこの能力は悪用される可能性が多いからである。つまりこれは心の主導で、本体の機能を勝手に引き出そうとしているものであって、主従が逆転していることは変わらないので、結局役に立たない。

いずれ私達はこの通信手段をもつ必要があるのは事実である。これは必須となるだろう。しかし今の状態のまま、慌ててこれを強引に手にしようとすることは、かように手順が間違っているような気がする。私達にはその条件さえ整えば、キチンとテレパシーの能力を即、習得体験できるものなのである。例えばNASA宇宙飛行士達の例があるが、彼らが真の宇宙空間(地球の重力圏外)に入ったときに想念がすっきりして、非常にテレパシックになる経験をしている。私達の本来の能力はこのようになっているもので、地上ではなかなか体験できないが、本来これは不思議なものではない。

望めばそのような環境で獲得できるし、私達は自ら条件を整えるならば、あらゆる可能性を持っていることを知っておくことである。条件とは地球全体の波動であるし、それをコントロールしている私達の互いの心の振動が大きな関門になっていることである。私達は自分たちで作り出した周囲の振動(地球惑星全体)が、互いに足を引っ張っているという意味である。これはテレパシーの大きな障害になる。障害を取り除いたのが真の宇宙空間になる。

この点を理解しておくことが肝心で、あざとく個人的な能力を、この地球の混乱した雰囲気の中で強引に開発しようとするのは、あまり奨めたものではない。私達にはその前にやるべきことが沢山あるからである。その後でも開発は十分なのであり、ときが来れば必要な能力は即、いやでも自然に身につくであろうということになる。もともと私達の内奥に持っている能力であるから、準備がなされるなら、必要なときに必要なものが与えられる。」

 

S「第六感、第七感とは何もの?」

K「これも私達の混乱の大きな原因の一つになっている。五感を知るまではよかったのであるが、それが四感から形成される“心”の要素と、第五感を人間の本体と見る基本に気づかなかったことが、前述のように大きく遅れた原因である。つまり私達は自分の本体を探すときに第五感の本体に気付かず、すり抜けたのである。そのため理解できない不可思議な現象を目の前にして第六感、第七感というものを思いつき、自分の中で混乱を生じていたと思われる。私達の本体をこの混乱の中に放り込むと、私達自身は一体何者かが全く解らなくなる。大いに判断に迷うのである。

しかし最も大事な第五感を私達の本体と認めるなら、第六感、第七感とうものはそのとたんに要らなくなる。つまり第六感、第七感・・・はすでに第五感の中に包含され、私達の普通の既得能力の中に、これ等がすでにあることが理解できる。こうすることで、私達から今までの混乱が無くなり、全てがすっきり解る。込み入って難解だった今までの各種の精神分野の専門家や宗教、オカルトなどを用いた説明は不要となる。もちろん、これは子供でも解るし、物質専門の科学者もこれで理解がしやすくなる。」

 

S「本体の指示とは、具体的にどのようなものか? どうすれば聞けるのか?」

K「すでに多くの実例を、私達は知らない間に経験しているので改めてまとめてみると、つぎのようになる。その指示の一つは、多くが私達の心にとって最もイヤなことを強いるものが多い。日頃気にかかるが、無視したくなるようなこと。しかしこの声を無視したので事態が結局悪化するときである。素直に第一感に従えばよかったというのが多くある。普通はこれを無視してしまう。自分で自らやることはない、誰かがやるだろうという心の意見(後から出てくる)にたいがい負けてしまう。

 この声を聞くには、ともかく横着なままではできない。自分を素直にするしかない。そのやり方は各人で異なるので他人もマネできない。自分で訓練するのである。慣れてくるとその機会は多くなり、強いて気にすることもないだろう。

もう一つの現れ方の特徴として、この声は一番に早く現れることである。これはほんの一瞬であることが多い。最も気を付けなければならない指示は、チラリとした瞬間である。殆ど気づかない速度で現れる。重要なヒントはそっと現れる。そのため、よほど気を付けないと聞き流す。敏感でそれが最も重要であることに気付いている人は、昔からこの微かなささやきに最も気を付けるものである。ヒントは実に密かに与えられる。その意味で私達はすでに最も適した回答を自分の中から自由に出せるのである。ただ自ら貴重なそのヒントに気付くかどうかという点にある。

