[アワのこと-3] 目次

(キーワード検索はCtrl+Fキー)

アダムキーDB

目利き. 3

仕事と役目. 6

挨拶. 9

ISOと品質管理. 16

ペット. 20

地球での不思議への探求. 23

銃のない社会. 26

プライドについて. 30

物売りと界隈. 33

便利さのつけ. 37

転生と過去の記憶への理解. 42

スズメ達と雑草. 47

利他主義とおせっか. 50

金銭感覚の弊害. 53

化けの皮. 59

転生のつじつま. 62

優しさは必要か. 68

地域貨幣. 72

宗教の役割. 74

間とロボット. 77

捨てること. 79

優れたアイディア. 83

すぐに離婚. 85

援助の仕方と金融. 90

通信機器と人間の能力. 96

民族の起源と転生. 100

 

 

開設 2015/07/10

更新 2015/07/10


目利き

古物商は偽物をつかまされないように大変な努力をする。つまり欺されない一人前の目利きになることが商売のコツである。その能力は生まれつきもあるかも知れないが、ようするに今まで如何に欺されたかという体験が大きくものを言う。最初から旨く商売が行くものではない。嫌というほどの欺しにあって大きく成長する。そしてもう一つ重要なことは、たくさんの優れた本物をみて、手に取り、よく知り、よく感じておくという点である。本物の良さを知って、その品物からよい印象を受け、よく勉強をしておくことが肝心のようである。つまり相手の品に教えてもらうという謙虚な勉強の気持ちと、雰囲気を受けるが大切である。これは古物商の方から教えられたことである。

この後段の部分は決定的である。なぜなら本物をじかに知らないと、いざというときに確信が沸かないからである。その体験をしていると、何があっても本物がどれかが瞬時に判る。相手の物から受ける感じで直ぐに見分けてしまうのである。本物の扱い方、本物はどのようにして現れるという体験は必須である。

これから後は、自分が逆にお客さんを欺すかどうかは、その古物商の生き方そのものである。それ以上は誰も干渉はしない。欺して如何に儲けるのか、あくどく商売をすることも出来るし、正直な生き方を通すこともできる。本物を知ったらあとは自由に出来るのである。

ところで私達の生き方の基本はこれとよく似ている。つまり本物を知らないと、常に偽物をつかまされるということである。これは知力、記憶のゲーム、心理戦の乱戦にもなるからである。今の私達の金銭をベースにした生活は、正にこれが最適であり、私達の素性によく似合いのシステムなのである。如何に欺すかを徹底し、商売を旨く切り抜ける。これに徹した人は沢山いる。が、通常は正直な商売でよい。少し欺して、少し儲ける程度がよいのである。これが普通。本当に正直になると、今の生活法では家族も干上がって死んでしまう。

さて後段の部分であるが、「生き方の本物」とはどのようなものであろう。私達は本物の生き方を知っているのだろうか? これも同じように、本当の生き方を知っていると、苦労はないのである。どこかで体験をしていると、目の前で起きている出来事も、価値観もその違いがはっきり判断できる。つまり本物の価値観、考え方が判ると、迷いはないとうことである。

すると、生き方そのものを知るには本物の体験が必要ということになるが、これが問題。地球ではこれを誰しも探すのであるが、どこにしまわれているのか、それすら判らない。道徳、規範といって、聞いた風な言い古されたものはたくさん身の回りに転がっている。なので大概は、身の回りのこれらで間に合わせようとするのであるが、それ以上となると本物を探すだけで一生かかかる、あるいはその一生で見つからないのが普通である。そこで自称本物という偽物が、沢山に出回る。誰しも今までそれで言いくるめられてきたのである。勘違いのままで終わってしまう。

ではどうするのか? これ以上は、どうしても私達人間の転生のカラクリを理解できないと、説明が困難になる。あるいは転生が判ると、すんなり理解できることが多い。つまり過去において本物の生き方を知っていれば、ある程度無理なく理解が出来るのであろう。これで直ぐには理解できないわけも判る。根掘り葉掘りの質問をしなくても理解できる体験ということになる。そして一旦その経験をどこかで(過去世など)身につけていると、本物が何かを判断できる。つまり古物商と同じなのである。

では何処で本物の体験するかとう話であるが、古物商は広い範囲で自ら失敗を重ね体験するしかない。私達の人生はそれが自由にならないところがつらいのである。たしかにこの地球で探すこともできるかもしれない。人生体験を世界中で行うことも不可能ではない。しかしこの地球では無駄が多くなることは請け合いである。本物はひたすら隠されているからである。無意識、意識的の両方で。

そこで私達は「転生」を旨く利用する方法がある。このチャンスは誰でも等分に与えられている。貧富の差も全くなくそれこそ等分である。そしてよき体験を転生で知ることが出来るなら、この地上ではよりよき判断が可能となる。地球での迷いは少しずつ無くなるだろう。

この原体験がないと、他の惑星のこと、転生のことも全く理解できない。「そのようなことは絶対にない」と強力に反論し、反感を持つ。身に覚えがないからそうなる。当然である。

ではよき体験のためのよき転生をするにはどうするのか? これもまた問題。これこそこの地上で各人が解決すべき重大な課題である。誰かが大手をふって手助けするのではなく、概ね個人的な決心の問題になる。大きなジャンプは転生を利用して自ら行うしかない。ここで肝心な点は損得はなしで、誰でも出来る、あの魔法を使うことである。この場合、普通の常識で行うこととし、「神秘」は無くさないと逆効果になることをよく知っておくこと。神秘を混ぜると元も子もなくなり、転生だけでは少しも進歩しないようである。

つまり根源に戻るのである。偽物情報にはくれぐれも注意。勿論これを判断するのは私達自身である。魔法はこのためにある。この魔法とは公明正大であること。自然の法則を使うこと。謙虚さに勇気をもつこと。自分のためにだけに行動しないことである。これが隠してあった秘密であり、究極の箱の中身である。意外に簡単。

私達は古物商のときと同じように、多くの偽物をつかまされてきた。度重なるだましである。古物商のようにこのだましに少しは賢くなる必要がある。この世は教えられた通りのものごとではないという勉強である。これをしっかり自覚すると、では本物は何かと自分で質問をし、自力で探すしかなくなる。実際にその極みに自分で立つしかない。偽物はその気になれば沢山見える。では本物はどこに見える?と自問するのである。そこから秘密がすこしずつ見えてくる。カスはすぐに捨ててしまい確かなものを手にするのである。自立出来る本物を最後に残すのである。これが私達の当面の目標である。

と目次へ

キーDB

 

 


仕事と役目

私達には確かに役目がある。個人は何でもできるのではなく、生まれながらの役目がある。複数の役目を持っている人もいる。つまり多方面の能力、多芸を持つ人も希にいる。しかし普通は得意分野が少ないものである。趣味もそうである。

仕事はある程度満足が得られないと、続けられない。感動があればなおよろしい。おもしろくもない仕事はそうは続かないのである。そのうちに止めてしまう。逆に仕事がおもしろいなら、つらくても大概はそのままつづけることが出来て、そのうちに専門家になるし成れる。社会からも認められ、ひとかどの社会人に成れる。これは仕事の規模や、利益の大小にはまったく関係がない。

どのような小さな仕事でも、これが各人の生きる役目である。他人の仕事を羨むのは余りよいことではない。それより、自分で始めた目前の仕事を楽しんで、エキスパートになって、毎日の仕事を進めるのが最もよい方法である。どうしも疑問が出るようであれば、思いっきり仕事を変えるしかない。そして試してみることである。常に転職では困るが、どうしてもならやってみるしかない。そして一旦落ち着いたら長くつづけることである。でないと使いものにならない。

これが各人の天性であり、役目というものになる。見てくれではない。没頭できる仕事がよい。中には人を口車に乗せるような商売もある。あるいはこれも立派な仕事であろう。あまりえげつないのは褒められたものではない。ともかく適切な仕事をするならかまわないのであるが。図に乗って欺し過ぎて相手からクレームが付くようでは失格である。口先が達者でつい悪乗りし、失礼なことをしてしまうことである。生まれつきペテンの雰囲気を持った者もいる。その気が生まれつき抜けないのである。ペテンが天性のような性格。本人もそれを自覚しているのである。天性の泥棒がいるのと同じである。芸術の域に入っている。つまり名人芸というやつ。

これらの天性はどこから来るのか? 良くも悪くももちろん過去世である。転生で見るとこれは明確な道筋が判るだろう。紛れもない本職だと判るだろう。はまった仕事というものは本来そうなのである。でないとはまれない。本人も幸せであるし、周りも大変に助かるものである。過去世から性に合わない仕事は本人にとっても大変である。しかしそれでも我慢をして新しい仕事を成し遂げるなら、それは本人にとって新しい分野を開いたことになり、次の転生でまた生かせるというわけである。そこでその人は人間の幅が少し広くなるというわけ。例えばこれ以上幅を広くしていくとどうなるのか? だいたい判る。その人は相当に受け身の出来る人間に成長するだろうということ。

この点からすると、私達は一気に何かを獲得できるのではなく、その地球の一生である範囲の経験を積むということである。すべてを経験するのではない。ある限られた範囲を経験する。私達であれば日本人として、その地域の人間として、その肉体的な制限の中で、あるいはその時代の限られた条件の中で体験する。

このように考えてくると、自分の能力、周りの人の能力がよく見えてくる。一見不思議でもあるが、生まれつきという意味がよく解ってくるのである。同時に自分の特性がどこから来るのかも薄々判るというもの。キチントした能力の理由を皆持っていることが理解できる。ということは各人の役目も皆見えてくることになる。そして当然であるが誰しも生きる理由、役目までが見えてくる。

やたら人を羨んだり、他人に必要以上に自分のことを自慢したりすることが、間違っているのがよく解る。私達の各人の能力は自慢や勝ち誇るため、他人を裁くために備わっているのではなく、お互い違った能力で助け合うように創られていることが綺麗に理解できる。しかも自然界は全てそうなっているし、私達にそのことを日々教えてくれる。

そして仕事は本来、人のためにするのであって、人が認めてくれること、これが何よりうれしいのである。自分の仕事でまわりが喜んでくれること。これが正しい仕事であり、態度である。自慢したくなり金が欲しがるのが最終目的では決してない。

ところで、日本人は大概昔からそのように努力し働いてきた。仕事の打算をさほど持たなかったのである。そして世界から日本の製品は認められた。掛け値なしの仕事である。最初は世界もなぜ日本でよい品物が出来るのか不思議であった。しかしその原因が実は働く人間の質の問題に彼等も少し気付いたのである。すぐには真似が出来ない内容なのである。掛け値なしの仕事は言われて出来るものではない。日本人は生まれつき勝手にそれをやるのである。これが日本人の常識である。一部例外もいるが。

この態度は最も正しい。人には適切な能力があるので、その仕事で掛け値なしで仕事をすると、本人も満足できるし、周りもそれを十分に認めてくれる仕組みになる。考えてみるとこれ以外に最良の方法はない。一心不乱に仕事が出来て報酬を度外視して仕事をすることは、決して社会から疎外されることはなく、大切にされる。十分に生きていけるのである。また生き方としてもすばらしいし、安心と共生の中で生活できるものである。

ところでこの仕事のやり方を見ていると、本当は共生の社会を造る基本原則が出来ているのである。つまり互いに駆け引きをせず、あらゆる人々が全体のために奉仕をする生き方である。私達日本人はその一部を実現してきた。これをもう少し進めると、完全な共生の社会が出現する。目と鼻の先である。

不可能を可能にするのは、今のところこの日本人かもしれない。他の民族には今の状態ではこれには当分近づけない。何かのきっかけでこれを実現する可能性は日本人が最も高いと思われるが如何だろう。

但しこれは日陰で目立たず、せっせと世のために行う役割になるだろう。決して目立つ役割ではない。その覚悟があれば役目が果たせることになる。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB


挨拶

S:「なぜ私達には挨拶がいるの?」

K:「挨拶は日頃、誰でもする。しかし、しない人もいる。しないからといって罪になるわけではない。」

 

S:「では、めんどうならやらないでもいい?」

K:「理屈でいくとそうなる。くたびれるだけで何の意味もないといって、やめている人もいる。挨拶の価値がわからない人である。いらないと思えば挨拶しなくてもこの世は済む。」

 

S:「では法律でも決められていないものを、なぜ親たちは挨拶を子供にしつこくせがむのだろう? 意味もなければしなければよいのに。強制するなんておかしいのではないの? 見返りもないのに無駄だと思う。なのに親たちは子供に挨拶をしろと口ずっぱく云う。言わない親もいるけれど。」

K:「たしかに、そうたたみかけると意味はない。法律でも何も決めていない。罪にもならない。けれども挨拶は付き合うための一つの円滑材である。生きているうちはお互いに用事ができるのは避けられない。一生、人に付き合わないで生活はできない。頻繁に付き合いが出てくる。その際の円滑材である。円滑材がないと付き合いで大変に苦労する。決まりや法律だけでは円滑材にはならず生きていけないのである。人と付き合うことは労力もいるが、次の活力を生むということも本当である。人は活力が沸かないと動けない、生きていけない。そのような生き物である。挨拶はそのときにうまく使うとこれほど便利なものはない。」

 

S:「では挨拶をする、しないは、自分で勝手に決めてよいと言うこと?」

K;「結局そうなる。自分で決めることになる。が挨拶はその人が生きてきた環境が決めていると思われる。する、しないはとっさの判断である。とっさに決めるのはその人の今までの長い環境が決定づけている。反応の仕方、生き方の方向を示しているということ。例えば自分の両親が挨拶をしない生活を習慣にしているなら、子供もしないだろう。挨拶の意味が今まで分からなかったからである。それで親もそれを子に教えないし、教えることができない。

が、子供を慈しむ両親は子供が産まれた瞬間から、子供に語りかける。これが挨拶そのものの始まりである。毎日毎日飽くことなく子供に語りかける。そして両親だけでなく、周りの大人や子供達もその子に語りかける。そのことで子供は挨拶のなんたるか身をもって知るようになる。挨拶はすばらしいものだと、そして子供は笑って答える。反応する。そして挨拶の大切さを理屈抜きで知るのである。理屈では決してない。この意味を理屈だけで考えるとそこから何も産まれない。ここが理解できるかできないかの大きな分かれ道である。つまり見えない価値が理解出来るかである。」

 

:「では両親の生活や環境が挨拶のもとになる?」

K;「その通り。逆な環境として、子供に最初から積極的に語りかけない親がいる。すると子供は挨拶の基本が理解できない。これは付き合い方の根幹が欠落している生活となる。この環境で育った子は積極的な挨拶の意味が理解できない。言われても強要させられるという感じを持つ。そして大人になり社会で生活するようになると、自分の生活態度の違いに気づく。挨拶の便利さ、必要さを少しは知るようになるが真の意味が理解できない。」

 

S:「大人になってから挨拶を始めるのは遅いのか?」

K:「遅い。先ほど言ったように挨拶は産まれた瞬間から、または母親の体内から始まっている。私達の生活の基本スタンス、生き方はこの時分に決まる。産まれてしばらく経ってからでは得られないある種のものがあって、それが身につかないし、幼児のときにのみつきあいと挨拶によって分泌される体内物質もある(幼児のときのみ)。つまり体内物質の欠落人間になる。身体機能の欠乏のようなもの(カタワ)である。同時に精神的欠乏が生じる。これは差別でいっているのではない。単純な事実である。しかし大人になってからでも少しは挽回できる。ある程度はできるだろうが、しかしいかにも遅い。決定的である。生涯をこの欠落状態で過ごすことになる」

 

S:「後からでも間に合いそうだが? 例えば教育とか。」

K:「そういうものではない。教育はこれらに対し何の効果も持たない。今言うように、幼児期の境遇が問題で、これがずっと後までその子の生き方に影響する。しかも、その子がさらに自分の子供を生んだときにどうなるか? わかるでしょう。 挨拶をしない連鎖が始まるということが。これを続けると挨拶の意味が理解できない隣人がたくさん増えるということになる。これは住みよい社会を作るに最も大切な事柄なのに、これが疎かになるということを意味する。精神的なカタワや不具合者をより多くする。これでは私達の生活が、ガツガツとした思いやりのない生活を互いに強要されることを意味する。これは大げさな表現ではない。勘違いしないようにいっておきたいが、身体的欠陥を持った人はたくさんいる。しかしこれと挨拶ができない人を同じにいっているのではない。間違えないように。」

 

S:「それでも良いという人がいるなら、それでよいのでは?」

K:「そこなんだよね。私達は互いに生き辛い生活を強いてやろうとは思わないだろう。このままでは摩擦が起きるのは最初から予想ができる。これを事前に止めるには、幼児期の子供への接し方にあると思っても間違いではない。これ、決定的。子供は自分が幼児期にみっちり愛情、挨拶を施されたということは記憶にはないし、思い出せないだろうと思われる。しかしその奥ではちゃんと知っている。その子の生き方を決定づけるのである。動機にしろ価値観にしろ、重大な影響を受ける。愛情と挨拶を受けた子は社会の何たるかを自動的にきちんと見えない部分で自覚できる。いざとなったときに無意識に反応できるし、はにかむことも、恥ずかしいと思うことも出来る。改めて教えなくても。しかし受けていない子はその理解ができない。あと付けはできない能力、基本の部分が欠落するからである。当然、はにかむ行動もとれないし、恥ずかしいとも思わない。横柄なままで何も理解できない。この能力はいつまでたっても回復できない。」

 

S:「すると、人格教育にはとくに幼児期の子供への接し方、挨拶が大切だと?」

K:「このことはいくら言い過ぎてもかまわない。社会に出てからはその子の生い立ち、幼児期の体験はあまり気づかないし、知ろうとはしない。それは別だろうという。しかし生きる上の初期、根っこの部分で受けた待遇の結果は誰しもずっと続くのだと思って間違いない。「三つ子の魂」がそのまま続く。後であわてて施しても手遅れ。肝心な点は、後で理屈や知識のかたちで仕込んでも何にもならないことである。これを「付け焼き刃」というが、これは本人も周りも気づかない。お仕着せの教育や、中身のない格好だけの教育(思いやりのない)ではまったく歯が立たない。義務や法律だといってもどうにもならない。つまり嘘のない真心が必要というわけ。

このことは学校の戦後教育では全くその違いが分かっていない。これをよく知っているのは犯罪学であり、昔からよく調べられているものである。これに例外がないこともその専門家はよく知っている。残念ながらこの犯罪学の特殊な体験が社会に生かされていない。犯罪学、犯罪を調べる担当者は、本当は子供の教育現場、学校に直に立つべきと思われる。犯罪を知って、その原因に大いに思い至るものがある。犯罪者を更正施設で直そうとしても簡単なものではない。そのことを犯罪に関わっている人はよく知っているのである。実はこれが子育てや教育現場の第一線で最も重要なデータになる。ここで肝心なのは見えない力、無報酬の真心を子供にどれだけ与えられるかであり、これ以外に何もない。

よく世の中を良くしようという標語が町中で見かける。無数の標語が立派に五七五語調で飾られている。教えられることもあるが、これは殆ど後の祭り。終わってから何かの努力を始めてもまったく効果はない。立派な標語には欠陥のある子供にとってはしゃくに障るだけである。この意味でこれらの気の利いた標語は意味がない。実際にはその周辺で、標語に書いてあることが日頃起きていることを大きな旗や標語で、わざわざ周りに公言しているようなものである。これはまちづくりに役に立たない。」

 

S:「でも私達が日頃気づかないものなら、たいしたことはないと思われるが?」

K:「確かに本人達が気づかないのであればそれで幸せであろう。しかしこの因果が理解できるなら、この連鎖を止めるというのが、皆が住みよい社会になる一つの方法だということが分かる。これが理解できないと、その子が周りと揉めだしたときにその対応が解らない。なぜその子は強力に周りの迷惑も顧みず自己主張をするのだろうと、その真因が計りかねる。しかし幼児期の彼の体験を知ること、その後の生い立ちを知ることで明確に原因、連鎖が解る。彼等のいう理屈はもっともであるが、しかし裏にある真相は幼児期の体験にまで確実に逆のぼる。つまり「三つ子の魂まで」戻るとすべてが解るという意味である。世の中に対しそのまま「はい」と素直に言えない、この挨拶が素直にできない真相があり、そのために世の中にすべて反対をし、周りが困るようにごねるのである。何でもごねる。素直さはすでに捨ててしまっているので、取り返しが出来ない。そして社会の皆が彼に大いに手を焼く。最後は反社会的な行動をとって犯罪を起こす。これはその人物が社会的にどのような立場にあろうが、どのような学習能力があろうが関係がない。そして本当の原因は本人にも分からない。言い聞かせても本人は理解できないので周りの社会は徹底的に困るのである。しかしごねた本人の隠れた動機の中でみると、それできちんと辻褄が合っているのである。これは大人になって立派な地位にありながら、様々な社会運動で、理屈こねながら目立って騒いでいる人も全く同じ部類に入る。人騒がせなマスコミ、急進的組合運動、向こう見ずの迷惑行動の元はみなこの部類である。本人達が気づいていないだけである。

 

S:「たしかにそこまで云われると、挨拶は私達にとって重要なことがらが分かる。

K:「重要どころか、私達にとってこれは生活そのものになる。これなくして私達の生活は成り立たない。挨拶は実際には生活の大半であるから。駆け引きのない挨拶ができれば、私達の生活はお互い八割はしめたものである。そこまでいかない人が増えてきているが、挨拶から遠ざかっている証拠である。そして挨拶をしない人に挨拶の重要さを知らせるのも大切でありながら、先ほど言ったように根の深いもので、単純に「挨拶をしましょう」といっても全く通じない。

ではどうするのか? 一歩手前に戻るしかない。つまり赤ん坊頃に引っ返すのである。具体的には子供を挨拶のできない環境から引き離すのがよい。挨拶もできない両親、あるいは安易な離婚で片親となる者から子供を引き離し、他の親たち(愛情のある)で育てるのがよい。挨拶のできない親は子供を育てる資格、能力がないと判断できる。それくらい責任が重い。子供は単なる飾り、個人の持ち物ではないこと、子供は差別なくこれからの社会を作る重要な財産であることを知らせる必要がある。また子供は個人のオモチャや慰みもの、自慢のネタにするものではないことを親本人に知らせるのがよい。

 

S:「では誰がするのか?

