アダムスキーDBTPへ戻る

データベース構成内容の概略

本データベースは、アダムスキーの情報をまとめ易くし、かつ各人なりの個人メモ記述整理が容易に出来るようにした、専用のデータベースです。

 

操作そのものは、データベース自体を知らなくても出来るように工夫されています。パソコンの知識としては、ワード、エクセル、インターネットの初歩が出来る方であれば、説明書を丁寧に見ることで、誰でも扱えるようにしてあります。

 

記述方法は「要点記述式」です。アダムスキー情報内容を元に、1件ずつ要点部分をまとめてデータを作成しておき、このデータを数多くストックしておいて、この中から、検索、抽出、印刷が任意に出来るようにしたものです。またこのデータベースは分類、テーマ毎に関連性を探すのに便利にできています。関連づけることで自分なりのデータベースができるように作られています。

 

丁度、今まで要点のメモ紙を一枚ずつ作り、後でこれをまとめて整理していたやり方を、パソコン上で行なうものです。またこれと並行してこの要点メモに、自分の関連アイディア(個人メモ)を書き込めるようにし、こちらでも任意のキーワード、分類で整理してまとめられようにしたものです。また、画面のページめくり機能を持っており、書籍の良さである、一覧性の機能を持たせてあります。更に任意検索での印刷機能が簡単に併用出来ますので、その部分の出力印刷を持ち歩き、いつでも推こう書き込みができます。また同時にこの分のデータベースへの転記も容易です。

 

データベースは作った後のメンテナンスとデータの積み上げが大切ですが、特にアダムスキーのデータに関しては、要点メモの入力データの他に、その後自分で書き入れた部分(個人メモ)が重要であるように思います。但し今回配布のデータベース(データが入っている方)では、この個人メモの欄は全て消去されて空白になっています。これは各人が感じた個性あるものをそれぞれ記述してもらうためです。この個人メモそのものが本来の目的になると思われます。

 

使用に際し、データベースの基本形(プログラム)のみを利用し、データ内容全てを自分で改めて入力しようとする人は、内容を全く記述していない、「空のデータベース」を最初から使用して下さい。こちらも用意しています。自分で内容をまとめながらデータ内容を記述していく過程は、そのこと自体で内容把握を深めると思います。まとめ方や要点も各人で違うからです。こうすることで、その人本来のデータが収集できると思います。もちろん分類キーワードも自由に設定ができます。

 

本データベースのプログラムそのものには、著作権を設定しません。自由にファイルのダウンロード、コピーを行って下さい。またAccessデータベースのマクロやVBA が理解できる人は、パスワードは設定されていませんので自由に改ざんして下さい。

データベースを使用する場合に、プログラムの不具合で旨く作動しなかったときはAccess そのもののチェック(バージョン等)をお願いします。これ以外で不具合があるようでしたら、当方へメールでお知らせ下さい。また更なる工夫につき、御教授いただければ幸いです。

 

作成に当り使用した書籍は、出版社「文久書林」版のアダムスキー全集などを含めた、12 冊です。なおこの全集は現在、絶版となっているため書店では入手できませんが、トップページにある関連紹介リンクより、インターネットから入手が出来ます。

 

アダムスキーDBTPへ戻る