またヒントはダイレクトではない表現を使うことも多くある。だからただの思いつきだと早合点して、捨ててしまわないように気を付けることである。私達は自分に真摯になるほど、謙虚になるほどそのヒントに多く気付くようになるだろう。またヒントは各人に固有のものである。このことに気づき始めると、人間はイヤでも魅力ある生き物となるのである。自分はもとより他人や万物に対し、とても退屈などと言ってはおれない、本来の生き方になる。」

 

S「自分の本体、本質は手前側にある?」

K「本質は自分の外にはない。内側が正解である。自分の内部にあるということは確かである。既にこの重要な情報源であるチャンネルを各人は持っていることを知っておくことは非常に大切である。

ところでこの種の改革やヒントは残念ながら地球だけで見つけるのは大変に困難である。地球の古代にこの情報痕跡がどこかに残されているかもしれないが、それを今から見つけて解読するのはさらに困難であろう。それより今、手に出来る近隣惑星の彼らの情報を素直に受け入れるのが最も適切で、時期を得ている。彼らもかつて私達と同じ苦悩を背負ってきた時代があり、その中で宇宙の融合を旨く利用し、その解答を自ら探し当てたものと思われる。

太陽系や近隣惑星の大きな存在理由の一つは、このように情報によって相互に融合し共生が可能だということであり、取り入れることは重要な私達の手段と思われる。私達が彼らの情報を意固地に拒否すると、今後地球は大破壊ののち、さらに長いかん難の歴史をまたもや刻むことになる。こうなると近隣惑星の彼らも大いに迷惑が掛かる。これは預言などというおどろおどろしいものではなく、ただの必然であり本来の自分に戻れた者なら、誰でも解ることである。」

 

S「ではこれらの生命に関する情報は、私達地球人自身が気付いたものではないと?」

K「その通り。私達地球人はご存じの通り、大変に横着であり自ら自分に気付くのは実質困難である。このまま進めば確実に破滅する。物質重視の技術肥大は必ず破壊に向かう。するとかつてのように原始からまた始めなければならない。私達は本当の自立ができない者の集まりである。この中から真の内なる情報に気付くのは当分無理であろう。このとき他の惑星の情報エッセンスは私達にとって、貴重なものとなる。本来自ら気付くのが最もよいのであるが、今までの経緯を見ても自力で行うのは無理に思える。これに輪をかけて人々の足を陰で引っ張る不届き者(陰謀者)もいるからである。

 ところで、このほかに他の惑星からの情報として精神面だけでなく、これに似た事例がある。例えばNASAが月面に到達する際に、それまで種々の新技術の開発が必要な事態が数多くあった。宇宙開発はこれまでにない未知の技術が数多く必要があったからである。この開発の段階で技術の根幹部分について、ある種の重要なヒントが多数与えられた。これが他の惑星の人たちの情報であった。すでに彼らの情報が利用されていたのである。これに感づいた地球の技術者は、当時を振り返って、『とてもこの技術を思いつくのは我々地球人だけでは困難で、実際には彼らからそのヒントをもらったのだ』と明言している。

どさくさの中ではあたかも地球人が自分で気付いたようにしてあるが、そうではない。彼らは無償で援助をそれとなく行い、開発を促したのである。彼らはそのとき、目立たず何でもない地球人として働いていたのであるが、彼らがほのめかしたヒント、内容を冷静に見るとこれまでの地球人の発想とは到底考えられなかったのである。地球人として技術の専門でかつ先端にいるその部所の責任者がこのように複数証言している。

つまり地球援助は精神面だけでなく、技術面でも既になされてきており、これは秘密ではない。大衆側が知らないだけで、関係者は知っていたのである。当時のNASAの技術者の一部はいつのころからか、他の惑星人からの援助の事実に気付き、確信していたのである。

 この援助は地球人が宇宙を自ら知るという、大きな目的を達成させるために行われたものであり、地球だけではどうにもならないので、宇宙空間に飛び出させる必要があるという判断のものである。残念ながらこの情報の経緯は一部を除いてその後殆ど表に出なかった。しかし最も重要な情報である、飛行士達の宇宙空間での“感じ”は確かに私達に伝えられたのである。