K:「これを理解できる者がタダでやるのである。ゼニ金なんて言ってられないだろう。子育ての解らない人には無理である。また権利意識だけ強く、社会責任を果たせない者は当然、子供を勝手にいじる権利もない。理由もない。子供は大人の単なるおもちゃや慰みものではないのだから。その子はこれからの社会を造るのであるから尚更である。結局社会全体で、みんなが面倒を見ることになる。それしかない。

 

S:「しかし私達の権利といわれるものは憲法で保障されているのではないの? たとえ子育てをまともに出来ない親でも生むだけなら。

K:「これが混乱の大きな原因の一つだと思う。戦後のお仕着せ憲法は、植民地化された国が混乱した政治や混乱した生活の中で、不用意に誰でも個人権利を過大に与え、義務についての罰則はたいしたものは作らなかった。国が混乱するように個人の権利を強く主張出来るようにしてある。これを意味の判らない弁護士(彼もキチンと挨拶が出来ない部類)が金科玉条のように取り上げ、細事を誇大にし、個人の権利を大きく膨らまし本質を蹴飛ばすようにしてある。そして国民同士は権利を最大限に主張出来きた上に、国全体が立派に混乱する仕組みになった。つまり骨抜き政策である。戦後の欧米式の低レベル民主教育(アメリカ仕込み)はこのベースを日本の中で立派に作り上げた。同時にこの反社会的な人材を大切に育て上げて来たのである。

 

S:「まさかそんなことはないでしょう。

K:「これが現実。今は学校の先生や親たちはここらへんをキチント教えないからね。というより知らなくなったのだと思う。昔はみな親たちが体感で知っていたということ。特に戦後で肝心なもの(最低限のしつけ)まですっかり何処に捨ててしまったといってよい。捨ててはいけない肝心なものを。無責任の戦後教育からこれを取り戻すには大変なことなのに。そして権利と個人主義、成績主義だけはご立派に教えてある。社会全体が揉めるように丁寧にこさえてある。」

 

S:「今の教育ではどうにもならないということ? 骨抜き?」

K:「私達はこの簡単にみえる“あいさつ”をおろそかにしてきた。そのつけは大きいと思う。あらゆるコトはこの“あいさつ”に現れる。挨拶に壁がなくなり、誰とも気安くできるなら、その界隈はイヤでも住みやすいものとなる。犯罪は自然になくなる。誰しも互いに気を配り、無視しないからである。どの子供に対しても慈しむことが出来る。生き方の基本中の基本である。そうなると、私達は本当に楽しいことを、ゼニ金言わずとも自分の能力を誰しも自然に発揮できる、そういう世の中になる。ややこしい法律や仕訳、区分、ランキングはそこにはない。昔から日本に弁護士が少ないこと、この商売がはやらない理由はこの辺りになる。今からは増えるかもしれないだろうけれど。

アワこと目次へ

アダスキーDB

 


ISOと品質管理

商売をやる上で、品質管理という名目で日本でもISOというものがはやった。一時は大騒ぎとなった。これがなければ仕事が出来ない。ISOを取得するのが至上命令のような雰囲気であった。これは民間だけでなく、お役所でも同じになった。今は少し落ち着いている。というより仕方なくやっているという会社が多いと思われる。これは欧米との摩擦の一種であり、様々なことを教えてくれる。日本にはこの信奉者が今でも居る。本質が理解できない者もいるからである。

もともとこの発想は日本の企業が発信源に結果的になったのである。日本は安くて品質の良いものを製造できる。なぜこれができるのか、欧米社会はあるとき、本当にこの原因を研究しようとした。そして彼等なりに日本に来て徹底的に陰でこそこそ研究した。西洋はその手法のいくつかを日本の企業の中から発見し、「これはいいや」ということで彼等なりに解釈理解をし、その後これを元に時間をかけて西洋の規格を作った。そしてこれが「ISO」という形で世に現れた。発信源の日本からすると、相当に変形をしたそれを見て、日本人にはすぐには理解出来難いものであった。しかし逆に日本人の中にも直ぐにこれに馴染んだ人もいた。

欧米社会からの圧力でこの規格を、その後大企業から小さな個人商店まで強引にはめ込もうとした。西洋から来た世界規格ということで西洋かぶれの人はこのときとばかりにこれを信奉した。このような人はいつもいる。本質ではなく一時のかぶれである。

さてISOが進むと、その食い違いも沢山出てくる。なぜなら日本人に対してはその規格は木で鼻をくくるようなものだからである。高度な民度を持つ民族に、そうでない民族のやり方を押しつけても役に立たないからである。およそ意味がない。丁度、小学生が作ったマニュアルで大人達が一生懸命仕事をするのと同じなのである。権威と格好だけは大げさにつけてあるので、云われる側は恐れ多いと控えているものの、何を目的にやってるのかと怪訝なままである。いわれるようにやってはいるが、未だに最終目的がわからない。「レビュー」といって仕事を追っかけして、記録や証明をしている間に、真の仕事は先に進んですっかり終わっているからである。業種によってはこのようになる。特に手工業などの仕事は意味がない。それが無くても日本人はりっぱな仕事、製品を作れるのであるから、決められた規格で製品を権威付けするのではなく、製品そのもので価値を証明するがもっとも良いのである。どうしても規格が必要であれば、あとでくっつければよいのである。ISOは新しい発想をつぶしてしまうものにしかならないし、後追いでくっつける規格にしか見えない。新しいものを造る、生み出す思想はどこにもない。

ISOのもう一つの特徴は、思いやりがさっぱり見えないことある。製品を作るに最も大切なものか何かを知らない考え方なのである。ISOそのものは使い方はあろうが、少なくとも物づくりの日本人には合わない。ものつくりの基本は規格から始めるのではなく、最初から思いやりと発想であるからである。溢れんばかりの思いやりで、日本人は良いものを作ってきた。これは人を疑うことを基本とするISOの思想とは全くかみ合わないし、最初から必要ではない。ものをつくる哲学が最初から差がありすぎて、話にならない。

ではISOの本当の目的はなんであるのか? 一つめは信頼のおける品質のものを作りたいということになる。これは私達と同じで、信頼は私達日本人も同じ考えを最初から持っている。しかし日本人は欧米のように他人も自分も最初ら深い猜疑心でみてはいない。逆に最初から信頼して部分が多い。この違いは大きいと思われる。どこまで信用するのかは私達の心のなかで既にあり、JIS規格以上のものを作っている。これで十分なのである。これ以上は互いの信頼と製品そのもので評価してきたのである。規格では判定できないものである。

JISの規格ですといって自慢する企業は最初から日本にはない。当たり前だからであり、規格があわないと困るのである程度の範囲を決めているだけである。むしろJIS規格より遙かに精巧なものをいかにつくるに心を砕いている。

二つめは欧米の考えは規格や、規定が好きな民族で、世界中をその規格に当てはめようとしたがる。これは権威主義のようなもので、基準や規格の頂点に立ちたがる質、プライドからくるものである。キリスト教を押しつけるのも同じ感覚なのである。思いやりからくるものではない。日本人は思いやりからよいものを作ろうとする。この違いが彼等に違和感を生むのである。日本人は正直なので、「そうですか」といってまじめにISOに取り組むが、そのうちにその本質がなんたるかを感じ取り、適当に付き合うようになったのである。ISOに今は特に罰則はない。そのうちに罰則も作られるかもしれないが、我々日本人には付け足しにしかならない。必要性が無いのである。必要であればすでに昔から自分なりに、各人が独自の方法で行っていることである。しかもそれは日ごとに変化し、進歩していくであろう。これは彼等には真似が出来ない。

三つ目は、ISOは手順が多く、作業の段取りを事細かに説明し、過去にさかのぼる記録が必要とされる。仕事によっては必要性は明らかであるかもしれないが、我々は今までそれぞれの分野で必要であればすでに行ってきている。業種によっては実際にはこの作業は毎日変化し、いちいち記録すべきものでもない。これは個人の中にしまわれているもので、刻々変化するものである、こだわってはならないものである。特にアイディアを必要とする行程はそうである。ISOは後ろを向きで仕事をしようとしているように見える。前向きではないのである。よき物を造るにはアイディア勝負であり、そのための努力が本質であるが、それをさておいて決まりにのっとり手続きとその記録を最重要としている。本末転倒である。方向が逆を向いている。

四つ目はISOは採算性を全く無視していることである。消費者の信頼の名の下に、採算はどうでもよく、ISOを信奉して、熱心にやってそのせいで会社の効率が悪くなり、倒産してもそれはISOを管理する側からすると、どうもよいことになる。ISOの監査員の中には「ISOをしっかりやって、その後つぶれた会社がありますよ。ははは・・」という愉快げに笑っている者がいる。これを聞いた会社側は唖然とする。彼等は何の疑念もないことであり、それでよいのである。自分の役目は立派に果たしたと信じている。またISOを発想した側はその目的を達しているのであるから。それをよいこととして見抜けない日本人の監査員は間抜けに見える。

ISOはピラミッドの支配構造(頂点を持つ三角構造)で物事を構えて支配し、型にはめようとする。これがすぐに目につく。権力的、聖書的なのである。日本の社会ではこの頂点は要らない、調和の思想であり、支配という思想がない。丸い思想であるので頂点がないのである。各人が中心を持っているがそれが生まれる以前から互いにつながっているので、強いて頂点、支配者を持つ必要がないのであろう。形で強いて言えば、丸いのである。今の調子でいくと、ISOだけでなく、欧米が日本を理解するには長い時間、数千年あるいはそれ以上がかかる。つまり、人間や自分たちの生かし方、あるいは日本人自体の生かし方を知らないからである。同時に人間と自然の関係を私達ほど知らないということなる。理解出来る訳がない。逆に日本はこの先天的な能力を、これを機に種々な面で今後ますます生かす必要がある。しかも無報酬で。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 


ペット

私達は愛玩動物をよく家で飼う。珍しいことではない。今では私達の生活には欠かせない生きものとなった。昔はそうでもなかった。今ほど動物に気を遣わなかったのである。動物もよく心得ていて、何も躾つけがなくても主人を尊敬していた。動物の境遇も今ではかなり変わったのである。実際に変わったのは人間の方である。

なぜか。私達人間に崇高な威厳、存在感のようなものが無くなったからであろう。犬などから見てみると人の価値が下がったのである。動物はその点、敏感であり、人間の威厳、価値を感じて、自分より精神的に上位か下位かを自然に判断する。最初が肝心である。そして自分の地位を計る。そこに住んでいる人間家族を含めて生きものの順位を自分なりに決めるのである。これは犬などに限らない。昔は農家で家畜を飼っていた牛や馬がいた。この動物も主人や家族をよく理解し、その地位をしっかり自覚していた。

以前の人間の主人はそれなりに存在感があったのであろう。犬が勘違いをしてうわ手に出ることは決してなかった。今は逆転した飼い方をしている人が多い。犬が勝手に判断して、自分が上位と勘違いをするのである。それほど私達の存在感は薄くなったということである。では何を感じて動物達はそれを知るのであろうか。生きものはその点、私達人間以上に自分の立場を敏感に知るからである。死活に関わり、疎かには出来ない問題でもある。教えなくてもあらゆる動物は知っている。それが生きものである。実は動物だけでなく、植物も同じようであるが。

つまり私達人間がしっかりした考えを持っていないこと、頼りないと、この辺りを動物は感じるのである。私達の考えの内容そのものをかれらは知る必要はない。人間同士の会話や約束事など覚えなくてもよい。態度と目つきで大方それがわかるのである。ということは昔の人は自分のしっかりした考えを持っていたということになる。例外もあるだろうが。

現代はこれが無くなった。その結果、愛玩動物から見下げられたのである。動物の躾つけ以前の問題である。私達は精神的に自立する力が無くなっている。頼りなくて生きる土台を持っていない。そこで寂しいために動物を飼う。その結果動物から足元を見られ、逆に動物から人間が精神的に飼われているのである。単に上下の差別を問題にしているのではない。見透かされているという意味。

動物から慰められるのは、今時はセラピーといってそれはそれで助かるが、本来私達は動物ではなく人間は互いに人間や自然に正面から向かい合うのが正道である。これが出来なくなったのでどうするのか? 動物を慰みとして飼うことになる。つまり代償である。しかし人間としてキチンと対峙できない者は結局動物にもキチント対峙できない。よく見かけるように愛玩動物に着物を着せるのはよいことかも知れないが、本来動物は嫌がるし、全く裸のままがかれらは最も住みやすいのである。訳も解らず過剰なサービスをするのは意味が全く無い。人間の思考能力を疑われている。

私達は実際には、人間自体が最も扱いが難しい。間違うと大変であるし、トラブルが生じるととんでもない攻撃にもあう。それやこれやで家族、隣人、友人とまともな付き合いが出来なくなって、結局その交際を遮断してしまう。やり方によれば本当は人間付き合いが最も素晴らしいし、自分のためになることである。が本来の私達の役割を捨ててしまって、人間付き合いをいい加減にして、なんと動物だけにやたら目を向けてその代用品で済まそうというのである。これで元の人間同士や社会との関係が旨くいくわけがない。本来の人間の役目を捨て、人に対し尻を向けたまま動物側に集中し、では本当に人間の幸せが期待できますか? 

私達は近年、人を大切にしなくなった。金で全てが解決できると勘違いしているので、尚更である。実際には何も解決していないのに、壁で遮断し、顔を背けて手だけ出しながら、金銭のやり取りで付き合っているのである。ドアから手だけをだして済ませている。そして本当に気心が知れるのは愛玩動物ですと言っている。人間はイヤですと言って。

私達は人間を捨ててしまいつつある。人は付き合い次第ではこれほど素晴らしい生きものはないのであるが、そのことを知ろうとすることなく、つまらない面だけを目にし、あとは何も気づこうとしない。実にもったいない生活をしていると言われても仕方がない。愛玩動物に愛情をかけてもそれ以上、人は進歩しない。人間は人間として人と付き合ってこそ自分を育ててくれるのである。動物は人間を本来の意味で育ててはくれない。動物が私達の主人でもない。私達はそのような動物とは全く違った本来の役目があると思われる。人間としてはこの意味の中で人や自然(動物を含めて)との付き合いがある。本体を忘れた偏った付き合いはいよいよ私達を小さな世界に閉じこめてしまう。

私達がそれぞれに実際に行うことは決して大げさなものではない。最も身近なものであると思われるが。それすら満足に出来なくなっている。私達の身の回りにはあまりに便利なものがありすぎて、目くらましを受け、本当にやるべきことも見えなくなったのである。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


地球での不思議への探求

地球では無数に不思議や疑問がある。しかし適切な解答は自分でも探し出せないし、誰もその疑問に解答を与えてくれる者もいない。さしたる資料もない。自分で探すしかないが、それを探し出したと思ったら、既に自分が老いてしまって何も出来ない。結局たいしたものも探せなくて、大騒ぎしただけとう人もいる。きっかけを見つけただけで有り難いくらいである。カスリもしなかった人も大勢いるのであるから。

終わったあとで逆から見ると、実に簡単な仕掛けであった。要は地球を脱出すればよかったのである。たしかにヒントがなければそれは簡単ではない。まず素手で宇宙には出て行けない。ロケットや宇宙船が必要である。そして何も知らない私達地球人は、情報なしではまったく歩き出せない。

ではどのようなヒントが必要だったのだろう。これは結果から言えることあるが、まず包み隠しのない本物が必要であった。もう一つ、私達は争い事を止めるべきであるが一度もこれを成功させていない。これが大きな原因だったようである。心静かにする術を知らなかったのである。思いっきりばかげた争いに大いに明け暮れた。これが大きな原因である。こんなつまらない地球人には何の価値はあるはずもなく、誰も本物を教えなかったし、教えられる雰囲気ではなかった。キチガイには誰も近づかないということ。たとえ他の惑星人でもこれは無理である。

普通の議論では何も解決はしない。しばらく地球に住んでいるとこのことがよく解る。目先のシステムとかいって、新しい約束事や概念などをいくら積み上げても、何の効力もない。自画自賛に過ぎない。変えるのであればもっと基本的な部分、最初にある基本の考え方を変えるしかないことが判る。今までのように部門別に定義や仮定、方程式を立てても役に立たない。私達は分裂した専門分野の中でしか物事をはかることが出来なかった。また縄張りの縛りもありその方法でしか手が出せなかった。つまり枝葉末節で何事も満足し誤魔化してきたのである。全体に通じるものは何一つもっていなかった。これで旨くいくはずはない。枝葉の方から始めたのであるから。

末端は末端のままである。末端から始めることは一見、手早いが、実は何のまとまりもない。全体を見ている者が誰もいないのであるから。枝葉だけが伸びてもそれはあだ花に過ぎない。根が何処にもなかったのである。決まらないので、そこで多数決という方法をみつけてこれでローカルに決めてきた。今はこれを民主主義というのであるが、これは最初から叡智を用いない愚民政治である。これで満足してきたが、これでは不思議への探求は出来ない。いずれ挫折するし、すぐに変革や改革が起きる。そして止めどもないやり替え、ひっくり返しが生じる。いつも抜本改革だといって声を荒げて主張をする。

このように末端の積み上げでは全体が見えない。全体を見るのは、「神様」だと私達は思っている。遙か彼方にいる神様だと。実際にはその神様を私達は皆もっているのであるがそれを一切使おうとはしなかった。ごまんとある神様を堂々と使えばよいのに。実にもったいない話である。

出しゃばることなく、各人にはその神性がある。個人の自慢抜きでそれを出せばよいだけのことである。この神性は単に個人のためにだけ備わっているものではない。もちろんこの能力は無償で自分以外の他の人々のために備わっているものであり、素直にそれを利用する方法である。

この使い方を各人が行うと、私達の生活の不足なものは何もなくなる。大自然は私達の元からの協力者なのであるから、障害になるものは一切なくなる。これは他の惑星の人々の生き方である。これが本来の私達の生き方であり、自然なのである。人間にとって障害となるものは人間本人しかいない。他は全て味方である。

私達は最初、不可思議を探求した。自然は多くの法則に見えるものを私達に示し、自然の働きを教えてくれた。その探求心と成果をもって私達はいつの間にか、この知恵を金銭の価値観に変換する方法を編み出したのである。ここでおかしな事が起きた。つまり自然探求が営利目的に変えられ、自然の法則を見つけるのが、大きく歪になってしまったのである。これでますます私達の前には神様が隠れて表に出なくなってしまった。醜い個人の欲望がいやでも絡んできたので、神聖なものは何処にも感じられなくなったのである。

そして自然の探求はついに単なる金儲けとなった。おもしろくも何ともない出来事に変化したのである。そこで私達の文明は進歩しているようであるが、一方で何もおもしろいものがなくなった。ただ便利になっているが何も幸せにつながるものがどこにもないという状態になった。 「便利だ」「だからそれがどうしたの?」となる。

便利なだけ、一方で不幸せな人が増えるのは、これは根本が間違っているに違いない。やっている本人達も何処が間違っているかを全く気付いていないし、答えることができない。一部の勝ち組の人達が「これはいい」といっているに過ぎない。他の大勢は何もおもしろくはない。無数の階段状の差別と極端な格差が広がる世界である。このような世界は早晩、止めた方がよい。枝葉から始まった付け焼き刃の文明は早晩崩壊する。再構築するだけの余裕もないしアイディアも出ない。最初からやり直すしかない。もっと自然に沿った地道な生き方に戻すしか手がない。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


銃のない社会

銃のない社会は現実には世界で見渡せば日本などがある。庶民が護身や殺人目的で銃は常日頃持っていない。しかも犯罪発生率は少ない。結局、銃で犯罪を予防は出来ないということである。逆になる。

しかしアメリカのように護身や攻撃を基本とする国民性は、丸腰を許さない。本能的に銃で身を守るのである。そのような社会を先祖の生立ちから体験しているからであろう。理由の一つに互いに相手を信用していないという基本的なスタンスがある。人を最初から信用せず、疑ってかかること、互いに相手のものを力ずくで奪い取る性癖からくるのであろう。ところが日本人は逆に最初から相手を信用する。互いに何事も譲り合えるので、本来銃は要らない社会なのである。

そこで不要な摩擦、不要な探り合いをしないので互いに話が早い。つまり物事が「さばける」のである。これも実際には条件があるが。つまり日本人同士の身内であるということになろう。他の国では最初から相手をだます、誤魔化す、裏切る、というスタンスで立ち向かう。だから身内でも効率が悪い。他人なら尚更である。多くの手間がかかるのである。仕事の内容に限らず、あらゆる範囲の商売でもみな引っかかる。日本人同士はこの事前の手間が不要なのである。この点が外国人から理解できないのであろう。

さてどちらが利口なやり方であろうか? 結論は明らかである。不要な防御は最初からする必要がないからである。これを進めると、その効率はとめどもなく良くなる。しかし他国からは理解できない民族となる。

戦争しかり。日本人も戦争はやった。やむにやまれず嵌められてやってしまったが、日本人風にやって、一時は戦争技術が優れ、旨くいったのであるが、しつこい反撃に遭って負けた。日本人は相撲や柔道と同じ要領(いさぎよさ)をもって戦争したのであるが、勝ち負けの判定が日本とは全く異なっていた。結局しつこく大陸風や西洋風の戦争はやらない方がよかったということを、体験でたくさん学んだ。

では昔から日本人はなぜお互いを信用できるようになったのであろうか? これは大変に遠い昔の因縁があるような気がする。単にそのような変わり者の国民がいたということもできるが、残念ながらこの日本人の良さ(自画自賛であるが)は日本でも世界でも正当に評価されていない。世に勝ち負けや採算性、売上高だけで判断しようする風潮がある。日本もこの判断をする者が戦後に大勢い増えているが、基本は全く違う。人がよくて大ざっぱでおおらか、いい加減で人が良く献身的であるが、これが理解されていない。人のよいこの生き方が、西洋からみるとバカに見えるからである。

しかし銃が無くても社会秩序はキチンと守れる。これは確かなことである。やたら立法、法律、制裁、裁判などが無くても立派に維持出来る意味である。ここでは銃が不要となる。私達日本人も昔からすると(縄文時代より)精神レベルはかなり落ちたようだか、まさにそのよき実例である。制裁や規制、脅しで住み良い社会は決して出来ないという基本が、銃社会の人々は理解できないし、直ぐには到達出来ない壁がある。

日本人は「どうも、どうも」の挨拶が多く、この意味を含む内容が他国には理解できない。この曖昧さの挨拶が全てを表現するのである。私達は大陸や西洋文化から、立法社会は進んだシステムと教えられ、このことを分かっていない日本の識者がやたらこれを広めたので常識になった。がこれは逆である。大陸系は考え方が粗雑で、相手に対する思いやりが稚拙なので、正面からの手続き、立法がいやでも必要になっただけである。

これは別名、民度という言葉でも表現できる。曖昧であるが、あらゆる意味を含めて挨拶をする。そして手順を省くのである。警戒する必要がないので、それだけで済んでしまう。この社会では銃はもちろんなくてもよい。銃や法律は手間ばかり掛かって邪魔になる。銃がない方が直ぐに本論の話が出来る。声を荒げた確認や言葉で縛る必要が全くないのである。リスクのための対策や高価な弁護士も要らない。

銃社会で平和を維持するのは大変である。相手の何処までを信用するのかを計る必要があるし、リスクの計算を常に怠らないよう警戒が必要である。そして騙しを防ぐために膨大な法律書、契約書、保険条項を慎重に吟味し、いざという時の対策を怠らない。一旦トラブルなら弁護士を雇って正当性の証明をし始める。自己主張は激しいのである。日本人からするととても恥ずかしいくらいであるが、はずかしい感覚が彼らには全くない。だから意見はうるさいぐらいに強調する。イエス・ノーを大声張り上げてはっきりさせるのである。最後には裁判に勝てば真実はどうでもよい社会になってしまう羽目となる。一体いつ平和が来るのだろか?という感じがする。 実際、平和はほとんど考えていないようである。その前に銃が要ると言い張っている。周りや他の民族をその銃で脅すのが古来から彼等の生き方、しきたりの基本であるので、他民族を奴隷にしても平気で何も疑問が湧かなかった。それが理不尽なことであるということに今でもトンと気づかない。

もし真の平和が欲しいのであれば、銃は最初から考えないのが本論である。銃など威嚇攻撃用の兵器開発の発想をしないのが条件である。日本人なら誰しも解ることであるが、銃を愛する人々はこれが全く理解できていない。この深層に横たわる性分はすぐに直るものではない。長い間に培った民族の性分は長年月をかけないと直らないし、気づかない。日本では弁護士の数が少ないと言われる。だから増やせと言うのはばかげている。弁護士の多い国の真似をするのはナンセンス。弁護士は居ない方がよい。同じように法律も同じ。それほどトラブルが少ないという意味になるのであるから。立派な弁護劇をよくドラマで見るが、これもさして意味がない。争いは少ないのがよいのであり、争いに勝つことは大して立派なことではなく、実際には野蛮なことである。日本人の間では裁判沙汰になると、人間関係が断絶されることを事前によく知っている。これはやりたくないのである。本質は争いを最初から予知をして無くすことが、知恵ある者の優れた生き方である。

もちろん日本人の中にも銃社会に賛同する人もいると思われる。また日本人は他民族を全くいじめなかったとは言えない歴史を一部持っていることは事実であるが(やむなく)。日本人全体がそうなのではない。多くの他民族(大陸系)が縄文の後に移住混血し、転生もしてきているのであるから。今でもその良さがまだ少し日本に残っているのが幸いである。日本では今後ともこの残り火を維持する必要がある。これが身の周りからかき消えると(大陸化)、私達日本人そのものは生きる意味、価値そのものが殆どなくなる。とほうもなく低レベルの民度を持った民族が、世界中で大量に増殖し徘徊を始めているからである。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


プライドについて

私達は互いにプライドが高い。個人でも当然であるが、それぞれの民族独自でもたくさんのプライドを持っている。その使い道は世界中に汎用的なのである。

プライドは誰しも悪いとはいわない。むしろ「プライドを持て」と鼓舞している。子供にもそう教えている。美徳のように思え、良いことのように映る。しかもこれは上流階級から下層の階級までみな持っており、その重要なことには私達にとって変わりない。貧乏な人もそれなりにあるということである。つまり貧富の差はなくプライドは大切なものになっている。プライドは一つの生きる糧になり、力になるものである。プライドがなくなると誰しも萎えて生きていく推進力がなくなるものである。「自分はこれだけのことが出来るのだ」という確信と負けん気を起こすもので、明日への架け橋にもなる。地球人であることの一つの証になっているかも知れない。

ところでプライドは使い方を間違うと、周りには大変に迷惑のかかる代物になる。内に秘めている間はよいのであるが、それが周りに鼻をつくようになると、迷惑をかけるのである。このようにプライドを持つのは両刃の剣であり、鼻持ちならないことになる。これではプライドは役に立たない。つまはじきの元になる。本人が全く知らない間に、良いと思っているプライドが、周りには大きな荷物になる。社会的な迷惑にもなる。

またプライドはヤグザでも大切される。顔が立たないといって命をかける羽目になる。気質でも同じで、プライドが立たないと面目がつぶるといって、今いる場所から逃げ出さなくてはならない。ある時は死ぬ羽目にもなる。恥をかかされて生きていけないのである。こいうなるとプライドは生きていく最低限の動機になっていることが分かる。プライドが保てれば、周りは「立派ですね」とほめてくれる。そうでないと馬鹿にされる。「あなたにはプライドというものがあるの?」とも責められる。

プライドの質や内容が問題なのかも知れない。個人的な目的のみの場合、そして個人でではなく広い意味のプライドがあるように思われる。個人的なそれは子供の頃にほめられた続きをそのままやっているもの。「あなたは偉い」と褒められたことがそのままであるというもの。そして動機が狭く、個人の満足に終わっているもの。本来はそのプライドは個人から広いものに変化していくのがよいのであるが、あくまで個人の中にしまい込まれてきたものなどである。

このようにプライドは使い方次第で大きな働きを与える。またときにプライドは嘘をつかせることもある。個人の持ち物だけにこだわった者は、いつまで経っても自分はともかく立派だと勘違いしたままなのである。最後は誰しもそれを見てうんざりするのである。そのプライドが横着さをもって磨きもかかるからである。

プライドの逆は謙虚である。謙虚さはプライドを一見、なくしたように見えるがそうではない。謙虚さが本物になると、プライドは要らなくなるのである。プライドは別物に変化する。

ところで大自然は私達のようなプライドなど持たない。不必要なのである。しかし私達より偉大なことを平気で行ってくれる。このとき私達のプライドのようなものはじゃまになるだけであるが、自然は私達より遙かに偉大なことを易々とやってのける。私達のようにプライドをひけらかすこともなく、さっさとやるべきことをやってくれる。が私達はこのことをよく知らないし気付かない。自分の小さくてみすぼらしいプライドについては非常に敏感であるが、肝心かなめのことをよく理解していない。

私達は先ほどのように子供の頃に褒められる。しかしこのときの記憶をそのままに続けて、精神が小さなまま、みすぼらしいままに終わってはならない。褒められるのは大きな動機になるが、そのままにしては次第にみすぼらしくなる。グンと大きな動機に変化させる必要がある。大きなものとは自然の働きそのものである。これが謙虚さに変化させる見本のように思われる。

子供ははっきりした動機が必要である。これが褒められ、プライドを持つようになる。次に相手を思う謙虚さを同時に知らせないと、次のステップアップが出来ないままとなる。謙虚さに変化させることが出来るなら後は自力で何でも出来るようになる。つまり社会の面倒がみられるようになる。その手前のままではいくら大人になっても、老人になってもその子は社会には役に立たない。プライドだけ高い欠陥人間のままであるから。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


物売りと界隈

物を売ることのみを目的とした店舗、最近でいえば、郊外大型店舗がある。この目的は今までの地元の店舗や界隈を全く無視した営業形態で、唯一の特徴は、売るための努力は無限にするが、人に対する本当の思いやりがなく、あっても大変に希薄であり見せかけである。そのためにいままでの町並みを全く無視すし、共存というようなことは考えない。その余裕は全くない。利益の権化になった姿である。

ところで町のみんなで作る「界隈」は人を発酵させる。発酵とは生き生きさせること。大型店舗にはこの界隈という思想がない。最初から持っていないのである。売らんがための店舗であり、界隈というイメージは持っておらず、そのために作ったのではない。界隈を醸成するには時間がかかる。そのような手間のかかることは、大型店舗はしない。申し訳程度に広場を作るが、客寄せの一環で本当の思いやりが何処にもない。彼等は何処ともなく現れてあっという間に化け物みたいな店を作り、周辺をかき回してそのうちに去っていく。

界隈は人を育てる。人の幅を持たせるのである。良くも悪くも。しかし大型店舗はそれがない。企業努力、イノベーション、技術革新、採算性、これらは盛んに追求されるが、界隈の効果やその有効性には気づいていない。もちろん、界隈は利益のみを目的としていない。強いて言えば人作りを無意識にその目的としている。効率が目的ではない。全くその精神が異なるものである。

だから大型店舗が沢山できても「町」は出来ない。「界隈」は成立しない。子供は育たないのである。つまらない子供はいっぱい出てくるが、おもしろい子は一人も出てこない。

私達はいつの頃からか、利益が出ればよいと短絡に考えるようになった。利益最優先である。しかも銀行も後ろにくっついている。この一年以内に、三年以内にと期限を切る。そしてあげくが、この大型店舗の出現、隆盛になった。そして本当に話せる人はいなくなった。なんのために生きているのだろう。ガツガツと利益が優先だと言い張っている。何も判っていないキチガイである。チンケな利益がすべてと勘違いしている。そして経営者はそのチンケな価値観(のぞき穴)からこの世を見ている。利益の隙間と、節穴から世の中を覗いているのである。そのみすぼらしい価値観は、地球ではそれなりに使い勝手があるかもしれないが、ただ地球の片隅だけの話で、非常にローカルがということにまったく気付いていない。恥ずかしいぐらいのローカルな価値観なのである。経営者は別の価値に気づいていない。価値観と哲学が貧相なのである。たしかに貧相な民衆にはそれが最も似合っているという考えであろう。

これは自然に対しても同じようなことが起きる。単純な目的で自然を開発すると、その自然は元に戻るのが大変である。私達人間が考えている“利益”などという意味のない目的は、自然には無関係である。それで強引に自然に手を加えると良いことは何もない。自然が自分でやるやり方は、実に精妙である。小さな生きものから大きな生きものまで、すべての思いやりにそつがない。そのように組み込まれている。これを人間の社会に当てはめると、これが正に界隈なのである。

ところで私達の生活の中にある無駄は生きる糧のように見える。江戸の文化もそうであった。思いっきり無駄があったのである。実は意義ある無駄であった。短絡した考えではなく、長い時間が経つと無駄の意味が判ってくる。この時代は世界にまれなる大きな文化が花開いた。これが界隈である。これは無意識、意識的に出来た界隈で、それに沢山の人が集まり、有機的な文化が花開いた。幕府はこれを強いて規制しようとしたが、あまり規制をきつくすると界隈は萎縮した。緩めると自由に開花し、思いもしない文化を生む。一見して途方もない無駄がおもしろい文化を生むのである。おもしろい子供を育む。これは人の妙である。効率だけでは旨くいかない。一見無駄であるが、みな意味が深く、大自然のようにかみ合わせが出来るのである。

子供に何かを教えるには今では学校、学習塾などやこれに似たシステムがあるが、これだけでは人材は決して造れない。その目的と動機が全く異なるからである。成績を上げて個人が成功する。これは規定のもので、社会的には何もおもしろくはない。それぞれにほんの個人的なことに過ぎない。人を管理するには(役人になること)この成績で通用する。しかし人を育むと個人だけでなく、社会全体が活気づくのである。これはやってみなければわからない。短絡した目的の学校や学習塾みたいには決まらない。私達は無駄の効用を今ではほとんど知らなくなった。鷹揚で一見出鱈目であるが、人を沢山愛する育て方はレベルの高い人材を育てるのである。十年二十年では判らない。五十年百年経っても判らないのである。そのようなものをケチケチした今の考えでは人材は育たない。昔はそのようにいい加減な人々がいたのである。だらか日本にはおもしろい文化が育った。

これから育つだろうか? 今のままでは無理である。昔からしたら相当に低次元化して、何でも利益、効率、BCといってその成果を求める。研究成果や論文をしつこくせがむ。すぐに短期の結果が欲しいとせがむ。1年に以内めどをつけろなどと銀行がせっついてくる。担保を取り上げると脅す。これでは人材が育つわけがない。

ところで、いままでのように雲をつかむような考え、理念のようなものは本来男にしかできない。もとより男はこの意味で遊び人なのである。というよりこれが男の明確なもう一つの役目なのである。これを女性にやらせては酷である。しなくてよいように、男と女はそれぞれに適性が元から割り当てられている。これを無理して(平等といって)代替わりする必要は全くないのである。素直にそれぞれの役目を果たせばこれが一番である。男の役を強いて女性に横取りさせることは酷である。しない方がよい。

界隈はそうやって旨く男、女を使い分け、仕分けしてすばらしい文化を創造してきたのである。今のように西洋風の低次元化した男女平等や誰でも均等な選挙権といった、子供じみた平等を主張することもなかったし、それ以前に互いの尊重はいやというほど判っていたのである。これは本当の大人の男女付き合いを互いにしていたということである。別の言葉で云えば、この社会の特徴は、大人の感覚と思いやりがたくさんあったということになる。

今の市民はこの高度な男女の相互理解が段々と難しくなってきたのである。低次元化し、子供じみているのでうっかりしたことが云えない。訳のわからない子供じみた「差別」「権利」「個人的権利」「個人情報」と言い張って全く意味が通じないのである。投票権さえあれば平等で立派であると信じ込んでいる。何でも男女同じくすれば立派と勘違いしている。まったく同じくして良いことはそれこそ一つもない。これは次元の遙かに低い白人の受け売りに過ぎない。男女の役目と特徴をすっかり忘れてしまっているのである。これからもこの傾向が続くだろう。界隈の本当の話も出来なくなる。低次元の西洋文化の平等思想の影響は恐ろしいものである。日本人にとってこれは自殺に等しい。これは男女差別を言っているのではない。そのような安っぽい一元論で話をしているのではない。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 


便利さのつけ

便利さは私達には重宝である。何でも便利な方を選ぶ。不便なものは使おうとしない。時間がかかるからである。金にもならないと。

このことは誰しも何の疑問も持たない。この便利さの陰で私達は大切なものを沢山捨ててしまった。これに気付いていない。例えば洗濯機がある。昔は洗濯板を使って手洗いであった。いつの頃から各家庭に電気が来るようになってからは、便利な洗濯機が使われるになった。洗濯機も最初の頃ほど高価でもなく、今では手軽に買えて安価でもある。持ち帰ってすぐに使える。

昔の洗濯はどうであったか? 水道もない昔は水場や洗濯場が重要な社交場であった。今では水道はどの家庭にも立派な蛇口があるが、これを洗濯機につなげ、電気をつなげ、排水管につなげるとそれで簡単に洗濯がいつでも出来る。これほど便利なものはない。昔の洗濯の社交場はそれこそ主婦の重要な場であり、触れ合いの場所でもあった。情報もそこで得られた。その触れ合いで良くも悪くも多くのことを知るし、付き合いはもちろん嫌なこともたまにはあったと思われる。しかし濃密な付き合いも出来きた。これは重要な勉強の場であった。

しかし電気と洗濯機の出現で、社交場がなくなった。その代わり他の社交場で人々は集うようになった。ではそこで昔ほど濃密な付き合いができるのか?これがそれほどでもない。それなりの一辺通りの付き合いはあるが、昔ほど知恵は出ないようである。生活の知恵は他でもあるし、これ位の知恵は何処でも手に入る。有り難みのない知恵ははいて捨てるほどある。この手の情報はいつでも手にはいるのである。便利さ故の低価値化でもある。付き合いが薄っぺらで気持ちを伝えるものがない。デジタルで即物的であり、あっけない。

食事もそうである。昔はすべて手作りでしかも家庭料理が基本であった。いまではその半分もしなくなった。外食や、出前、出来合いの料理、コンビニ弁当と便利なものはいくらでもある。そして食事の時間も家族がみな勝手に済ましてしまう。この結果、私達には家庭での料理を楽しむという最も基本的な付き合いを薄くしてしまったのである。団らんは次第にしなくなった。これは家庭のつながりが希薄になったということになる。テレビやスマホをしながら食事をし、団らんは雰囲気もなくなってしまう。その結果家庭付き合いは薄っぺらとなり密度のある付き合いはしなくなった。というより出来なくなった。

この電子機器については人間付き合いを分断する働きが顕著である。例えば子供にゲーム機を買い与えると、子供達同士はその付き合いが本当に薄っぺらになり、その殆どを機械に気をとられる。一心にゲームに気をとられては人付き合いが出来るわけがない。ゲームを造るメーカ側はよりゲームに熱中するように殊更上手に造っている。ゲームかよく売れるようにという単純な動機である。これが人間関係を薄っぺらにするなどとは考えていないし、なったとしての何が悪いということになる。自分は売れるゲームを造っただから自慢したいのにと。そして大人達はそのことに気付いていない。それどころが自分達もゲームや携帯電話にはまっており、機器の操作に忙しいのである。心育てどころでない。子は親を見ようとせず、親は子を見ようとしない。この状態は野放しになっており、放埒な社会をこれから造るのであろうという危機感は全くない。これは完全に世の商魂、商売に飼い慣らされた家畜、ゾンビの状態である。人間は何処へ行ってしまっている。

このように家庭の生活もすっかり変わった。勝手な個人の生活が出来るようになった。親は金さえ子供に与えればそれで済んでしまう。そこで金銭的に余裕のある奥さん達は結局することがなくなり、子供の勉強にいやでも目が向く。昔は子供は親の背中を見てきた。今は親が子供の背中を見て勉強しているかを監視している。経済的に苦しい親はその子を見る暇もないので、隙間を見て子供の勉強に鋭いゲキを飛ばすのである。またそのうちに子供が親に見向かなくなると、放置状態になりコントロールは効かなくなる。精神的な余裕などはありもしない。

便利さを求めた結果、あらゆる生活手段の一瞬一瞬に有り難みがなくなったのである。一つの行動をとっても重みがなく、瞬時に終わってしまうことは、私達を奥ゆかしさから単純な処理に変わってしまった。何でもないことは正になんでもなく過ごしてしまって、それっきりである。ではこれを超える触れ合いを私達は何かで得られるのか? これを実は便利さ自体に気をとられて忘れてしまったのである。もちろん便利さ以外に何かを求めていたわけでもない。単に便利になった単純な現象である。それが知らない間に、私達の付き合いの薄さに変化してしまった。人同士の付き合いが出来ない人々が多くなったのである。これは文明の単純な便利さと密接に絡んでいる。

同じことは、私達が金銭を主体にした生活をあまりに重視し、生活が金銭で切断され、人の交流そのものがあっさりと切断されていることにも現れている。金銭は便利である。しかしこのために大切なもの、人と人の間で分断をしてしまう。この分断は遙か以前から行われてきたが、そのことに気付いていない。人同士の価値判断ではなく、最初に金銭の利益判断をするようになったからである。これを私達人間の間に挟まった分断作用であると、はっきり知っている人は少ない。何しろ、金銭の発明は文明の勝利であるなどと自慢げに言いふらす文化人や知識人が多いからである。この違いが人間と猿との差であると。実際には全く逆である。つまり私達の魂のレベルが低下したので(思いやりがないので)、貸し借りの証として金銭を強引に持ち出したのである。これが便利だといって未だに手放そうしない生活のやり方はその後に大いにイビツなものを、この数千年生んできた。この悪夢から私達は未だに抜けられないでいる。それが今の貨幣経済と異常な金融取引の活動なのである。

同時に文明の利器の多くの発明は、戦争とも深い関係にある。それは使う側の話だろうとは言い切れない。これは密接に関係している。少しでも優れた兵器をもつと、そのとき体制は簡単にひっくり返るのである。これで国境まで変えてきた。長い戦争の歴史でそれが証明されている。僅かな兵器の優位性、利便性で勝敗を決めるからである。

ところで日本人は多くの発明をする。同時にこの技術はもちろん兵器にも使える。最新兵器は日本の技術が今では不可欠になっている。無意識に発明した便利さは、他の戦争好きな国からすると、のどから手が出るほどにその技術が欲しい。日本人は発明するのはよいのであるが、節度を持っていないと、原子爆弾で広島、長崎に被害を被ったように自分の国にそのおつりが返ってくる。つまり便利な発明は自分の命を賭けたようなところがある。喜んでばかりはいられない。

IT技術もそうである。便利さと同時にその隙間を縫って、とんでもない悪事が無数に出てくる。つまり便利さと同等に、あるいは便利さに輪をかけて、不便さが蔓延するのである。ならば、通信が不便なやり方がむしろ良いのではないかとなる。しかし今更不便な通信技術は使えなと言い張るだろう。

私達の教育はどうなる?これも同様に考えると、似たような経過をたどる。元の動機は前記の例と全く同じなので、その結果も私達に良い物は提供してくれない。むしろ競争をはげしくている。何のための教育か? 今では単なる競技、競争になりはてている。いかに良い成績を効率よく上げるかに必死になっている。それ以外に動機がない。教育の中身など全く気にしていない。動機が貧相なのである。人材とは金を稼ぐことだけになった。これで社会や他の誰かが幸せになるわけがない。どれほど努力しても結末はたかが知れている。

技術を開発している者、便利さを強調する者にとっては、すでに何かが出来るというレベルではない。不便さを解消することは、住みやすさの実現には無力である。つまりイタチごっこということ。信じられない追っかけゲームを無限に始めなければならないし、すでに最盛期なのである。まことに滑稽である。これが私達の自慢する便利な文明なのか?

私達は恥ずかしくなる。途方もない迷い道である。どこで間違ったのであろう。この大きな原因は、物事を便利にする発明はよいのであるが、それと同時に価値観やその意味や考え方を発達させなければならないこと。道具で使うものはそれだけでは済まないということ良く知ることである。便利さに飛びつくととんでもないことになる。結果的に住む社会は少しも良くはならない。私達の動機はその結論をすぐに導き出す。私達が隠しても隠しようがないのである。もろにその結論が出る。これほど便利にしてこれほど努力して積み上げてきたのに、なぜ逆の効果が出るのか?しかも便利になると同時に人との関係はますます疎遠となる。親密度は無くなり空々しくなる。丁度逆比例しているのである。

私達の価値観を考えてみよう。いままで生きることに価値観をどれほど追求してきたのだろう。宗教、哲学、人生訓など山ほど積み上げてきたが、それも長い時間をかけ、長い時代をかけ、体験も嫌というほど積み上げてきたのに、人殺しや戦争も無数にしてきたのに、歴史も腐るほど勉強し、研究してきたのに、なにも役に立っていないのではないか? 一体何のために研究し、生きてきたの? 私達は問われてきている。本当に努力したの?と。ただの娯楽やスポーツ番組をいま見るために生きてきたのだろうか? 便利さのため? 無目的な割には、どうして年をとってきたらただ長生きにこだわるのだろう? 何か意味がありますか?