この生命科学も同様であり、地球人自らのアイディアで引き出せるものは表面の僅かであり、肝心な部分は到底気付くようなものではない。この情報の内容を知るほどにそのことが解る。とても私達だけで気付くわけがない。そもそも私達は誰しも我慢のならない横着さを持っており、己に気付く基本部分の立ち上げが地球の環境(低波動の問題)で自ら行うのは大変に困難と思われる。またそれにふさわしい情報が地球にこれまで確かにあったが、その殆どが太古に既に破壊され、秘匿されたのでその痕跡を自力で取り戻すのも困難である。」

 

S「では他の惑星の情報は全て、直接私達の前に公開してはどうか?」

K「今は、実質すでにその一部が公開されているのと同じの状態にある。ただ逆情報が常に流されているので、そうは簡単にいかない。内情をよく知っている者は誰でも早く、更に直接的な情報を出来れば公開をした方がよいと思っている。これは他の惑星人も同様である。しかしこれほどわがままでプライドが高く、混乱した地球の多くの人々の中に不用意に情報を流すとどうなるか? さらに混乱が広がり、せっかくの改変の機会を無くしてしまうという危惧が、地球の良識ある責任者が今まで全てを公開出来なかった最も大きい原因と思われる。

これはバランスの問題かもしれないが、破壊を早めるか、改変を早めるかの瀬戸際という感じにある。私達自身はその重大さに殆ど気付いていない。例え知らせたとしても、先ず理解出来るかが大きな問題で、理解できないなら価値は無かったことになる。混乱を広げるのは既得権益を持つ頑固な大人達だけであるが、混乱だけが残り、情報はアダとなる。そうなるとこの責任は知らせた方と、それを受け取る私達みんなの責任にもなる。これは大きなジレンマである。」

 

S「私達の本体とは結局、宇宙の全体の意志や、力、エネルギーの一部となるのだろうか?」

K「各人は宇宙全体の想念エネルギーともいうものの一部であり、その具体的な表現であるということまでしか、今は理解できていない。私達はなにせ、自分の本質を未だ十分に理解していないので、これ以上は説明が困難である。が大枠の部分はこれでよいと思われる。

私達の体の中で、“心”が“本体”の表現の一部であるように、私達個人の本体はこれより大いなる根源のものの一部の表現をしていることになる。そしてこれら宇宙は一体になってつながっており、当然太陽系全体もその外側と同じ連携をとっていると思われる。私達はたまたま太陽系の地球惑星で一つの人間生命としてその場を今与えられて活動しているが、全体から分離した生きものではない。一から十までその内側であり、十分な条件を与えられ、これを獲得して各人がそれぞれの独自の歩みをもって、互いに周りに貢献して生きるのが本来の形のようである。各人の本体は宇宙の力、英知を具体化するためにそれぞれが独立できるようになっている。これは各人本体が具体化のために、四感に独立した器官に分化して機能する方法を採用していることと相似である。

この中で同じ個体は二つと無いのである。なぜなら転生を含めてみても、その体験の組み合わせは全て各人の固有のもので、他人は到底真似が出来ないからである。各人固有の価値が全てその中で生かされ、十分な役目が引き出されようとしている意味がこれで理解できる。人間は自分の居所をはっきり感じて、周りに貢献できることが最大の喜びであり、本来の役目だからである。

本来、各人にある本体そのものは、実は宇宙のバランスを既に知っているものと思われる。そのために人体は旨くコントロールされて自然界で生きていける能力を持っている。この基本的な機能は各人とも変わらない。当然、転生すること自体も“心”が行なうのではなく、本体がコントロールを行なう。私達の四感からなる身勝手な心の活動を、主人となる私達の本体の指示に従わせるように日常出来るようになれば、私達はそのとき宇宙の住人になれるし、当然転生などもそのまま理解できるようになる。

私達以外に身勝手で強力な力を持っている生きものは地上には他にいない(このため地球全体の波動は想念力の強い地球人が主にかもし出す)。また自ら行なうべきこの修正以外に私達が征服するものは何もない。

“心”は僕であり、道具の役をするものであり、主人ではないことを明確に知ることが、私達の緊急課題に今はなってきている。本来の人の本体を主人として心に認めさせるこの各人の努力は、多くの成果が得られるだろう。ともかくこれは今の私達が第一に行なうべき事柄であり、これ以上に重要なことは、さしあたって今は何もない。」

アワのこと 目次へ

アダムスキーDB