今まで大いに追求してきたその割りには、いつも明日は何が起きるか判らないと誰しも不安がっている。全ての国民が安心をもてず、右往左往している、安心した人が一人もいないというのは、今の生活の根本がおかしいとみるのが正しい判断であろう。私達の便利さのみを追求した結果は、決して安心や安定をもたらすものではないことがしっかり判る。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 


転生と過去の記憶への理解

自分の生命の中で、転生を含んでいるということが現実に感じられたときに私達が体験することは、自分の今の考え方が大きく変わることである。また他の惑星の現実性も身近に理解が出来るようになる。目の前にいる人達の現実味が更に増す。なぜに人が生きるかも理解できる。絵空事が少なくなる。地球で作られたおとぎ話や、宗教を信じなくても生きていけるようになる。当然恐怖もなくなる。あるいは人に対して羨んだり、自慢したりする必要もなくなる。

転生を前提に考えると、このように現在の自分、他人の基本的な考え方のパターンが理解できるようである。また同時に他の惑星の現実性が身近になるとうことである。これらは同時に起きる。それぞれ別々の出来事ではないからである。逆に転生が考えられないと、これらのことはみな現実味がかなり遠のく。最初から理解できないことになる。いくら議論をしても結局かみ合わず、そして転生などは単なる「戯言」になる。キチガイじみて見える。キチガイは誰も信用しないし相手にしなくなる。そして地球だけのあまたある狭い理屈、理論に振り回れるのである。それこそ一生、何百年も何千年も真っ赤な嘘に付き合わされる。真理はそれほど多くはないと思われるのに、無数の議論が飛び交う。さらに恐怖や恨み、妬み、意味のない馬鹿騒ぎも多くなる。

がこのように騒ぎを止め、私達は自分の転生を現実的に感じられて、はじめて物事の判断が複合的になる。決して悪くはならない。しかし注意すべきは謙虚さが無いと、とんでもないことになることである。実にとほうもないほら吹きになる。また実際ほら吹きになってきたのである。今までの私達は謙虚さがないために、努力をした割には大した価値観は生まなかった。それどころか結果は無惨なものにしかならなかった。これからも今までのままであればそうなる。

さてこの違いは何処が違うのであろうか? ほら吹きと本物は何処が違うのか? 本物の見分け方は、汎用性があるかどうか、問題は何処に基準があるかということになる。誰にも共通のものとして判別出来るかであるが、その基準は勿論、私達人間の狭い個人的価値ではなく、万物や誰しも共通に納得できるものがなければならない。

自分が転生することを知るのは、あるとき一瞬で見えるようになったという人もいるかもしれない。または他人から自分の過去世を知らされたというものもあるだろう。そして自ら自然に感じるようにもなるだろう。

転生を実現するには、優れた宗教の教祖のように長い鍛錬を行い、悟りを開いて知る方法もあるだろう。しかし今私達が普通の生活の中で行う方法もある。例えば、一旦は人間の転生を、仮定として考えてみるのもよい。そうすると現実性が逆によく見える。仮定をしてみないとその立場が判らない。これはほんの一時的ではなく、長期にわたってそのように見る立場を繰り返し試してみるのである。これは念じたり、訓練したりするのではなく、常識の範疇で普通に考えるのでよい。そうすると次第に感覚がつかめるようになる。常識の判断の中にあるときこそ、私達には直感が働くようになる。最初から強引に直感を求めるのではなく、普通の生活の中でよい。

新しい感覚や習慣には時間が必要である。まさかと思うことは時間をかけて、どちらが正しいのかを確かめる必要がある。長いときには10年、20年、30年あるいは更に長くかかるかも知れない。今までの価値観を一旦外しておいて、転生を本当であるならどうなるだろうと真剣に考えるのである。新しいチャンネルを作ってみて、いい加減ではなく生命をそのように仮定するのである。すると少しずつ、周りの変化や人間のカラクリが理解できるようになる。日常生活の平凡な中で、少しばかり地球外の宇宙を同時に取り込めばよい。するとそうかもしれないという辻褄の直感が働く。このときもやはり自己の動機が問題であるが。

例えの事例として、小さい子供がそれなりの個性を持ち、大人になってさらに個性が出る。これは親達が教えたものではない。最初から子供が自分のものを持っており、自然に出てくるのである。親が強引に押しつけた仕付けや習慣は、結局に身につかず、付け焼き刃となることが多い。自主性のない子はそのまま受け入れてしまうが、そうでない子は反発し、我が道を行くようになる。

しかしこれを一旦、人の転生を前提に考えると、何でもない常識に見えてくる。私達はこれを今まで常識にしてこなかったので、混乱が生じたのである。混乱のまま原因を突き止めず、何千年も過ごしてきた。やはり直せなかったのである。

この原因は私達が自分の正体を自ら隠してきた(見つけられなかった)ことに他ならない。これを明らかにすることで私達は生きる、互いに住むこと自体に隠し事をしない公明な生き方を身につけるようになる。ここに到ると、「転生はあるのか」という質問は無くなり、当然という感覚で受け入れることになる。そして私達は遙かに進歩した生き方を身につけていると思われる。ここでやっと人間としての本来のスタートに立てる。

次に転生の物理的な現象の話になると思われる。私達は自称科学的な証明は好きである。またそうでないと納得しない。転生も科学的に説明できるのかと。

ところで私達はよく、この科学的説明という言葉をよく使うが、例えば地球は自転していることは、現代人は理解していると思っている。しかし厳密には未だによく知らない。ガリレオ時代のままかそれ以前である。ニュートンは重力を“科学的”に説明したが、実際には説明になっていない。彼はこのように「物体の運動は地球の数学手法で説明が出来る」と言い替えたのであるが、それ以上の重力の何たるかは一切説明していない。重力の根本原因も何処にも書いていない。これが実は私達の科学的説明なのでる。数学を用いた証明は重力以外にも多数の証明がなされた。宇宙は数学で出来ているという人もいる。

重力だけでなく他の自然現象はこのような説明でなく、さらに根源的な説明が出来るのだろうと思われる。今の私達の科学的説明とはこのようなことであるが、自画自賛してこれを当面科学的といっている。だがこの説明では地球の地表付近での重力の説明には利用できるが、地表から遠く離れた宇宙空間の重力の説明には通用しないようである。まだ学校ではこれを教えていないが。

このように地表の重力の科学的説明は今では実際大変である。これすら私達は本当の科学的な理解はできていない。同様に転生の説明も同じ困難に陥ってしまう。私達の自称“科学的”証明にこだわるならである。自分のこれまでの理屈にどうしてもつくりかえようとしてこだわる。これをあっさり捨ててしまって、飛び越えようとはしない。

また、自分の存在そのものを“科学的”に証明できるのか? これと同じである。私達は自分の存在を前提にしなければ、ものも言えない。が、私達がこだわりの証明を抜きにすると、相当のものが説明できる。つまり謙虚に“科学的に”判らないものは判らないとして、諦め(諦念)を正直に持てばよいことである。

これまでの私達のこだわりの証明を一旦捨てて、その前に直感で納得、理解できるものを優先させることも必要である。理屈や科学的証明が先行するのではない。本来物事はすべて直感が先行する。感じ、納得、理解が先行する。私達の証明はあとからヨタヨタ付いてくる。これが人間の本質であり実態である。あるいは自然と私達のあり方と思われる。私達の本体(内に秘めているもの)は遙かに早い理解を示す。数学的な説明する必要がハナからないようである。科学的証明を知らなくても、赤ん坊でもこの宇宙、地球で楽しく生きていくことが可能である。じつはこの態度が大切なのである。証明、懐疑ではなく、信頼、安心、これが基本になる。

すると、転生を理解するのは、直感で感得するのが先行するという意味がわかる。また「私達の理屈の心」が納得する深い証明はいずれ出来ると思われる。そのとき転生は「想念波のエネルギー」の移動というようなもので理解されるだろう。これは転生の原理が隠されている。というより宇宙の中では平然と日頃生命の移動が行われている。疑っているのは宇宙の中ではごく一部で、私達地球の頑迷な我の強い考え(精神とか心とかいわれる部分)だけである。自ら大勢が日夜転生しているのに、肝心の本人が全くそれを知らないとは。

私達の理屈が決して先行するのではない。すべてはこの直感が先行する。宇宙も私達の本体も同じである。私達自身の理性(心の部分)は退化しているが、本体そのものはそれほどでもない。残った本体を主人にして本物を探すしかない。本体ベースの話が実は早いのである。たちどころにそれは理解するから。

私達が本当に平和な生活をしたいと思うなら、この考え方、自分や人間の本体を真剣に考えるよう自分自身を仕向ける必要がある。私達の科学的証明に頼ってはそれはいつまでも不可能である。新しい発見といっては自分の功績を優先させ、「何々賞」が欲しいと願うような考えでは、それは到底叶わぬ夢である。動機が三流のままでは何も良きことは生まれない。まやかしものだけが優先され、大きな顔をする。宇宙の気持ち、本質を知らずに何が出来るというのか。他の生きものから笑われるだけである。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


スズメ達と雑草

スズメは私達の身の回りに沢山いる。年中、人の周りにも沢山いて、つかず離れず接して生活している。日照りが続く日や、寒い日は大変であろう。羽は持っているが、手はない。不便だろうと私達は思う。がしかし彼らは私達のようにそのことで悩んだり、自暴自棄になったり、自殺などを考えることもない。いつも闊達である。群れをなしている。10羽から20羽ほどで昼間は餌を拾い、夕方になると大集団をなして群れることもある。

他の鳥たちである、ハト、カラスとも生活圏が同じである。かれらはそれなりにルールがあるようで、この仲間では最も強いのはカラスで、次にハト、そしてスズメは最後である。残りの餌を控えめについばんでいる。かれら同士は時には残酷に見える行動もよくある。

スズメは人間に接近しているようで、私達を近づかせない。非常に警戒心が強く、容易に私達になつくこともない。また私達に餌を要求することもない。彼らの餌はどうやら雑草の実や葉、虫を食しているようである。

ところで雑草は年中、いろんな種類が生えて小さな花や実を咲かせる。季節に合わせて色とりどりである。土中からは小さな昆虫も出てくる。かれらはこれを見繕って日ごとの食事にするのである。誰かに頼まなくても、年中メニューが変わって食事が出来る。よく見てみると実に小さなものにまで目が行き届いて、絶えずついばむ。だから彼らには餌の元になる雑草がないと困るのである。私達は目障りといって勝手に雑草をさっさと引き抜いてしまうのであるが。

ところでかれらはその餌が、あるいは寝床が明日はあるだろうかという心配はしない。する必要がないからである。また私達のように明日までの蓄えはあるだろうかなどの心配はしない。心配しないように回りの自然と同様に創造されているからである。その日の活動が出来るなら、それで安心してねぐらにつくことが出来る。明日の餌は大地の自然がキチント、メニューを季節代わりで、しかも栄養分を考えて用意してくれるので、心配無用なのである。安心している。そのような生き方であり生き物である。迷うことはない。明日も日替わりの新しい雑草の新芽が吹くだろうからである。また餌が少ないときもキチント我慢が出来る。人間のように怯えたりわめき散らしたりはしない。

また私達のように、誰かが余計に餌を横取りして大もうけをしようとして、余分な蓄えをするとか、盗んだりはしないかと心配はしない。だから富のアンバランスもない。法律を勝手に沢山作って相手を脅かしたりもしない。そのような駆け引きや武器はなくても生きていけることを天性で知っているのである。実にかれらの生活態度はその意味で素直である。確かに他の生きものとのかけひきもあるだろう。私達はそれをみて生存競争だろうと安直に判断する。正確には棲み分けであるのに自分たちと同じ、あるいはそれ以下だと勝手に推測してそのように決めつける。生きもの同士の仕訳や分であって、同居する生きものは食べ物、すみかについてはどうしても一部重なりがあり、キチントは区分できないからである。かれらはそれを適当に棲み分けしているだけで、ただ生存競争だけでそうしているのではない。なぜなら他の競争相手の生きものを、私達のように根絶やしすることはしないからである。そのような動機は私達のように持っていない。人間はその動機を常に、あるいはしつこく持っているが、かれらは天から与えられた制御機能があり、それを超えることはない。私達が想像する弱肉強食の考えは元からないのである。弱肉強食であれば地上は百獣の王であるライオンだらけになるが、そうではなく実は人間のせいもあって逆になっている。

ところで雑草であるが、これがまた不思議な生き物である。もちろん雑草だけでなく、木々もその仲間にはいるだろう。多くの植物のなかの一種である雑草は私達人間からはあまり有り難がられていない。人間の栽培している農作物からすると大変に迷惑だからである。しかしスズメからすると、貴重な食料源のであり生きる糧の根元そのものである。人間好みの芝生や決まり切った植木、アスファルトの地面、お仕着せのワンパターン公園だけでは生活が出来ない。

スズメだけに限らず、野草は多くの地上の生きものの生きていく糧になっている。同時に雑草の下にある土壌は僅か数センチから数十センチの厚さ(地表面からすると薄い皮)であるが、これが微生物を含めた膨大は世界があり、地上の生きものを支えている。人間はその中の生きものの一種類に過ぎない。スズメより人間は進化しているなどとおかしな進化論を信じることは馬鹿げている。スズメの生活の都合も理解できない私達の考え方は相当に退化した、あるいは幼稚化したものに違いないのである。なぜなら雑草を含めた自然はかれらと同じように生きる重要な糧であり、そのことをかれらは知っているが、私達はかれらほど体験をしておらず、十分に知らないからである。そして自分達でつくった別もの(偽物)の価値観を大変に有りがたかって(金銭、権力など)、他の生き物であるすずめ達を全く視野に入れていない。

私達がスズメ達かれらの生き方に関心を持ち、尊敬が出来るようになれば、私達はかれらの仲間に入ることが出来るはずである。人間はもとからそのようなことを理解できる生き物である。昔は日本でも皆このことを十分に理解していた。今はすっかり忘れ、幼児教育で肝心な周りの生き物や人間の付き合いかたを教えることを忘れ、その代わり子供に自国語も話ができないうちに、外国語などをしきりに教え込んでいる。これでまともに子供や人間が育つわけがない。根のない生活を幼児のときから子に強いている。人間の価値観がどっかに飛んでしまって、人間としての自分がなくなっている。原因は親たちがゾンビという化け物になったからである。ゾンビの生活は楽しいかもしれないが、ゾンビ以上にはなり得ず、そのままさらに退化するしかない。ゾンビは何でもありの生活となり、全く価値観は狂ってしまい、自立できない生き方、自壊に向かう生き方である。一方スズメ達の生き方は、私達に生き方を明確に教えてくれるものである。単なるスズメではない。

「あなたたちは自分が何ものかの自覚が無いようですが、一体何処まで自分のことが見えていますか?」と逆にスズメに問われているようなものである。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 

 


利他主義とおせっかい

単純な考え方である。それほど難しいものではない。動機として自分中心なのか、あるはそうでないかだけを判断する方法である。こまごまとした飾りはともかく、本質的な生きるスタンスが、自分はどちらなのかと問われている。

この問いには、私達は様々な言い逃れと言い訳が出てくる。それこそ数え切れないほどに用意されるのである。では何をもって比べるのか? 勿論、相手は大自然である。ではかれらと私達を比較するのか? 

自然は私達に、信じられないくらい大きな生きる意味、手段や糧を与えてくれる。同時に感じる機会を与えてくれる。私達がその気になれば、自然はあらゆるものの成り立ち、カラクリ、理由を教えてくれる。各人なりに判りやすく教えてくれるのである。その自然がまさに私達の相手である。

自然は生きることに対し、私達のように哲学や思索(下手な)をするわけではないだろうに、生きる姿は完璧な哲人である。誰もかなわない。最初から悟りがあるので、私達のように迷いや間違いが微塵もない。悠然たるものである。そして自然に従っている人間以外の動植物がみなその真理哲学に従っている。これを私達のいう「人間の哲学」などとおこがましく対比してよいのかどうかも判らない。

そこで、私達人間の弱さ、個人主義、迷いはなぜ出来るのか、これは私達の中にその対面があるということも云える。つまりそれは強さであり、利他主義であり、共生であり、信念ともなるものである。逆にこれが確実にあると確信ができる。

私達はこの両方のバランスをとり、初めて自然の中にうち解けて生きていけるのではないか。自分と自然を考え、迷うのは私達人間だけ、人間同士だけ、人間の集団だけである。自然や他の生きものはそのようなことは一切しない。必要がないからである。勿論私達も植物や動物のよう生きることも可能かもしれない。   

しかし人間には両手、ゆび先、知力(アンバランスな)があるので、そのうちにとんでもないことをしでかす。その意味で人間は万能であり、思いつく限りの行動をする。ついには惑星をも破壊する。宇宙を知る知力を持っているのに、バランスを知らないために、それを知る前に破壊的となる。今のままではすぐに間違いを起こす。これは「必ず」そうなる。地球の私達は何をやっても成功したためしがない。

これはほっておけないものである。本人が感づいていなければ知らせる必要がある。知らんふりして本人に勝手にやってもらうこともできる。しかし周りの一部の人間はそれができない。相手から恨まれてもやらねばならないことは、行動するしかない。この意味が理解されず、迷惑がられるのが落ちとなることが多いのであるが。

人は元来おせっかいなのである。困っている人を助けたいと思うのは誰しもである。しかし「助けて」とも言わず、困っていない人におせっかいはしない方がよい。それこそほっておけばいいのである。しかし必要となっている人々、少し理解できるかと思われる人には、それを知らしめることは最も重要と思われる。このときは知らんふりはできないのである。

ところでこのおせっかいを本当にやるべきなのか? 誰のために? ここが問題である。自分のためにやるのですか? と。 新興宗教などはこれによく似たことをやる。人は迷惑だと思っているのに、しきりに信仰を進める。相手の迷惑を考える前にそんなことはお構いなしに、強引に勧める。入信してしまえばこちらのものという感じである。これが本当に相手のためになるのだろうか? これは単なるおせっかいか? 単なる親切か? そして本当に必要なことだろうか?

勧める自分はそうだと思い込んでいる。すると、自分は迷惑行為どころかすばらしいことをやっていると思い込んでいる。この勘違いである。大いなる勘違い。この区別が付かない者には、その差が判らないのである。よいことをやっていると思い込んでいるが、実際には一生懸命に、逆の努力をしている。本人は何も気付かず、とんでもないことに努力を傾けている。一体私達は昔から何をしてきたのだろう。

はるか先の話で、これを反省するのだろか。いずれにしろ私達の人へのお勧めはこれに近いものがあるのだろう。丁度これを書いているのも正にその一つになるかもしれないが。

余計なことですよ。何十年も先に、何百年も先にしか判らないことは、結局ほっておけばよいことなのではないの? ガリレオ事件のように。知らん振りでも十分ですよ。意味がないのではないの? 恨まれて努力するより、知らん振りが一番ではないの?

ところが知らん振りは確かに楽であるが、実はそうでもない。逆に苦しいのである。自分が生きている理由というか、そのものが問われているという気がするからである。後で悔やんではならないと何かが突っつくのである。信仰宗教の勧めも同じように見える。その動機は一見してどれもさして変わらない。

しかしである。迷惑であるが、必要なことなのではないだろうか? つまり出しゃばりは互いに必要なのだと。これは人間の関わり合いの基本なのではないか。他人からみると大層に迷惑に見えるが、実はそうでもないのである。同時に生まれたヨスガ(縁)とうものだろうと思われる。まったく違った時代であれば縁は薄いかもしれない。しかし同時にそこに居るということは確かな縁になる。好き嫌いは別にして、縁ができる。そこでおせっかいとなる。

おせっかいは相手の都合を一切顧みないものと、十分に相手をかんがみて行うやり方がある。これは動機の内容そのものになる。最も難しい自己判断である。普通は自分の行動は良いことだと吹き込まれると、それを信じてしまう。自分の行動は素晴らしいのだと。

おせっかいは、このように迷惑と有り難いかのどちらかになる。勿論相手の受け取り方でもまったく異なるのであるが。そして動機の自己チェックを十分に行った上で、「おせっかいを大いにしよう。」

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 


金銭感覚の弊害

日常生活の中で、私達はともかく金銭的に採算が合わなければ、その行動は無駄と感じる。またそのように昔からしつけけられてきた。もって生まれた習性のようなものである。しかし金銭感覚のみを研ぎ澄ますと、周りと旨くいかないのも本当である。特に日本ではそうである。トゲが出て旨くいかない。

金銭感覚はありすぎること、また金銭感覚が全くないのも困りものであるが、ではどうすればよいのだろう? 本当は最初から金銭をみんなで無くしてしまうのが最も手早い。出来ることならその方がよい解決法なのである。つまりもののやり取りで、その間に金銭をなくし、何事もそのまま物々交換をするのが最も正しい。

別の項でも述べているが、「金銭ありき」は私達が生まれつきそれを使用しているからこだわるのであって、逆に生れながら「金銭なし」の社会に最初から用意されているなら、金銭のないことは当たり前のことであろう。金銭は知らなくても立派に生活できる。最初から金銭を知らなければ、逆に“なぜそのような無駄な金銭などの交換物を挟むのか?”と疑問に思うだろう。残るは互いの思いやりと公平な労働配分だけである。実に単純である。

では原始的な生活や、共産化をすればよいのか? そうではなく特に精神的に原始に戻らないように注意するのである。私達の文明的生活は、精神的にはむしろ退化、退廃しているのでこれを元に戻すのである。よく見ると私達の生活は精神生活を一つも向上させていないことに気づくはずである。もし感じないとすれば、それは見過ごしたか嘘を言っていることになる。共産化が旨くいかなかった本当の理由はこれに尽きる。もののやりとりだけに注目し過ぎて、精神の向上をすっかり忘れたうえに、精神の活動をことさらつぶしてしまったのである。あらゆるものを目の前の理屈や唯物だけでやたらこね上げてやり過ごそうとしたのである。精神の本質を知らずに封じてしまった。その結果、極端なアンバランスを強いたのである。私達の文明はいつの頃からか、このバランスが極端にとれていないので、結局精神性の貧弱さが社会の破壊、破綻につながってしまうだろうということ。

逆にこれに金銭が強く絡むと無慈悲となり、更にしつこさを増す。この行き着く先が資本主義となった。しかしこれも共産主義と同様にすっかり精神性を見限り破壊させた(意識的に)。いずれも結果は同じことなったのである。そこに最後までしつこく残ったものは、暴力と強権、武力、精神の低劣化であった。もともと精神が瀕死の状態であった人間に、そこへ物質重視の奇怪な理屈をこねて社会の混乱を招き入れた。私達の精神性は一気にはじき飛ばされたのである。これを好む一部の人々には大いに気に入られ、精神荒廃を早めた。もとから私達の中から精神的に高度なものが出るのも難しかったし、私達も望まなかったせいもある。

確かに今まで精神性を高めた立派な芸術活動や文学、文筆活動などが多々あるだろうが、しかしそれでも自己満足型が多く、真の意味の汎用性が少ない。あるいは陰で金銭に媚びている作品となる。金があっての芸術となる。が、これまで金銭を度外視した芸術活動は惨敗にいずれも終わっている。貧困で死んでしまうか、よきパトロンを探し、彼等にかしずくしかない。精神性をうたった芸術活動はあまり育たない。

ところで私達はテレビをよく見る。テレビは立派な自慢の文明の利器である。しかしその放映内容たるや、惨憺たる内容なのである。誉められたものは殆どない。事件事故、ゴシップ、戦争、争い、人殺し、テロ、このオンパレードが大半である。それを見る第三者は、二方に分かれた合戦をいつもおもしろがってはやし立てている。これをテーマにした劇や映画も日夜大いにもてはやされる。如何に戦いに勝ったかを延々と自慢や説明、論評批評、戦法の解説などがあり、その自慢がいつまでも続く。そして深刻なニュースが突然流れたかと思うと、次の瞬間はコマーシャル画面がチャカチャカとひっきりなしに出てくる。これを何とも思わない。放映する方はスポンサーから金をもらっているから、そんなのはお構いなしである。全く気にすることもないし、気にすると担当者自らが首になる。思いやりも節操もない。

これが私達先進国の自慢できる価値観と、精神性の支柱になっている。私達文明のお粗末な価値観の実態なのである。これはテレビだけの話だけではないのか? そうではない。あらゆる物事がこの調子である。物質文化だけを追い求め精神が何たるか、人とは何たるかを全く気にせず、追求してこなかった結末である。すべてはここ辺から始まるのに、肝心な探求をしてこなかった結果である。

売れればよい。儲かればよい。出し抜いて他の同業者を蹴散らすことが出来るならそれで大成功という判断である。一流企業であろうと、三流企業であろうと、ともかく一番になること、これは世界中で通用するものである。「そんなの当たり前じゃない」と誰しも思う。がこれは異常な状態である。なぜか? 争っているもの同士にはそれは理解できない。戦争状態で真剣に勝負しているのであるからそのような雰囲気は全くない。がその争いから一歩引くとたちどころに解る。

しかもその争いのただ中にいないと、誰しも食い物にありつけない。この上に進化論や唯物思想、競争原理という空想の魔物が拍車をかける。これ以外のことを考える余裕なんか有りもしない。これが今の私達である。低レベルの精神状況が短絡思考となり、これに合わせざるを得ないのである。きれい事をしていると食われてしまう。すばしこく、ずる賢い、あざとい者達に精神レベルを合わせて、みんなが行動するしかない。この乱痴気騒ぎには、昔から見えない裏方がいるようであるが、彼等はいつもほくそ笑んでいる。

ここで合議や法律が出てくる。しかしこれは建前である。法律を絡めた同じ争いが延々と続く。法律の有りなしは見栄えがよいだけのことで、やっている内容は何も変わらない。素人には気づかれないようにしてある。立法国家、民主国家であると自慢して、法律は星の数ほど作ってある。その後も日夜せっせと作っているが間に合わない。これを取り締まる役人さんも山ほど増える。そして役人になる方が得だと皆が気づき、誰しも役人になろうとし、役人天国となる。一体誰がまじめに働くの?

金銭や、すばしこさや先回りの能力、優劣の成績を優先すると、このような社会にどうしてもなる。成功した者は少数側になるが、社会全体の出来映えとしては、これはとても立派とは言えない。その歪みが沢山出るからである。多かれ少なかれ、どの国も抱えている問題である。日本は比較的少ないが、外国でも極端な差別、歪み、不公平がひどい国が多くあり、原因はみな同じである。文明の進歩の具合とは全く関係がない。パターンはみな同じ。さらに汚いものを綺麗なものにすり替え、化粧をしてある。このときに「精神性」というものが利用される。美化するために添え物として利用される。りっぱな造語をつけて飾られているのである。

結局、短絡した金銭の利権に大方行き着く。私達のあらゆる行動パターンの原因はそのことに集結している。大小の金銭の取引きがあるが、さらに信じられない金額が表の金、裏の金の形で世界中を飛び交っている。金銭のための金融戦争である。肥大化した化け物の世界である。これは正にキチガイ集団といわずにいられない。新興宗教よりさらに酷い中身となる。金銭崇拝はマジックである。それしか見ていないことは、気が狂っている博打場そのものである。私達の今の究極の生き様なのである。

これが本当にすばらしいですか? そうは決して思えないでしょう。 何かがおかしいと気づくはずである。分かっていてもどうしようもない泥沼ではないか?

確かに。しかしこれで私達は数千年あるいはそれ以上、進歩のない生活を繰り返してきた。よく見るとどこも褒められたものではない。自画自賛などできる文化文明ではないない。ごく一部の者がより幸せになることは自然に反することである。これは惑星全体でみると、全くふさわしくない。直す必要がある。異常な思想は必ず異常な結末を生む。

この文明を人類の発達した結果であると自画自賛する者が大勢いる。これまでの文明を過大に評価し、人類の歴史を大成功のように言いふらす人々がいる。やっと地球全体を結べる可能性のある「国連」というものが100年近く前から現れたが、これが全く機能しないで見せかけであるのをみると、全ての国は真に地球のこと、人のこと、人類のことを考えているとは思えない。常に手前味噌の自己主張だけを最優先し、共生を考える余裕などは何処にもない。

これを元に戻そうとすると、最初の議論である、金銭感覚の排除がその一つになる。金銭を無くしてしまう価値観である。新しく、あるいは最初の時代に戻すのが肝心なようである。金銭感覚を養うのではなく、逆に無くしてしまうのである。これで私達は立派に社会生活ができる方法である。

今盛んに金銭の取引をやっているが、方法としてはいきなり金銭決済を無くしてもよい。物流だけにするのである。丁度すべてを借金にしてしまい、一生の間その借金を互いに払わないで済ますということである。すると銀行は要らない? 当然金銭の決済をしないので、銀行は最初に要らなくなる。お札も硬貨も要らない。物流の管理だけで済ます。給料も要らなくなる。

当然、このためには金銭の廃棄の効率性を皆が知る必要がある。また闇で金銭のカラクリを利用して大もうけしている人々に一切を止めさせる必要がある。そのために金銭の取引が全く無効であることを知らせる必要がある。いくら金銭を積まれても何も手に入らないこと、おにぎり一個が金をいくら積んでも手に入らない。何の効力もないことを知らせる必要がある。

当然、実働のない働きは価値がありませんと宣言する。利息、金融、蓄財で、土地代や値上がりだけでは生活は出来ませんと宣言する。では共産主義か? ではない。この共産はものだけを追い求めた。ものはつかんだと思ったが、それが見えない人間の精神性をすっかり忘れた。これでは何も実現しない。いびつになるだけである。理想郷をみたが裏では途方もない独占、強権、武力が主導していたのである。つまり資本主義も方法や言葉、表現が変わるが、結果は同じ現象を生むのである。

共産主義、資本主義のどちらにおいても、見えない人間の精神性を深く研究することは一切しなかった。むしろ精神の低次元化にいそしんだのである。金融はそのため大いに栄えた。その方が真の支配者には都合がよかったというだけのために。案の定、その両者ともに大きな紛争と、信じられないほどの破壊生じさせ、犠牲者を出しただけで、精神性はともに大きく退化した。反省するどころか、それを見るのもおぞましいと思えるほどのことを無数にしでかした。この先もこのままでは建設的なことは大して出来ない。たかが知れている。なぜなら基本方針が全く変わっていないからである。この中で研究される、精神性とか道徳性、芸術性、真実の追求、科学の発展、教育とかは、裏方からみると、目くらましにすぎない。本質を理解しようとしないからである。

この本質は難しいことではない。なぜなら、すべてのヒントは身の回りの大自然にあるからである。私達は自然から見るとあまりにも逸脱している。その意味で非常識なのである。あらゆることが自然の摂理に従っていなし、得手勝手過ぎる。

アワこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


化けの皮

私達は理性的という言葉をよく使う。がこの理性とは、大方自己主張の裏返しのものであり、誰しも互いに許せるものではない。自分にしか通じないローカルな理性であることが多い。これを互いに感じているので、議論が沸き出す。議論にもっていって我が方が正しいかを説き始める。いずれも如何に冷静に理性的だといっても自己流であることには変わりがない。我田引水そのものである。

 私達の実社会ではこの段階の議論が圧倒的に多く、これに終始する。この議論に打ち勝ち、相手を納得させないと生きていけない。あるいはあっと驚く抜け出しの技法で相手より先に出て、やり過ごすかしかない。みな必死である。それしかないと思い込んでいるから。実際には他にいくらでもやり方はあるのに、目の前のやり方に互いに必死にこだわっているのである。またこのこだわり、あるいはルールをよく重んじるものである。全くルールを無視する民族も大勢いるが。ルールは理性が要ると言うことになる。しかし私達の理性はいつ激怒に変わるか判らない。誰も保証が出来ない。いつも危なっかしい理性の綱渡りの状態である。化けの皮はいつでも破れる状態である。法律と云われる約束事もそのレベルの作り物である。法律論争に持って行った時点で、信頼関係はグチャグチャに壊れてそれでお仕舞いである。

では化けの皮が無く、公正で我田引水でない方法とはどのようなものか? 言っている本人だけが都合よくなるのではなく、みなのことを最優先に考えることに尽きる。これは誤魔化しても成功しない。逆に世には大変にしたたかな者たちがおり、自分の真の目的をひたすら隠し、表は皆のためにという美麗字句を並べる者もがいるから、十分に注意しなければならない。このレベルは非常に範囲が広く、身近な子供だましから、巨大は世界的謀略まである。しかしいずれはばれる。

本当に相手のことを思う者は、いつまで経っても化けの皮が剥がれない。最初から誤魔化しの皮がないから剥ぎようがないのである。ボクトツかも知れないがこれは見た目だけでは全く区別がつかない。彼自身は自分をよく見せようということもないので周りはそれとは気付かないのである。まさに私達に重要な宝は常に見過ごすのである。滅多に目にしないからででもある。しかし確実のこのような人はいる。

これは地球を見捨ててはいけない大きな理由でもある。宝はゴミのように捨ててある。しかし見る者が見れば直ぐに気付くようにしてある。気づかない者は如何にヒントがあっても、それを平気で踏みつけて行くものである。そして思い通りにならない、住みづらい、俺のせいではない、などと大きな声でわめいている。私達には本来、理性というものは持ってはいない。あるのは前述のような偽物の理性や、すぐに激情に変わるものが多い。

では私達がいうところの本当の理性とはどのようなものであろう。体験からすると、自我を高めるものではないことは判る。自我から吹っ切れたものになるようである。自分の自我や自分の都合を優先したものでないもの、結局私達にはその主張が表に出ないと思われる。自我がなければ意見もなくなるからである。それほど私達の自我は強い。すると相手に全てを譲って何かが出来るのだろうか?

私達でも、さして訓練することもなく、すばらしい感覚を持つことが可能なときがある。例えば別項でも述べている、「宇宙空間の感覚」である。実はこれは普通の地球人がその感覚を持つことが証明されたことを示している。つまり場所さえ良ければ私達の通常感覚で優れた能力を出すということである。

普通の状態であれば私達は化けの皮を被りながら、理性をかろうじて保った姿にしている。この限界を過ぎると皮が剥がれる。そして争いになる。しかし私達が一旦、宇宙空間のあの感覚を知るなら、本物の片鱗(自分の中だけでなく汎用なものを含めて)を知ったことになるので、そうはならないのである。つまり本物の一部を知った者は基本的に感覚、行動が大きく変化する。大事なことは体験としてその何かを感じているかであり、私達の偽物の理性というものの限界をよく知るからであり、そこで別ものの良き判断が出来るようになっている。今までの古めかしい理性ではなく、真に宇宙的に遜色のない理性を身につけることが出来る。この理性は嘘がつけない、お見通しのものである。しかも個人差が今みたいに極端なものがない。バランスもとれる。

あるいはこの感覚は慣れないと、今の地上の私達の周りでは大変に苦痛になるかもしれない。すぐには無理かもしてない。しかしすべての解決の兆しはこれを乗り越えないと見えてこないだろう。私達は不可能ではない。可能性が確かにある。それを確認する方法、情報も私達はこのように手にしているのである。ごく一部であるが。しかしあることは間違いない。私達はその瀬戸際にある。どうしますか?

この辺にくると、下手なおまじないや、今までの価値観はおかしくって、だれもその教えを聴かなくなるだろう。本物を知ると人は変わる。激変する。このとき私達は「理性的です」とか、今までの嘘いっぱいの言いぐさは恥ずかしくってもう表に出せなくなるである。化けの皮がきれいにはげる。そして私達は本物が何ものかを感じる。あるいは覗くのである。意外な方法でそれを知るようになる。つまらぬ主義、金銭、プライドに惑わされなくなる方法。やってみませんか?

アワの目次へ

アダムスキーDB

 

 


転生のつじつま

転生は私達には解りにくい。転生を知らなくても日常の生活は出来るので、疑問にも思わない。しかし大きな挫折や困難に遭ったときにこの問題に少しすれ違う。だがこれはカスル程度である。転生があるとすれば自分は生まれ変わりでどうなるだろうかと。

よく冗談で「今度、生まれ変わったら○○になりたい」と言うものである。この発想はただの冗談ではないようである。これは実は正解であり、私達は確実に生まれ変わるし、そうしている。ただし他の動物とかに生まれ変わるのではない。明らかに人間に生まれ変わる。これは誰しも例外ではない。

ではなぜ「人は生まれ変わる」といえるのか? 私達は今までこれを確信がないので冗談のつもりで言っていたのである。人はこの地上に生まれて、無意識に生きる努力をする。なんとか生きようとする。これは誰にも説明できない天性のものである。そして人に言えない努力、我慢をしてきた人が無数にいる。それなのに、死んだらみなおしまいというのはおかしいのである。はっきりいって今までの努力は「はい、全部無駄でした。」ということになる。

しかし宇宙は確実に継続しているし一瞬も無駄がない。見えるもの見えないものいずれもがそうしている。私達は宇宙の活動の一部ということには変わりがない。であるのに私達の人間だけ無駄な努力をしているとは考えられない。何かの意味があるはずである。たとえどのような行動であろうとも。宇宙は私達を含めて無駄はしないのを認めることは、私達にとって重要である。私達は宇宙のほんの一部であって人間もその宇宙の活動の中に組み入れられているはずである。であればほんの一部でも無駄があるはずはない。私達が無駄だと言っているのは自分の手前味噌で短絡した、あるいは勝手に見限った意見にちがいない。

生きることは全て、誰しも無駄ではない証拠、その一つが転生と思われる。但し我が地球で今生活している間に限るならば、これはさっぱり見えない。これまでの価値観で縛られたままではそれが理解できない。しかし地球の束縛から解放れるとこのことがよく解る。つまり人が転生をし、次の準備をしていることが、である。進化論とかいうおかしな理屈をわざわざ持ち出さなくてもよいのである。

残念ながらこの転生というものはごまかしがきかない。転生は一瞬であるので、もたもたご都合を並べている暇はない(霊界の話やエンマ様への言い訳など)。そして死ぬときの用意をするまでもなく、今までの私達そのまま(本体)が瞬時に引き継がれるようである。そのときの生命に対する理解度、自然に対する理解度がそのまま継続される。当然、人に対する日頃の態度も今までのものが持ち越される。今さら上品ぶったり、お化粧をしたり、立派な勲章をも貰いました、今までいっぱい財産が貯まりました、沢山の知識を覚え、沢山の資格を持ちました、知名人ですといってもたいして役にも立たないのが転生である。

生まれ変わったときにどうなるか、これは新生児の誕生で私達が日頃見慣れた情景である。その子は既に過去を持っている。その子独自の長い過去を持っていると思えばよいのである。そのように知った上で新生児や幼児を見ると私達は必ず「なるほどこの子は誰でもないその子独自の命だ」とよく理解できる。少しその子の意志や癖が出る頃になるとさらによく理解できるのである。それを見る親の私達自身もそうやって生まれてきている。これを知らずに、その子を自分の思い通り育てようと目論む親が多い。確かに親の思い通りに進んでくれる子供もいる。これも不思議ではない。無理なく合致するなら、これに超したことはない。しかし逆の方がむしろたくさんある。

私達の目的はがむしゃらに生きることではなく、また勝手に今の都合で死ぬ(自殺)ことでもない。そのようなことは大して意味は持たない。それより私達に重要なことは生きている今ある瞬間の態度や、行動の動機が最も大切なような気がする。これをレベルアップしないと、同じ境遇にまた生まれる。これが厳しい転生のようである。嘘をついて転生をするのではない。裸のままで転生するのである。このときは誰もついて来てくれない。保証人や保護者も財産も、生まれ故郷、国、民族なしで完全に裸の個人で、地球を含めた中で宇宙的になされる。

「今の自分の境遇は誰が選んだか?」 私達はよく自問自答し、境遇に不満があると、「頼みもしないのに親は俺を生んだ」と親を恨みに思う人もいるが、これは完全な勘違いである。今の境遇を好きで選んだのは第一に本人そのものである。確かに生まれてくる場を用意した親の責任はあるものの、正確にはその境遇を選んだ本人の責任が大きいと思った方が正しい。大きくは地球の何処で、どの国で生まれようとたいした差はないかもしれないが、基本的にはそうなる。

つまり生まれた本人の責任はどっかに自ら忘れて、私達は都合の悪いことは他人の責任にしているということになる。例えば根っからあまのじゃくの人(無責任な野党に多い)が、大騒ぎして何かの社会運動を若い頃から熱心であったり、常にわめいて何でも反対すること、やたら周りともめて罪を犯すことなどの真相は、ここら辺にある。真相部分を本人も全く理解していない。しかし誰かにこれを言われて、冷静になると心当たりは少しあるかもしれない。結局誰の責任でもないと。ただし謙虚さが少しでもないとこれが理解できない。この手合いは全部が他人の責任だと一生わめくのである。

このことは実は個人で起きるし、国のレベルでも起きる。あるいは惑星単位でも起きる。そう見るとこの地球で行われていることが綺麗によく見える。学者先生のように起きた年代の事件を苦労して分析するなどは、あまり要らないのである。転生のカラクリは実はこの法則の通りになり、嘘はつけない。

転生の証明は自分自身で出来ることである。しかし横着なままではこのようにいつまでたっても自分のことが理解できない。が謙虚さを次第に身につけるようになると、転生に対し抵抗はなくなる。私達人間は本来宇宙的に出来ている。しかしどうしても他の惑星(地球以外)となると、とても信じられない。そこで地球だけの生命という狭い範囲で自分や他の生きものを考えるようになったのである。当然転生も説明出来ていないし、理解できない。自分を第三者的に見ることがさらさらできないからである。

つまり私達は地球だけの考えで、プッツンしている。これでは互いに近所同士で争いが絶えないはずである。目先も利かなくて、何でも揉める。朝から晩まで互いにひやひやで生活し、みな短命(わずか80歳位で)で終わる。一瞬先は闇ですと常識のように誰もがいう。いうのが当たり前である。このため当然のように個人のレベルでも家族、民族、国家のレベルでも同じこと起きる。

宗教では転生の種々意味づけをやってきた。そして宗教は死に対して多くの格言や迷路を専門の方々が大衆に提供した。が、肝心な点は言わなかったし、言えなかった。この真実やそこからくる知恵についてはすでに遠い昔に先輩達が忘れてしまっていたので、今まで私達も回復できなかったのである。

ところで現在、私達の身の回りには電波による信号が無数に飛び交っている。しかしこれだけではない。昔から想念波(または電磁波)のようなものが無数に飛び交っているものと思われる。この電磁波は私達の生命力そのものにも適用されるもので、私達が今知っている電波も生命波によく似た波の一種だと思われる。仮に生命波とすると、そのものは地球内はもちろん、他の惑星にも飛び出す能力のある高周波エネルギー波の一種であると思われる。

これは地球から出て行くものもあるし、全く内にとどまり、渦巻いているものもある。丁度、私達が通信で使っている電波には、電離層と地表面との間で反射しながら地上の裏側まで運べるもの(長波)と、電離層を突き抜ける電波(短波)があるのと同じ現象のようである。近い将来、地球でもこの未知の生命波、想念波を検知できる機械が出来ると思われる。生命の本体が肉体から抜けると、肉体そのものは電気的エネルギーがなくなるので、そのまま地球で腐ってしまうものの、生命の本体は肉体から離れて電磁波の形で瞬時に移動する。この現象は私達がよく知っている「エネルギーは無くならないで移動する」という不滅の原理に基づく。これは誰しも自分の生命体はそうなるのであって、珍しくもなんともない。人が死ぬことは日常茶飯事である。同じように子供が生まれるのは何でもないこの反対の現象になる。この現象も見ての通り、日常茶飯事のことなのである。

ところで子供を見たときに、すでに幼少の頃からその子の特別な、能力、癖がある。親が教えもしないのに持っている癖そのものが、生まれた持ち込みのものである。見えない財産ともいう。よく見るようにしたらよい。親とは直接縁がない性格、能力を持っている。もちろん魂本体そのものが親兄弟とは全く異なる。似ているのは身体に関する遺伝子レベルのことだけである。中身は完全な別人格で、独自の過去を持っている大人なのである。肉体は子供であるが、中身は親と全く対等と思えばよい。あるいは親以上の優れた特徴を持った子供も沢山いる。逆もある。

またこの場合に、転生で移動するエネルギーは大方二つのものがある。私達はすでに過去世を含めて自分のことをよく知っているようであり(過去の秘密の全記憶がある)、この記憶は生命エネルギーのうち、母性側にあるもののようである。またそのほかに私達が知る、例えば個人の感じ、性格、特性というものがあるが、これは転生するもののうち、個人識別の父性にあたるもののようである。これらは併せて私達にはまだよく理解できない波動のエネルギーそのものである。一体となって究極の私達の本体のようである。これらの父母性含めて私達は転生すると思えばよい。つまり固有の記憶と特徴を持った不可視の生命体である。

このように転生が現実になると、私達の生命は死んだらおしまいなのではなく、長い生命活動の一端をこの地球で生活しているということがいえる。すると死んだ人は今の惑星や他の惑星に生まれ変わって生きているということは、同時性としては常に私達が宇宙全体として互いに生きているということもいえる。死んだ人は過去の人で永久に会えないと私達は思っているが、直ぐには会えないが、何時の日か再会は不可能ではない。つまり同時に過去の人も過ぎ去ったことではなく、常に現在としてどこかに生きているということである。今までの私達にとっては、過去は捨て去り忘れてしまいたいのであろうが、そうではなさそうである。

ここで過去の生活に強いて縁をつなごうとするのは、今の私達にとっては逆効果かも知れない。あまり干渉しないのがお互いのためであろう。そのための他の惑星への転生であるから。ただ過去のカラクリと現在を知ることは、自分や他人を見る目を全く違うものにし、大きく成長させる。争う必要のない些細なことで、日夜紛争をしていることが如何にばかげているかを明らかにしてくれるし、転生のカラクリは私達に今何をしたらよいのかを的確に教えてくれ、しかも前向きな情報が得られるからである。 

転生を少し感じられるようになると、私達は日頃の争いがばかばかしくなる。人間同士の駆け引きの意味が無くなるのである。そして日頃何を目標に生活すべきかが、次第に明らかになる。中身そのものはそれぞれ個人で異なる。みな同じではない。長い各人の体験の中にそれがあるから、一律に生き方も決められないのである。が、大方の方向性は誰しも解るようになる。その意味で考え方がより単純になる。今までのように込み入った難しい駆け引きの大方が無くなるので大変にシンプルになる。そこで子供でも理解できる内容となる。これが本物の証拠である。

子供でも理解できない内容は、何事も本来正しくなく邪道である。子供に隠さなければならない事柄は、本来必要はない。私達大人は地球での約束事として、子供達に対したくさんの決まり事や隠しごとをしてきた。恥ずかしくてまともに言えなかったのである。

転生を知るなら大人、子供の区別が無くなる。互いに長い過去世をもっていることは、私達がこれまで感じている少しばかりの互いの年齢差が、全く意味をなさなくなるからである。つまり生まれた赤ん坊はすでに多くの体験を積み重ねており、大人として対等に扱うべきということがよく理解できる。私達がよく「子供扱い」ということをしでかしてきたが、これは出来ないという意味になる。常に人は本来対等な大人であることが理解できる。このことを知っている人は昔から子供に失礼な態度をとらず、大切に扱っているようである。

転生の話は、今から百年前、千年前あるいはずっと以前から「たわごと」として一般には受け入れられなかった。それこそ宗教の中では珍しくもなかったが、しかし現在は不可視の力を私達は沢山知るようになった。見えない力、例えば前述の電波や電磁波である。これは見えない力や、想念、映像を運び、日夜大量の情報を運んでいる。電波そのものが何ものかは専門家をしてもよくは分からない。しかし電気を規則的に回路に流すと電波が出ることを私達は知ったのである。同時にこの見えない力は私達の想念の一部(視覚映像、音声)を伝える道具になったのである。当然、電波に変換しているが、またそれがエネルギーそのものでもあることも分かっている。

私達の生命はある部分が電波(電磁波)にも似ているのではないかと、私達はほんの少し気づき始めている。私達が自分の生命本体に自前の科学の延長で気付くのは、それほど遠いことではないかもしれない。但し私達の研究動機そのものを同時に良き方向に変換することに先に気付くならではであるが。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


優しさは必要か

私達の身の回りでは破壊的な言動が多い。この破壊、攻撃的なものは私達を前向きな雰囲気にはしてくれない。破壊は次の破壊を生む。その替わりに破壊をやめて優しさ、思いやり、建設的、道徳的な行動をとるならば物事は前向きに確実に進むものである。

優しさとは何をいうのかは説明が難しい。定義はともかく、今の私達がよくやっている相手への攻撃、破壊をやめ、相手を徹底的に思いやる行動をとれればよいと思われる。この行動とはすべてに通じる。それは謙虚さにも通じるし、優しさにも通じる。この方法は大自然の優しさと同じである。自然の私達に対する行動や態度をよく見ることである。かれらは私達のように余計な理屈をくだくだといわない。しかし肝心な行動は敢然として行うのである。手抜きはない。徹底的に優しいのである。

このように私達の行動の規範は大自然になると思えばよい。けっして優れた指導者、偉人などではない。特定の人ではない。発明者でもなく、あるいは宗教の教え、宗教者、政治家、実業家、いさぎよい戦争屋でもない。この教えは実にそつが無く、私達がなんと言おうと、道徳的で優しさにあふれたものである。私達には指導者は昔からこの自然のそのものの中に沢山いた。しっかりそれとは気づかなかっただけである。

大自然は私達の身体の中にも生まれたときから住んでいる。私達の身体は自然の分身であり、抜けられない。身体の外も自然である。つまり自然だらけなのである。身勝手を言っているのはその自然のごく一部である私達の「心」と「口先」の部分だけである。この部分が「不道徳や破壊」を発信する。これ以外に不協和で障害になるものはない。原因はすべてそこから生じる。これは誰しも持っている傲慢さであり、道徳心、謙虚さの逆になるものであり、いまさら詳しく説明の必要のないものである。(については アワのこと-2 “人間の本体はどこにある”を参照)

金銭や生産性だの、勝ち負けだのと単純な価値判断で日夜生活していると、私達の「心」の部分はこれにすべてが振り回され、自分が自然の中に生活していることをすっかり忘れてしまう。特に人間同士だけに注目し、その反目、競争に異常に集中し、周りの自然に目を配ることができない。人や社会に対し見栄えを良くし、落ち度無く生活すれば大成功という価値判断がはびこる。そして短絡した生活でそのまま一生続けるようになる。考え方は単純、そのため道徳心は薄弱のままである。つまり恥ずかしさを忘れ、自分の利得、勝ち負けだけに集中して努力する。あるいは常軌を逸したプライドを披露しながら生きる。これを人の社会全体も批判しない。そろって誰も似たようなことをしているからである。道徳心そのものはその後で金銭的余裕がすっかりできてから、私達の飾りや見てくれとなり、立派そうに見せる小道具になりはてる。これを今ではボランティアなどと言っている。

このガツガツした生活は、私達をますます生きづらくしている。なぜなら誰がみても同じような価値観で生活をしており、皆を差別なく面倒をみようとする人が少ないからである。あとは権利であるとか法律であるとか、どうしようもないものを持ち出して延々と争いを始める。最初から道徳心、思いやりがあれば一瞬に解決できるものごとを、一生争いごとを死ぬまで続ける。その努力は立派かもしれないが、瞬時に解決することを膨大な努力に力を注ぐことは愚かなことであり、知恵ある者が行うことではない。あらん限りの知力を振り絞って自分が正しいと言いくるめなければならない。私達自称文明人はそのために大変に忙しい。同時に道徳心を大いに貧弱なものにしてきた。

優しさは前述のように自然の活動そのものである。私達も他人に対し優しさを持つが、これは大自然が私達人間に対し「大きな優しさ」を持つことを知っているなら、本来当然のことである。なにも目新しいことではない。まったく当たり前の行動に思える。人と人が優しくすることは当然のことであり、自然な行動なのである。このように万物は自然で構成されており、それ以外ではないからで、人体、人間も例外ではない。

ではなぜ、私達は他人や知らない人を傷つけたりするのだろうか? 隣人も他人もすべて自然な生きものである。それを攻撃するとは何事であろうか? 本来はとんでもないことである。自分を傷つけていることと同じである。なぜなら自然は自分であり、他人も同様で例外はないからである。

私達は自分と他の生き物を明確に区別しているのであるが、元からある他の生命との一体感を、いつの頃からか忘れてしまっている。区別しすぎて自分が何者かをすっかり忘れてしまった。他の生きものはそのようなことは起きない。大自然に常に即しているからである。私達人間だけが例外で、下手な知力があるために勝手な行動を起こしている。他人を競争相手、あるいは敵と見なしている。あげくに自然に対しても敵と見なしている。完全にこんがらがっているのである。こんな状態で仲良くしようなどといって生活できるわけがない。私達には「優しく」できない立派な自己都合がある。

この大きな原因の一つに、金銭社会のひずんだ社会がある。あるいはやむを得ず金銭社会を作り上げた結果かも知れないが。逆に言うと、私達の精神レベルにふさわしいのが金銭社会かも知れない。金銭が絡むとやさしさは無くなる。無用になるのである。たしかに割り切りは金銭が実にふさわしい。しかし逆に金銭を無くした付き合いは、ギクシャクや割り切る必要が無くなるのである。金の切れ目が縁の切れ目になることもない。そこでは優しさが基本になる。

金銭が無くなると、生き甲斐が無くなる、張り合いが無くなるというかもしれない。しかし無い方がはるかに効率よく、人を幸せにすることがはっきりしてくるだろう。なぜなら生きる基本が狡猾さ、すばしこさではなく、「優しさ」であるから。

ともかく私達が見習うべき規範はもっぱら大自然である。これ以外に適切な教師はいない。そのために用意された自然である。これを利用しない手はない。しかも私達の身体と同じ材料で出来ている大自然なのである。理解できないはずはないだろう。

ところで自然は本当の優しいのか? 大災害が起きて、大勢の人が亡くなることがよくあるではないか? 本当に優しいのであれが、このようなむごいことをするはずがない、と私達は思うだろう。これも大いなる勘違いである。実は大災害の前には自然はキチンとサインを出すのである。それはそっと知らされる。大騒ぎしない。私達は自然に関心を持っていないので、そのサインすらまったく気付かない。ならばどうなる? みな災害の犠牲になるのは当然である。本来自然が知らせるときは、私達は謙虚にそのサインに気づき、素直にそのときは急いで一時的に逃げればよいのである。自然はそのようにしろと、親切に知らせるのである。

横着な人間はそれすら気付かず、間違いなく逃げ遅れる。そして大災害になってから騒ぐ。誰が悪いのか?と。 私達自身に違いない。例外なく常に人災である。それを大騒ぎするとは実は恥ずかしいことなのである。私達には謙虚さが全くない。だからその当然の結果を受けるだけのことである。私達は知恵者ではない。今のままでは愚かなだけである。知恵ある者は大自然の方である。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 

 


地域貨幣

地域貨幣というものが少し流通しているようである。小さな地域内で私的に通用する貨幣である。これはよい方向であると思える。なぜならこの貨幣は単純な交換貨幣であり、現在の通貨のようにいびつに「高度に進化した貨幣」ではないからである。高度に進化した貨幣は、利息がついて魔物のように多くの人を縛る。しかし原始的な地域通貨はこれより遙かに私達を人間に戻してくれる。

欲を言えばこの地域通貨を実は次第に全くなくしてしまうのが正解である。これは人を信用する取引となる。確かに嘘をつく人は大勢いる。誤魔化して横取りする人である。そのための通貨であるが、信用が重なるといつかは金が要らなくなるのである。つまりお金の懐は誰しも同じとなる。ついには最初から金の感覚が不要という社会になる。金銭で労働価値を断ち切るという手順を省けるのである。金銭取引の意味がなくなる。私達は最初からそうであった。これは元の社会に戻したということに過ぎないが、これが本来のものである。

これは退化ではなく、逆に確実に精神的に進歩である。なぜなら私達は今まで精神的に明らかに退歩してきたからである。おつきあいの中で誤魔化しを必要としないことは、金銭が必要でなくなったということ。金という換金物に執着する必要のない生活である。ではその後どうなるのか。金銭を一切考えないのであるから、本論が先に来る。駆け引きはそれほど意味をなさなくなる。駆け引きが大きな重みを持つのではなく、その先にあるお付き合いが重要となる意味。

つまり金を儲けた、損をしたなどの話が最初からないので、面白みが倍加する。私達は逆に博打で儲けるというのが大きな魅力になるだろうが、これを遙かに先へ越えた生き方になる。つまりステップアップした生き方なのである。夢物語ではない。現実にこのように駆け引きしない、金銭が全くない社会は実際にある。この社会が圧倒的に、地球以外のこの宇宙では多いのである。私達が知らないだけ。まるで私達は想像できないだろうが、逆に他の惑星ではわざわざ金銭に置き換えた生活は全くやっていない。私達の金銭を介した生活は次第に複雑となり    その貨幣のお化けである「金融」が民衆を縛ってしまうという、仮想ごっこの生き方が、実は大変に異常な生き方なのである。今まで私達はこの貨幣のない生活感覚を知ることがなかった。貨幣が出来て以来知らされなかったのである。

そして長い地球の生活は貨幣が常識となった。貨幣や金融といわれるものが権利を持ち、多くの人々を強く縛るようになったのである。この地上では人間だけがこの化け物に追い回されて、ときには自殺や他殺に追い込まれる。他の生きものには理解しがたい不可解な生きものに見える。本当に不自然で、気もそぞろの生活を必死で行っている。私達人間だけは気が狂っているのは間違ない。

これを正常に戻そうというのがこの話である。異常さを元に戻し、他の惑星との付き合いをそろそろ始めてはどうかという提案なのである。他の惑星の彼らは最初から金融というものはない。合理的な物流のみがあり、過不足なく行き渡るようにシステムをとっくに作っている。金融や、利益、利ざやを目的とした物流そのものにうつつを抜かす(不労所得)こともない。物資の不均衡も全くない。物流は淡々と行われ、楽しみはこれらの活動の中にある奉仕の態度にある。万人、万物に私達のように区別分裂を挟まないのである。

これは地球の私達もやってみなければ判らない。何がそれで優れているのか、私達は一度も試したことがないから。最初から考えただけで出来るわけがないと拒否してしまうだろうが。もったいないことである。その先にある宇宙的な生き方を知ろうとせず、最初から宝をすっかり投げ捨てている。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 


宗教の役割

私達には多大の困難が日頃降りかかる。止めどもなく際限のない困難である。正直に生きようとすれば益々その締め付けは厳しくなる。楽に生きようとしたり、手を抜いたりすると、あとで大変な苦労をみる。では先に苦労すれば後で楽になるかと云えばそうでもない。かん難から避けるには一瞬も油断が出来ない。

ところでこのような生活の中で、宗教を抱え込んだ生き方は「逃げ」の一種と思われる。私達は残念ながら精神的な自立が出来がたい。その境遇からして直ぐに自立しようとしても、普通は無理である。ではどうして自立するのか?

このためには情報がどうしも必要なのであるが、最初から目の前に本物は用意されていななかった。しっかり隠してある。どうしてなのかその真の原因は分からないのであるが、私達にとっては重要かつ最も肝心のものがわざわざ隠されている。ヒントや、手がかりですら奥に隠してある。そして自力で探すには大変な思いをする。これは大昔からそうであり、時代が下がって現在になるに従いさらに困難となり、探し出しても奇跡になる。見つけたときは誰もついて来ない。このようなことがなければそもそも宗教も要らなかったのに。

情報は隠した? この原因は真実を知らなかったからだろう。知っていればそれほど隠すこともなかった。教えられなかったというのが正解かもしれない。その原因の一つに、かつての大災害(天災)と思われる。地球をひっくり返すような天変地異が何度か発生し(数千年かさらにもっと昔)、それまでのよき情報が壊滅状態となり人間同士でよき知恵、文化を引き継げなかったのであろう。物理的にそうなったと思われる。超古代の地球は真の平和があったようである。その後この大異変で原始の時代に戻っている。そのとき人口も激減した。それまでの文明を直ぐに復興できなかったのである。

その後文明はゆっくり昔を思い出したように再び始まった。僅かに生き残った人達が長い時間をかけて、かつての物質文明を少しずつ元に取り戻りつつあるようである。しかし精神文化は引き継がれることなく、かつてより劣ったままとなっている。昔のように優れた精神は断絶し、思い出せなくなったのである。かすかにその痕跡が残っているだけの状態である。これは日本も同じである。その証拠に、他国ほどではないが、日本ですら常に私達の身の回りは紛争や争いの類が絶えないからである。今が平和であるなら、私達は精神的に進歩しているといえるが、そうではない。逆に紛争は増えて、残虐性が増している。紛争、戦争で精神が進歩することは決してない。戦争のやり方は旨くなり、悪知恵は働くようなるが、それだけのことで、これは宇宙的には何の自慢にもならない知恵である。私達の本来の進歩には何の貢献もしない。

本当は今の状態になった原因を探ればよかったのであるが、常にそうしなかった。各個人は自分の困った問題として精神的安寧を求め、多くの人はその専門の窓口である、宗教の門を叩いた。というより強制的に入門させられたのである。つまり政治的に既成の宗門に入らざるを得なかった。好き嫌いや求道精神でそうなったのではない。大概は自動的にその宗教になってしまった。集団入信である。

そこでは精神的安寧を確かに与えて貰い、死ぬときは有り難く「あの世」にも送ってくれるし、それ程の不満もない。既存の宗教が何者か、本当のところは誰も言わない。これで人並みの生活が保障されるので有り難いのである。宗派はともかく私達はこのレベルで精神的な安定を得られたというのは否定できない。真の安寧はともかくこれでよかった。おまけに大方、宗教は政治と一体であった。いつの時代もそのための宗教が用意されてきたのである。大衆はそれを素直に従えば何でもないことであった。

そのかわりに本当のことは教えてもらえなかった。教える側に中身がなかったからである。なけなしでは教えられない。そこで大衆の無知を幸いにしてさらに煙幕を張った。大いなる暗闇である。真実はいつも芽を出すから、ほっておいたら宗教自体がやり込められる。各宗派は理屈を沢山積み上げてその防衛にいそしんだ。それが長い安泰につながるからである。

すると紛争や、戦争は宗教と一体になっていることも判る。お互いに助け合ったのである。片方が無ければ相手も要らないからである。実は紛争と宗教を同時に無くしてしまう方法は別にあった。しかし紛争を絶え間なくし、人々の精神を疲弊させ、同時に宗教をしっかりあてがうことを忘れなかった。この方が都合がよいという人達が陰にいたのである。宇宙、生命、人間の本質は奥に隠し、闇に葬ってしまった。

このような中で、自力でものごと、成り立ちを考える者はさらに少なくなったが、概ね社会的権威や既成の権力で押さえ込まれ、生き残っても切り捨てられた。宗教の殻を取り除いたものには、光はほんの少し覗いているので、それを引っ張り出せばよかったのである。しかし引っ張り出す前に真実を申し立てた本人が力尽きている。

気付かない大衆の方はその点どうでもよかったので、大衆の宗教はさらに宗派も増えて増殖した。世が混乱し紛争が増えると、これに比例して宗教は需要、必要性が出てきて、新しい宗教も次々に増えたのである。社会不安とセットになっている。混乱、紛争を無くすことを考えればよかったのであるが、そうはしなかった。基本に触れることはしなかったのである。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


人間とロボット

最近、私達はロボットという言葉をよく聞くようになった。昔から自動的に機械でやれるものは、それに任せてきた。特に現代になってからはこれが急速に進み、乗り物を始め、コンピュータ関連でも自動化がさらに進んだ。これらはすでに最初からロボットの一種であり、ロボットそのものである。最初は自動化の一部だったのが、段々と人手が要らなくなり、ボタン操作一つで複雑な作業が出来るようになった。一連のものは殆どができる。そしてあたかも人間の判断のように自在に操作をする機械が「ロボット」となる。そのうちに人間の役目をその殆どをやるようになるかも知れない。特に肉体労働的なものはそうなるだろうし、実際急速に進んでいる。

ところで人間とロボットの違いは何処にあるのだろう。大きな違いは創造性や直感と思われる。ロボットを作るのは勿論人間であるが、これには動機と創造性が必要になる。ロボットは製造された経緯から、その動機、創造性を最初から持たない点が私達との違いである。そして私達人間の精神活動の中で顕著なものは特に「直感」である。これは機械ではできない。直感はある意味で無限に通じるもので、動機と合わせて最も私達が人間としての根源の部分に通じるものである。

ロボットは便利であるが、開発する動機の間違いや、使い方を間違うと私達自身をつぶしてしまう。私達が自滅する原因を作る。つまり悪用すると逆効果が出る。物事の原因を知らないと、逆にロボットに飲まれてしまう。丁度私達が貨幣経済を人工的に作り出し、生活の中でこれが勝手に肥大増殖して自分たち人間を大変な思いにしている(貨幣自体に飲まれる)ことと同じである。使い方と、動機のチェック、物事の本質を間違うと滑稽なことになる。最後にはロボットを恐れるようになる。戦争兵器は昔からある最悪のロボットの一つである。

また私達が作る知的ゲームは、それを正確に、スマートに勝つためには多くの修練や能力が必要とされる。またそれに勝つために人間と同じように機械もゲームが出来る。ところがゲーム自体をつくるのは人間なのである。するとルールを作りゲームをすることは自然の活動とはあまり関係がない。つまりゲームの中での人間対ロボットというのは、実はたいしてその中身が変わらないことなのである。私達の作り事の中の話である。それ以上でもそれ以下でもない。何か知恵あることを行うのとは違う。

そして人間とロボットの確実な違いがもう一つある。それはロボットが転生を理解できないということである。またロボットには転生自体を思いつかない。また必要もないからである。私達はよくロボットと人間のテーマのことが話される。ついに人間はロボットに使われるのではと、心配の向きもある。

しかし基本が判っていれば勘違いをする必要はない。主人が誰かを理解していればよいのである。間違って、主人をペットの犬と間違って生活している人には理解できないかもしれないが、決してロボットが主人になることはない。

どのように高度な機械であれ、ロボットであれ、私達が利用する機械類は道具である。身近な金槌、スコップ、刃物などからスタートした道具である。たとえさらに進化した高度な宇宙船や思考ロボットが出来たとしても、やはり道具である。彼等はイメージや動機、直感を自ら創れない。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 

 


捨てること

今まで自分が獲得した物事を捨てるというのは、勇気の要ることである。特に自前の価値観が総崩れになることは耐えられないだろう。それを見るのは目を背けたくなるかも知れない。

この中に金銭感覚も含まれる。また価値観、生き方、社会的地位、名誉、評判、経歴、勝利感などもそうである。普通は捨てられない財産である。自信とプライドを築き上げて出来たもので一朝一夕に出来るものではない。長い時間がかかったのである。これらの価値観を捨てるとは、これこそ全財産であるので相当に勇気が要る。

私達のこれまでの価値観を捨てる、あるいは変換するとは、例えばこの金銭に多くの価値観をもっていたものを、これらを重視することなく、別ものに価値を転換することになる。今までの価値観からその順位を別物に変えること、日頃の価値観を生き方そのものに重点を変えることなどである。

生きることとは、飯を食い、友達としゃべり、旅行をして自慢をする、持ちものを自慢する、自分の子供や孫がいて沢山の知人が居る。これで十分であり、悪いことは何処にもないと普通は考える。ここで身の回りを見ると、逆に飯を満足に食えない人、友達も居ない人、旅行も出来ない人、子供も持てない人が確実同時に沢山いることである。まだ日本は恵まれているが、外国ではそうではない。呻吟している人が無数にいる。絶え間のない紛争はとどまるところを知らない。

しかしこれは自業自得で私達日本人が心配することではないのではないか?ほっておいてよいのでは? と考えることも出来るがこれはほってはおけない。これが大問題。

社会的な価値を捨て去ることはどのようなことか、これに代わる価値観が必要になる。すべて変えるのではなく、ほんの少し変えるのである。例えばこれらの中で「自慢をしない」ということである。なぜなら自分にとって相手の自慢は鼻持ちならず、聞きづらいものだからである。相手のことを思えば自慢はじゃまになる。これを止めると私達はすこしレベルアップした感じ方を知ることが出来る。価値観の広がりである。これで争いは圧倒的に少なくなる。そして次のステップを確実に踏むことが出来る。

ここでレベルアップせず、今まで通りに自慢しあってはついには争いが始まる。これは必至である。国同士でも同じ。私達はこのレベルを何千年も超えることがなかった。単純である。ただの自己自慢を少し我慢し、相手に思いやりをすればあらゆることが驚くほど解決する。これは間違いがない。誰が勝ったとか、誰が一位であるとか、子供じみた自慢を止めることである。そうすることで、私達にはその次に途方もないものが用意されているからである。

私達はその段階、つまり精神的大人の生活を経験したことがない。だから試してみようとは思わない。相手にやりこめられること自体が絶対に許せないからである。許したこともないし、負けたら敵を討つ、やり返すことしか考えていない。生き甲斐として。だから永久にこのジレンマから抜け出せないのである。何かよい方法はと何千年も考えてきたが、何も出来なかった。科学技術は遙かに進んできたが、この技術では平和に手が出せ無いどころが、私達の競争生活に科学技術で火に油の状態にしてきたのである。

このように特効薬は「互いに自慢をしない」これだけで効果は抜群である。しかしこれが出来ない。たったこれだけが出来ない。そのために数千年間、私達はつまらぬ争いを永延と続けてきている。この事実は間違いのないことである。勝った、負けたで自慢のタネは尽きないが、このため争いが増え、しかも科学技術が大いに栄えて、単にこの争いは小さな被害では済まなくなってきている。この技術で何をしでかすか判らなくなっているのが今の私達である。精神コントロールなど高度なことは私達には無理である。そのような訓練は全くやっていない。政治家、研究者、歴史家、その他高名な先生、陰の支配者であろうと誰しも同じレベルなのである。

精神的に発達していないのはそれでよいというのではない。このアンバランスは私達の肥大した科学技術をこのままにしておかないからである。キチガイに刃物になっている。その状態を達観して見ることが出来ない。いよいよ全体コントロールが効かなくなる。

私達のこれからはどうすればよいのか? の回答は昔から難しい問題ではなく、ただ「謙虚であれ」「自慢をするな」というものになる。たったこれだけにすぎない。あらゆることは簡単に解決する。しかし皆これだけのことを言われても、鼻であしらうだけである。やったことがないから想像もつかない。

私達のこの間違いだらけの歴史をいくら長年研究しても、さして役に立たない。あるいはこれは進化論の検証になると思っているかも知れないが、何の役にも立たないのは請け合いである。なぜなら私達が信奉している進化論自体も、この競争をかき立てた道具の一つに過ぎず、元から出鱈目なのであるから。

私達の歴史よりも大切な研究は、身近な自分の身の回りで研究するのがよい。たいそうな学問は全く不要である。ちゃちな超能力も要らない。素直な気持ちと徹底した謙虚さがあれば、十分である。他にはたいしたものは要らない。その他は普通の常識を持っていればそれでよい。私達の研究対象で最も重要なものは、大自然とその生き方である。身の回りにあるなんでもない自然そのものが、私達の研究する大切はものである。より良き生活の研究対象がないわけではない。昔からチャントこのように用意がされている。そのことに私達は気付かない。もったいない話であるが。

例えば他でも書いたように、私達の身体は全て自然の材料から出来ている。これは他の大自然の生き物もそうである。土水空火はもとより、小動物、微生物、細菌に至るまで例外がない。そして私達人間はその一部の生き物で、基本的にはその他大勢の生き物と全く同じ生き方に組み込まれている。人間が違うのは他の生き物よりも知力と器用さはあるが、身勝手であり、価値観が幼稚であるということ。これが私達の際だった特徴である。しかも困ったことに、この現実に私達自身がこのことに気付いていないということである。

私達が今までガリガリ亡者で稼いできたもの、身につけてきたものは実は捨ててしまってよい物である。本当に捨てられないものは、目に見えないものであり、転生で持ち越すものである。良くも悪くも自分の身から離れないものである。いずれ私達は身の回りにあるもの(ガラクタ)は一切捨てるしかない。

ならば最初から捨てるのでもかまわない。本当に繰り越すものは、私達の本体と見えない体験記憶から培ったものである。これは消えないし、消せないものである。いずれその決着は自分なりに付けなければならないし、対峙することになるのである。そのとき私達は強引に身の回りのものは身ぐるみ剥がされる。が最後の見えない荷物のみはそのまま持ち超される。次の代の個性として引き継がれる。これが良くも悪くも貴重なその人の本来の財産である。捨てようにも、自動的にくっついてくる。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 


優れたアイディア

優れたアイディアはイメージが先行する。見えないイメージで物事の方向が決まっていく。つまり父性側の導きが優先するのである。現物が最初からあって、それを探すのではなく、原因から出てくるイメージに教えられて進む。これを無意識に信じたときに、必要な先行イメージが現れる。教えてくれる。

これから判ることは、この沸いて出るイメージが最も重要であること、科学のみならずあらゆる活動の中で私達に有益なものを知らせてくれるものである。各人が生み出すべき直接の解答である。いつも優れた出来事はこのような環境から出てくる。イメージしたものがよきチャンスを窺って、その手口をつかむことから始まる。勿論その全てを編み出すのではなく、ある部分は周りから得たヒント、イメージである。つまり人のものを習っているうちに湧き出るヒントでもある。そして自分なりのものが生み出されていく。このとき各人のオリジナルが出来る。

当然このとき問題となるのは、やはり個人の動機である。イメージの正しさを判断し、自信を持たせてくれるのは、自慢などではなく、謙虚さである。これを自分でチェックしなければならない。最も私達にとって難しい判断である。自画自賛ではどうにもならないし、逆に全く自信を失ってはさらに進まない。丁度、塀の真ん中を歩くようなものである。このバランスが自由にとれるときが突然来るかも知れない。そのような機会が与えられたときには、その場を逃さず、中身を急いでまとめなければならない。最初は何をしているかも判らないかもしれない。ともかくまとめるのである。繰り返すと全体が次第に現れてくる。最初から全体は見えない。その一部がちらりと姿を見せるのである。

このイメージは最初からすべてが出るとは限らない。その一つのヒントや、一角が出ると思われる。ほんのちらりと部分が顔を出す。それをたぐり寄せないと全体は見えないし、本人が気付かないときもある。そっとささやくので要注意。重要ものは大騒ぎして現れることはない。ごく静かに現れる。

この要領は沢山のアイディアをもらうときの基本である。そしてアイディアが現れるときの各人の癖を知る。この機会は、特別なことを行うのではなく、ごく普通の生活が必要なようである。

アワのと目次へ

アダムスキーDB


 

すぐに離婚

離婚は昔もあった。現代はその頻度が多くなっている。また父親のいない子供を産むことは珍しくもなくない。片親の子供は育っていくには不都合もあるが、特にそのことに抵抗が全くない母親や家族が増えている。

昔のように家の家風やしきたりが薄くなり、皆が制約のない均一化された楽な生活が可能になったからかも知れない。金さえあれば確かにそれなりの生活ができ、自分勝手に生活ができる。子供を持つのも制約があまりないので自由である。金銭の算段をやってさえいれば目の前の生活には困らない世の中になったのであろう。生活そのものは金銭稼ぎの単純手段となった感じなのである。他にたいした意味は問われないし目的は単純化されている。生活の身の回りはすべて自動販売機でも出来るようになって、共同生活の必要性がなくなったのである。勝手に住んでいればそれでよい。辛抱すれば格安の生活も可能である。

しかしこの便利さは同時に難儀な面をつくる。例えば付き合いにくさを生むことである。人間同士の中に壁を作るのである。誰も予想をしなかった結果である。昔は不便さが皆の共同活動を奨めた。今はその理由がなくなった。皆でやらなくても、金で業者を雇えばよいし、作業も機械で大方短時間でやってしまうのである。昔の井戸端会議は自分の家での自動洗濯機になったのである。これに至るには、水道が必要、電気が必要、モータが必要、洗濯機という便利な専用機が必要なのであるが、いまでは全てがある。しかしその便利を競う科学技術のせいで、私達は知らぬ間に人間同士互いを断絶させた。これに金銭の取引きが入るので、益々私達は互いの間に断絶ができてしまった。機械や金銭が私達の身の回りを取り巻いているが、この覆いが増えるほど、人間関係はさらに疎遠、断絶となっている。

ところでこのような中で子供を持つことは単なる流行やステータスの一つになる。自分の持ち物が他人とは違い、自分にないのでとりあえず子を生んだということになる。あるいは目先の生き甲斐、愛玩そのものになるかもしれないが、それは殆ど個人的なものに集中している。社会人としての子供という意識は全く無い。ほんの個人的所持品に過ぎない感じに近い。この子供が社会を維持する人材となる意味はすでにイメージされていない。究極、子供は個人の持ち物で国民というイメージもない。戦後の民主教育と便利さはここまで民族を変えて短絡させてしまったともいえる。

はっきりしているのは、社会を作ろうという意識がないことである。つまり社会の面倒を自らみようという人々が極端に少なくなることを意味する。自分や身の回りの都合だけ、それ以外は考えないという単純思考が増える。金銭は自分の生活の全てになったので、それだけを気にしていればよいのである。他に周りの付き合いは必要性がなくなった。必要性を感じない。

このような社会は“烏合の衆”となり長くは維持できないだろうと。出来ても魅力のない社会にしかならないのではないか。やはり原因は思想の無さ、民主教育と機械化、金銭割り切りによる分断が大きな原因のように思える。

また同時に男女の結婚というものに意味がなくなっている。社会を作ろうという意識がなくなり、生きる魅力はどこからも産まれず、当然、男女のアヤも、助け合いという面白みも見ることもあまりない。中身のない淡泊な社会が出現してしまった。あとは携帯電話、アイドルとスポーツ、ゲームだけを追いかけ回す生活、あるいは安っぽい優越感、ステータス、金銭だけに気を遣うだけの生活になる。

それでよいとなればそれでもいいが、あまりにも酷すぎる。そこで育った子供は当然片親も多くなり、むしろ孤児に近い。まともな情緒は育たない。価値観が偏るし、薄っぺらになる。ここで共に社会人として育てと願っても到底無理である。片親なら更にまっすぐに育つのは難しい。その子は社会を維持できる人材には育たない。例外はあるが最初からハンディをもったままである。両親健在で子供を大事に育めば、社会ではそれなりにその子が今度は逆に面倒をみるようになる。これは普通の感覚である。しかし短絡が進むとそうはならない。

これら歪んだ土壌では結婚生活が維持できない。切磋琢磨などややこしいことはできない。すぐにあきらめて離婚する。さっさと別れて互いに勝手な生活をするのである。子供のことなどさらさら考えない。子供は社会の財産という考えなどはみじんもない。だから勝手に親や親元が何のためらいもなく離婚を決める。そして気が向けばすぐに他の相手と再婚する。実に子供にとっては多難である。あとは金銭のトラブルだけが残る。そのうちにこれからは両親の元で子を育てるという価値が無くなって、親は親、子供は子供で勝手に「飼育する」という社会になるかもしれない。これでは家畜の飼育場と同じになるだろう。

この解消法はあるのか? 男と女が互いに魅力的に出会い、そして魅力的に子供を育てる環境を復活させる方法はあるのか? 子供は両親が慎ましやかに生活し、安定した精神で子供に接することは最も大切なことである。これは衣食住と同じように欠かせない内容である。これなくして子育ては完成しない。男女はそのためにそれぞれの固有の力が備えられている。無駄ではなく、必須である。たしかに集団で育てる方法もある。両親と同じように肉親以外でもできる。が最も手早く、現実的なやり方は両親に勝るものはないと思われる。

では見本はあるのか?いくらでもある。自然をみると、どのような生き物でも、たいがい夫婦で子供を育てるのである。私達はこのマネすらできなくなっている。私達は動物から進化して人間になったのでは決してない。これは妄想である。本当は、私達は時代が下がるたびにこの数千年間で人間が退化しているのである。だから子供もまともに育てられない。その上、人間同士の争いが比例するように増えて絶えない。退化している立派な証拠を日夜積み重ねている。便利な社会は生活の苦労が無く、一見すばらしいように見えるが、決定的なことは、無定見に便利さを追い求めると生きる喜び、動機が生まれてこないことである。便利さは同時に別のものを用意する必要がある。

離婚は子供にとって最悪である。今の社会でこれ以上に痛めつける方法はない。ダメージが大きい。これは社会全体を痛めつけることと全く同じである。なぜならその子は離婚のショックで精神的な大きな負担を背負い、容易には立ち直ることができず、トラウマを大人になっても引きずることが多い。子供の将来にとってよいことは一つもない。同時にかれらの生活はその生涯で負の遺産を持ったままとなる。親は何でもないことだからと離婚をするが、最初から父親なしの子を生むことは社会も重大な負の遺産を抱えることになる。

無責任な生き方は無責任な社会を作る。自分の生き方は子供たちの生き方、社会の生き方の写しになる。これはごまかせない。個人が利己的に徹すると、社会もそうなる。そして益々私たちは生きづらくなる。自分で首を絞める。これは転生を含めると更に相乗効果となるからなお悪い。結婚の意味すら思いつかなくなりつつある。ごく個人的なステータスという薄っぺらな価値判断しか出来なくなってきている。子供は自慢対象のオモチャ程度になっている。そうならないためには、その逆をやるしかない。

逆とは、自分の足元を見てあきらめずに真剣に当たるしかない。少なくとも他の生き物に劣らない生き方をする必要がある。私達はけっして進化しているのではない。次第に精神的に退化しているのが現実で、元に戻すのが先決である。あたふたと慌てなければならない。

私達の身の回りの便利さは、だだそうなるだけでは済まない。その見返り、反動がある。これを無視するととんでもないことになる。文明の利器はそのままでは済まないことを知るべきである。丁度、農業で使う農薬は、便利であるが大変な代物になり、両刃の剣となり、他の生き物にも影響を与えることと同じである。原子力もしかり。ともかく便利さは不便さを生む。私達の発明はみなこの見返りが伴っているようである。短い時間スパンでも、長いスパンでも発生している。特に長いスパンは気づかない。この長いスパンの中に、人間の生き方、価値観の変化がある。私達の結婚スタイル、子育ての変化もこの影響が甚大である。利便さは薄情と不便さに確実につながる。

では不便さがよいのか? そうではない。不便、便利という前に、私達はその生き方そのものを知る必要があるということである。生き方を知った上で便利さを求めるならそれはそれでよいと思われる。が価値観の欠落した便利さは必ず不便さと人間同士の分断や、気軽な離婚を生むのだということを知る必要がある。

父と母をわきまえて子育てをする意味は段々と廃れ、何を目標にするのかは明確に示されていない。身の回りの便利さはさらに無目的に拍車がかかり、個人だけで探しても、また膨大なデータから集約しようとしても見つからない。従来からの価値観は常に時代と共に瓦解し、再構築するのに大わらわである。しかし私達は元からある惑星を含めた大自然の生き方を真摯に見習うならば、多くのヒントが隠されており、これが唯一の解決手段である。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 


援助の仕方と金融

人に援助をする方法として、融資、投資という方法がある。これは私達の商売には一般的で何も不思議はない。資金はないがアイディアと体力があるとき、人から金を借りる。この金を元手に会社を設立して、商売を軌道に乗せる。余剰金が出来たら借りた金を返金し、株の配当にもなる。これは今の社会では何でもないことである。

これを逆に見るとどうなるか。つまり資本金をもった人はアイディアがなくても末永く配当が得られるということである。当然リスクがあるので、これを見込んで利息を考慮する。同じように土地をもった人はアイディアがなくても、土地を貸してそこら口銭料をとることができる。

この取引は互いに遜色がないように思える。が一旦度を超すと、資本を提供する方が一方的に優位となる。同じこのシステムを利用して、ある種の会社、集団は個人、会社、国家に対し貸し付けを行う。そしてこのシステムはあらゆる分野に波及し、二重三重に利息がからむ。つまり本当に働く人が次第に少なくなり、利息に乗っかる人が増えることである。これを利権、縄張り料ともいう。度を過ぎると大半が利息、所場代、顔代、挨拶。土地代などとなる。その分、最後に働く人は大変な目に遭う。つまり貸し手は実質金融ヤクザに近くなり、縄張りだけで生きていける。縄張りとはヤクザだけが専売なのではない。あらゆる分野や隙間にこの利権がはびこる。

実際にこの取引には善悪など入る余地はないかも知れない。契約の社会であるのでその通りに行われるだけである。しかし度を過ぎると、このように貸した資本は多くの見えない力を持つことになり、資本を借りた末端側は長い間、そのくびきのために永遠に縛りを受ける。つまり貸した側がいつまでも優位に立つというシステムになる。貸した金、資本は個人の人間以上にものをいうのである。これが金融システムの最も厄介な面である。途中でくびきがとれるならよいのであるが、しつこく資本は人が死んでからでも付きまとうのである。

近年はこの資本家の保護という名目のために、いびつな社会がさらに加速している。資本や資本家は見えない。見えないように法律で保護される。丁度資産隠しのように。しかも資本家は利益と権利だけは陰から厳しく要求する。人工的な金銭は相手の命も平気で脅かす武器と同じ働きをする。金銭が最優先される社会はこれを否定することは出来ない。金銭や金利に縛られたまま資本家や出資者の言いなりである。資本家側や企業側の言い訳は常に、金科玉条のように「出資者の保護」という。これさえ唱えれば誰も文句は言わない。資本主義の諸悪の根源はここで発生することが多い。

確かに事業を興すにはこのような資本がいる。しかし金銭は本来、人をきつく縛るためのものではなかった。いつの頃からか資本は勝手にシステムが発達して人を縛るようになったのである。資本を持つ法人は生きた人間以上の人や組織を縛る。私達は金銭が非常に便利であると考えているが、この道具のために逆に多大の労役を行うようになった。元来、労働の価値を金銭で計るということが間違っていたのであるが、今さら変えられない仕組みや約束事になってしまっている。またこのシステムが私達にこよなく合っているという人が多い。金銭に全く苦手な人々が大勢いることも確かであるが、大方は昔から培われた取り決めであり商法であると信じているし、この世の不可欠の法則と信じている人が大半である。

この商習慣をそのまま利用してペテンや誤魔化しで商売にしている者もいる。あるいは国際的なスケールで見えないカラクリを活用してすばしこく多大の利益を得ている集団もいる。これは大昔からいた。私達の活動が金銭のやりくりに切り替えてられてから、多くのイカサマ金融も発生したのである。特に最近はこれが巧妙ですざましいものになってきている。特に金融商品という化け物である。一見、正当な金融活動であるが、裏から見ると博打場そのものである。何もまじめな生産活動はしない不労所得そのものである。その中にいる者は正当な労働と言いたいだろうが、実際にはまともな生産活動は一切していない。単に「商取引を悪と見る」からそうなると言うものではなく、労働を金銭に置き換えたそのときから、これらのいびつさが最初から含まれるという意味である。だから正解は金銭取引をやめるのが最も早い。では本当に出来るの?

私達の活動を物流だけの流れにしてみると、どうなるか? つまり金銭取引をなくしたときである。私達は日常、最終的に金銭ではなく必要な物資がいる。食料や衣類、住宅である。道路や車が最初から要るのではなく、これ以前に必要なものがある。これは文明化されていない人々が必要な必需品である。これさえあれが困ることのない基本的な必需品である。

今の経済活動のなかで、基本的な物流はそのままにして、金銭活動を完全停止すると、しばらくは物流が動く。金銭は月締めなどで現金や電子で決済が行われる。この決済をやめてしまうとどうなるか? 私達の生活は金銭そのものを食べているわけではないので、何も困らない。つまり金銭取引は無くても生活や活動は出来る。困るのは帳簿上の赤字黒字なのである。金銭帳簿をつけないと赤黒が判らない。赤字だとその仕事は止めなければ周りが承知してくれない。如何に正直に仕事を行おうと関係がない。爪弾きされる。つまり利益が出たのかを競っているし、こだわっている。

ところで最近は金銭の電子取引が多くなって、「電子マネー」というものも出現した。これは今までの金融システムと基本は大して変わらない。思想は全く同じのものである。二重になった仮想の金銭価値を認めるかどうかというものである、金銭そのものが最初から仮想であるから、本質は全く紙幣と同じものになる。どのような派生マネー、便利なマネーが出ても中身は同じとなる。ものの価値を何かの置き換えるという置換作業であり、私達の混乱の原因であることには変わりがない。

金本位であろうと、電子マネーであろうと、あるいは昔エルサレム神殿前で、銀貨をペシェルという河原で拾った石ころの貨幣に、こっそりすり替えて神殿に恭しく奉納していたものと全く変わっていない。当時の神殿の主催者は銀貨とペシェルを交換することを覚え、石ころの貨幣をそのうちに何処でも通用するように権威付けした。銀貨からすると偽通貨である。神殿の権威で嘘の価値観をもった貨幣はそれが偽物で何の価値もないということに、周りは明確に気づくことはなかった。為替、両替の原型である。そのうちに石ころが銀貨以上に価値を持つようになったのである。カラクリを知っているのは神殿の前でイカサマをしていた者たちだけである。これが今でいう貨幣の印刷利権である。

このあたりから通貨や為替は人を惑わすようになった。つまり架空の通貨である。実際には何の価値もない通貨が生活をそのまま動かしていくのである。そのうちに株券、証券、為替が出てくる。さらに通貨を含めて金融債権だけの商品が生まれ、賭場が開かれる。金融商品である。何の生産もなしに、債権だけで大きな金額の取引を行う。ところが勝手に好きな者たちだけ為替博打をやるのはよいけれど、この通貨で日常生活が行われているので、これら為替は私達の日常生活に直接大きく影響する。結局、実体経済を元から質草にしているのでどうしても私達の生活に影響するのである。大衆や真面目な企業は大きな損害を被る。

こうなると金融の最初の目的はどこかに行ってしまい、本来の金融はバケモノのようにこれに関わる者を飲み込んでしまうようになる。「活発な取引で市場を活性化させる」という文言があるが、これは程度問題となる。度が過ぎると実体経済は博打に飲み込まれる。ではこの賭場は一体誰が主催しているのであろう? これが曲者で、誰が主催者なのか分からないようにしてある。取引の実態も曖昧にしてある。その上、儲けた者はその素性が分からないように名義が何重にも換えてあったりする。しかもしっかりと法律的に逃げを打ってある。彼等はこのシステムを大衆が知らない間に長年かけて作り上げたのである。

この馬鹿騒ぎの金融取引を止めさせれば、この意味もない乱痴気騒ぎを止めるなら、この世の不満は大方なくなるはずである。全地球的にそうなる。真面目な物流だけが正常に流れるだけであるから。この取引で余計に儲けようなどという不届き者の欲の皮を剥いでしまわなければならない。元から不必要であるから。

金融が担ごうとする企業側も同じように動いている。例えば少数の企業家、資本家のレベルの低い子供じみた価値観、夢(売り上げをもっと伸ばしたい、業界で一位になりたいなど)を満たすために、不要な生産、不要な売り込み、不要な大衆の買い込み、馬鹿げて大げさな宣伝コマーシャル、などを年中続けなければならない。大衆はこのペースに乗せられ、煽られ消費しなければならない。必要もないものを買い込んでそのせいで地球全体の公害も甚大である。この馬鹿騒ぎは冷静になって止めるのが一番である。

素直な取引は、最小限の必要な物流だけである。不必要な物流(利益だけのための流通)は要らない。これで全ての物資の供給は満たされる。つまり金銭は不要である。では不正に対してどうするのか? 最初はグローバルには出来ないだろう。地域通貨のように小さな範囲で実験的にやってみてはどうか。

つまり利益や金利を取らない取引である。そして許容できれば、金銭取引をやめてしまうのである。物流だけを相対取引するという方法に変えてしまう。

例えばスーパに行ったら、その日に必要なものを手にする。そして金を払うことなく家にそのまま帰る。これは万引きにはならない。次の日はまた必要なものを手にして家に帰る。スーパ側は必要な食料品などを農家から取り寄せ日ごとに並べ、来客の需要を万遍なく満たす。スーパ自体の支払いもしない。ものだけが生産地から送られてくる。では生産地はどうするのか? 生産地では食べ物はある程度自分でも作れる。その他の必需品、たとえば衣料、靴、帽子、身の回りの小物などたくさんあるが、必要に応じて皆と同じようにスーパに受け取りに行く。勿論スーパのものは金を払う必要がない。

これら一巡する物流には金銭のやりとりはない。これですべてが充足するのである。そのやりとりの中で儲けた、損したという感覚は一切不要なのである。それより物を介して人に貢献出来ること自体が重要なのである。生産や互いの貢献の中で大きな喜びを感じるのである。確かに他人より旨く立ち回って儲けたというのは喜びかもしれないが、そのレベルのチンケな喜びはこの社会には通用しない。人より先んじたり大手振って自慢したり、公言すると恥ずかしくなる雰囲気になるのである。子供じみているので、誰もそのようなことは云わなくなる。それより皆のための奉公するのは名誉なことで、自分の次のステップのため大いに価値あることと誰しもが感じている価値観である。

この雰囲気を作るには、ある程度これに近い人種が必要である。さほど難しくない人々である。例えば一昔前のアメリカに住んでいた、インディアンの人々や日本の縄文人の人々である。白人達がこの社会を訳もなく、意味がまったく判らず、無造作に壊してしまったが、彼らはこれに近かったようである。インディアンは民度も高かった。白人は民度がとても低く、インディアンを全く理解できなかったので仕方のないことではあるが。今でも白人はそれをまったく感じない。私達日本人が今のアメリカに学ぶべきものは何もない。戦後の私達日本人はその経緯を教えられていないので、いつも大騒ぎするアメリカという国が、進んだ文明国と勘違いしてきたのである。文明は金銭や物だけでは作れない。そこではいびつな物だけが目立つ社会にしかなれない。金銭を無くす社会は彼等には当分、無理であろう。創れるのはインディアンの仲間やマヤの原住民達であろう。その原種の人々はすでにいないのであるが。

こと目次へ

アダムスキーDB

 

 

 


通信機器と人間の能力

私達の通信技術はめざましく発達した。200年ほど前はこのような通信を行うなどとは考えもしなかった。

地球のどこからでも、互いに会話や映像を交わすことが出来るようになったからである。そして各人が個人的に会話が出来て、その意志を伝えることが出来る。その通信内容や密度はともかく、自由に瞬時に出来るようになった。

通信が出来るから、では何が変わったのか?といわれても困るが、安価で自由な会話、通信表現が出来るのである。誰でもこれが困った技術とは言わない。便利であるという。たしかに電子の信号であるし、表現は限られるが、ともかく言葉の表現では十分に伝えることが出来る。直接の対話ではないが。

ところで、私達はテレパシー通信ができる。まだ多くの実例は持っていないが、今の通信技術を用いないで、本来は素手でこの通信が私達は可能である。これがもし日常的になると、大方はこちらの通信手段を使うであろう。電池も要らないし、面倒な通信機器やプロバイダーも要らない。無料で好きに通信が出来るのである。ところでテレパシーの通信は本当か?

電子機器のように勝手に他人の回線にはいったり、失礼な盗聴をしたりすることはないが、本当のところテレパシーは地球の世界や、宇宙に共通の通信手段であると思われる。大自然や、動植物は昔からこれに近いものを使っていたのである。本来は私達人間もその通信仲間に入るはずであった。しかしいつの間にか仲間はずれになって、この当たりでは地球の人間だけは勝手な言葉や文字を使って回りくどい通信を始め、ついに今の電子による間接通信手段をとるようになったというのが本当の経緯である。

そしてもう一つ見逃せないことは、私達が現在の通信手段を持つのは、偶然の思いつきではないということである。本当は私達の中にある能力が自然発生的にそのアイディアとなって出てきているという点である。手鱈目ではない。人間にテレパシー通信の隠れた能力が本来あるから、その一部がほとばしり出て「テレ通信」の技術がその一部として出現してきており、テレホン、テレビジョンなどのテレ技術となっていると思われる。実は私達の能力の裏返しである。私達が人間のレテ能力をもっと最初から現実に知っていたら、今のようなレテ技術ではなく、本来の手段を先にとったであろうし、手間のかかる通信にはそれほど関心を示さなかったと思われる。

私達が既にテレパシーを持つことが判ったら、どうなるだろう。互いにお見通しとなる。そうなると、当然下手な商売は出来ないことになる。これは誰しも理解できる。商売の意味が全くなくなる。ようするにどれほど儲けました、損をしました、というゴタクがいえなくなるのである。言い訳、嘘が云えない。言ってもすぐに悟られるので無駄である。「商売」の意味がない。もともと多少ごまかせる、あるいは大いに嘘を並べるのが商売であり、正直では全く商売はあがったりである。その意味でテレパシーは駆け引きや嘘を言わせないし、最初の人の出会いからすっかり判ってしまう。ようするに金銭のお取引が出来なくなる、というより、金銭が不要になるのである。

すると、この時になって初めて、私達には最初から金銭はいらないとい感覚が理解できる。これ以前には出来ない仕組みである。金銭の要らない社会とはこのようなものになる。金銭を無くすということは単純に出来る話ではなく、ある意味で少し奥深い事を示している。

ところでこのテレパシーはどのようにして私達は得るのだろうか? 地球ではこれが普通の感覚とは認められていない。異常な能力の部類にはいる。地球の誰しもそれは不思議なことになる。私達はそれを「超」の字を付けて感嘆し、あるいは偽物呼ばわりもする。そのどちらにも評価する。必ず無関心でいることはない。というより非常に関心を持つ。しかしこの能力を元来持っている本人はあまり不思議がらない。持って生まれた能力はどうしようもないからである。

ところで私達がこのテレパシーの能力を十分に持っているならば、既にその人物は私達地球には生まれてこない、または転生して来にくいのだと思われる。ここが理解できない私達の能力の限界でもある。誤解を生む根源でもある。つまり理解できない者同士がいくらテレパシーのことを説明しても皆インチキになる。本物は何処にもない事になってしまう。時々超能力といって、捜し物をするとか、未来予言的なことを言う人を畏怖の念を持ってみるが、その先は宗教となる、この辺が私達地球での相場である。これ以外のとらえ方は出来ない。どうしてもこのようになる。テレパシーの実例をいくら見せてもせいぜいこの程度で終わる。超能力騒動の中で常に終わる。ついでにUFO騒ぎもこの中にはいる。これ以上に出ることはない。同じパターンなのである。テレパシーを持つ人やUFO目撃などはこの騒動の中で潰されてしまい、正常ではいられなくなる。寄ってたかって全面否定され蹴飛ばされてしまう。残念で悲しいことである。

ではテレパシーのない私達がテレパシーについて議論しても始まらないなら、この現象を捨て置いてよいのだろうか? 同じようにUFO現象も捨て置いてよいのだろうか?

実はこの現象は私達の本質を問うときにどうしても抜けられないテーマになる。結論からすると、人間にはテレパシーがあるということである。むしろテレパシーは常能力のようであり、自分が知らないだけのようである。その実例として、このホームページでは「NASAの宇宙飛行士の体験例」を何度も挙げている。私達の地上(地球)ではテレパシーが実現しにくいのである。ところで私達の現代は宇宙へ曲がりなりにもロケットで飛び出すことが出来た。そこで体験したとこととは、地球人でも場所が適切ならば訓練することなく、テレパシーが得られるという貴重な実証であった。

もちろん最近では「NASAは月に行ってなかった」という逆の情報操作が行われているが、これは真実ではない(この否定情報の根源を知ると、陰の陰謀者が何を考えているかが判る)。彼ら宇宙飛行士は宇宙を体験したのである。その証拠が「彼らの意識の変化」であったと思われる。伊達や酔狂でこの証言をしたのではない。本当に体験し、この点に関しては他のこととは違い、箝口令が敷かれていなかったので、しゃべってしまったのであり、衝動で言わざるを得なかったと思われる。なぜか? 「宇宙の新しい情報」を調べるほど、このことが理解できる。宇宙飛行士がいかなる心境であったかが、誰でも手に取るようによく理解できるのである。

地球上でテレパシーなどを得ようとすると、それこそ難儀な訓練や試練に打ち勝って得なければならないと思われているが、本当は全く逆である。そのような不必要な訓練よりも、回りの自然のように正しく生きていければ、それで人間は必要なテレパシーはそのまま得られるというものである。丁度イエスが素っ気なく言放ったように。

但し昔から私達人間が正しく自然のように生きることは至難の業である。これは誰しも認めるところと思われる。心当たりのない者はいない。このごちゃごちゃした中でそれを求めるのは、誰かが言ったように「ラクダを針の穴に通すようなもの」に違いない。それほと、私達の生き方は逆を行っているということになる。他の惑星では難なく出来る能力であるのに、私達には途方もなく遠い世界に見える。むしろ見たくないのである。だからこのような情報に触れると、途端に怒り出す人も沢山いるのである。冷静ではとてもいられない。「イカサマだ」と激しく騒ぐ。私達は自分自ら出した粗雑な想念のために、地球の雰囲気(振動)が悪くなり、互いにテレパシー会話が出来ないだけのようである。

これらの新しい情報はすぐには身につかない。しかししぶとく、時間をかけて丁寧に研究をすることでこれが可能となる。むしろ他の惑星の彼らの考え方の方が遙かに合理的に思えるし、この方法が確かなことだということが理解できるようになる。この峠を越えると、後は楽である。あらゆる事が納得解決できる。目の前の日常の困難というものは、さほど気にしなくてもよいようになる。なぜなら一番大切なものごとの道理が理解出来るからである。

その結論は非常に常識的なことであり、実はめずらしくも何ともない結論である。そして多くの混乱のさなかにある今までの指針や人生訓は、殆ど重要でなくなる。要らなくなるのである。無くても十分に有り余る精神の安定や安心、そのときに必要な直感が得られる。この世で争うこと自体がバカバカしくなるのは間違いない。この愚かさがこの直感で理解できたとき、その時点で私達はステップを確実に1段上げたことになる。これは誰しも確かめることがいつでも出来る。勇気を持ってその気になりさえすれば。

と目次へ

ムスキーDB

 

 


民族の起源と転生

人類の起源を探るとき、今でも進化論は重要な足がかりとされている。世の学校の先生達はこれを起点にしてしか教えることが出来ない。決められたことしか話せないし、疑うことを知らないからであろう。本当の起源を知ると、この進化論は滑稽に見えるようになる。

ところで日本人は一体どこから来たのだろうか?これまた不思議である。とても進化論など信じてはおれない。日本人の起源いずこからか? 僅か数千年前が全く分からない。縄文土器などが出ているが、それくらいしか分かっていない。近々の歴史、特に紀元前後頃からの地球の歴史も不明確で本当のところは分からない。沢山の研究論文や議論が出ているが、一体何が本当かはさっぱり予想もつかない。百家争鳴の感である。文献と遺物主義にとらわれているからである。世は自由にものがいえるのはすばらしいことであるが、逆に大変に不便でもある。これが学問の自由であろうか。何が本当かは判別もつかない。また自由な研究であるはずなのに、逆に本当は学閥などの影響で、自由な研究がなされていない雰囲気も濃厚である。

ところで日本人は世界から見て、どうやら変わり種のようである。例えば文化の変化に対する対応力がある。また世界中の民族から嫌われない。またさっさと自分たちのことは周りに迷惑をかけずに自力で何でも出来る。過ごしやすい生活環境を直ぐに整えることが出来る。もの静か、清潔、自立性が高い、謙虚で出しゃばらない。アイディアを出すのも、他民族に負けない。特許の出願は最も日本人が多い。このほか、きりがないくらいに褒め言葉が多いのである。これを全く理解できない人達の一部で陰口をたたかれもするが。

江戸時代にも、西洋からの旅行者が我々日本人の生活ぶりをみて、皆その清潔さ、律儀さ、教育の高さ、文化のレベルに驚嘆している。旅行の途中でみた他民族達とは異なり、特異な人種と見えたようである。

この特徴の原因は何だろうか? もし日本人の出生の秘密が判るなら、直ぐに解けるかも知れない。これは本当の民族の生い立ちである。同様に他の民族も同じ生い立ちがあるはずである。互いに私達はその真相を知らない。知るべきなのに全くお手上げの情態である。勿論、進化論などで解けるわけがないし、この理屈ではカスリもしないのである。

私達はいま宇宙時代の入り口にいる。これがポイントの一つと思われる。そしてもう一つのポイントは転生のカラクリである。これを組み合わせると日本人の謎、地球全体の民族の謎も解ける。

私達は他の惑星人との交流は全く今まで考えたことはない。SF小説では語られているが、それだけのことである。同時に私達は自分の転生のことをよく知らない。この両者を組み合わせると、あるいは私達がこれを知るようになると、私達の民族ルーツはそれほど難しいことではないと思われる。日本人のそれも自ずとはっきりするだろう。

元々は私達のそれぞれの民族は意味無くして発生したのではない。地球だけの人類、民族の発生とすると、かの奇妙な進化論に頼るしかない。しかし実は全く別のルートがあり、宇宙的であるということのようである。それぞれの民族は混血もしているが、基本的にはその惑星の生い立ちが違うというもののようである。私達はある種の都合があって、かつて遠い昔に地球人はそれぞれ他の惑星から移住している(宇宙船で)と考えると、いままで疑問になっている相当な部分が納得いく。

ともかく私達は進化論からまず、抜け出す必要がある。相当にこの思想に毒されているので、まずこの毒を抜いてしまう必要がある。その後に冷静に考えると、私達地球での民族の違いに次第にその理由が理解できるようになる。すぐには無理があるかもしれないが。相当時間がかかっても、これが常識レベルになると説得力は今までとは全く異なる。私達は残念ながら、今までは他の惑星をふまえて物事を考えることが全く出来なかった。しかし今は少しこれが出来るようになった時代である。つまりおとぎ話ではなくなりつつあるということ。

ただし素直に受け取る必要がある。身の回りを身綺麗にして、素直な気持ちになってから、地球のこと、宇宙のこと、自分のこと、周りのこと、あらゆる生き物のことを感じると、地球そのものもそうであるように、他の惑星は私達のふるさとであり、生まれ故郷ということが何の抵抗もなく、感じることが出来るだろう。つまり複合的に考える方法がどうして必要のようである。

私達は一時的に地球にいると思うのである。そして地球の特定の場所に生まれ、その振動に合う生命体(魂)として引き合って集まっている(類は転生を通じて集まる)。それは元の民族でもあるし、血縁、集落でもある。長年、同じ雰囲気でそれぞれの民族が生きていくのはその理由による。多少の入れ替わり変動はあるが基本の民族はそれほど変化しない訳である。これが転生を介した複合要因と思われる。もちろん地上での言い伝えや教え込みもあるが。

ある時、突然ある集団が他の惑星から地球へたどり着く。これは勿論宇宙船を用いて来る。しかも民族ごとバラバラで。これは大昔からそうであったようである。その後出身惑星との連絡をしばらくはとっていたようであるが、いつしか連絡が途絶えた。そのうちに大きな天変地異(途方もない破格の大洪水を伴った)が起きた。これが昔を忘れ去った一つの大きな原因である。その後長い時間をかけ生活を再生したが、その文明の中で自分たちは地球でのみ生まれたと思い込んでしまったようである。この理由は私達それぞれの地球人だけで生活が楽しかったのか、母惑星のことを無視したのか、思い出すことがなくなり、自分たちの正体を忘れたようである。知っていた時代はこのようにして過ぎ、ついになかったことになる例である。これが都合がよい人も大勢いただろう。過去の清算として。

私達が宇宙船移動をすっかり忘れた二つ目の大きな原因として、地球で得手勝手がなされ、思想、生活態度に修正がなされなかったことによる。要するに周りの惑星も、母惑星も私達に愛想を尽かしたのである。これが私達の現在の姿である。私達は古代の人類歴史を遺物や遺跡で長い間推測をしてきたが、そろそろ地球人類起源の根本に気付く必要がある。そうしないと研究は長年空回りを続け、徒労の多い結果だけが残ることになる。今のように進化論を基本にしては何一つ解決しない。これは日本人も例外でない。そのまま当てはまる。そうすると時代とともに、私達の民度が低下したという意味も判るし、今の生活態度の理解がよくできる。時代とともに精神が発達したのではない。物質的には一部復活し進歩したが、精神的には進歩どころか堕落し、低下したのである。これで全てがよく理解できる。だれしも思い当たる節がたくさんある(やたら)。その通りだと相槌を打つ人達も多いと思われる。当然日本人もこの例外ではない。精神的にははっきりいって退化したのである。退化すると、転生しても自分の過去の正体を全く思い出せなくなる(今の私達のように)。正体がここでプッツンする。同時に私達は自分が判らず、お互いが闇雲で迷ったままの生活となる。

ではその昔、宇宙船はあったのか? 私達が今知っている地球の歴史はわずか数千年前、しかも中身は曖昧で洪水の影響もあってわずかな記録しか残っていない。日本にいたってはわずか千数百年前ですでにはっきりしない(日本でも歴史隠滅はなされた)。それ以前となると推測の域である。他の惑星同士はこれよりはるか以前から惑星間の交流を行っており、歴史の記録オーダが地球とは大きく異なる。私達は自惑星の歴史もわからない状態(井の中の蛙)で惑星間交流を知るよしもなかった。要するに近隣惑星同士では宇宙船での交流は以前から常識であったのである。地球ではいまだに時代遅れのロケット式宇宙船にこだわった状態で、真の惑星間交流が出来ず断絶したままあるが。

この辺の事情を私達自身が受け入れるには、政府側の情報公開阻止と私達自身のこだわりが大きな問題となる。こだわりをもたず、さばけた人々はすぐこのことを理解できると思われる。そのような雰囲気を持った地球人がいるのは、間違いないのであるから。数は少ないのであるが、このことを生まれながらに知っている人がいる。目立たないが確実に少数者がいるのである。何も言わない。だから知らないのではない。昔からそうなので、説明もあえて彼らはしない。そのまま地球で死に、他の惑星に何事も無かったように転生していく。

この私達地球民族の起源を、そろそろ感づいている人が今後少し増えてくると思われる。他の惑星に大勢の先輩達が昔から居ることや、地球で生きる意味と同時に、転生を明確に理解するというようになるだろう。この転生のカラクリも説明はまだ理解がしづらいが、いずれ民族の起源と私達の生まれ素性を同時に理解できるようになると思われる。また私達の起源と同時に、私達の本質がすんなりと判るようになるということ。

これがとっておきの解決法である。今までのように膨大な昔の時代推測や、大げさで当てずっぽうの推論(進化論など)は要らなくなる。また進化論を裏付けようとした大切な北京原人の骨(ミッシングリンク)も要らなくなる。これらのベールがとれると、私達は地球という惑星がどのようなものかをよく知ることができ、自分の真の人間生活の方法を知るようになる。この時点で他の惑星の人々は私達との交流が遥かにしやすくなる。

アワのこと目次へ

アダムスキーDB