アダムスキーDBTPへ戻る 

アダムスキーの紹介

 ジョージ・アダムスキーについて、あまり詳しくない方にも解りやすいように、彼のことを少し紹介し、彼が何を伝えようとしたのか、この情報を受け取ったとき何をしたらよいかについて、当方の意見をまじえてその要点をまとめてみます。

 

アダムスキーはポーランド生れの米国人(1891-1965)です。1930年代より宇宙の法則を題材にした公的な活動をはじめましたが、1952 年から他の惑星(太陽系など)からの情報伝達活動を本格的に開始し、晩年にいたるまでおよそ30 年間にわたり、私達にとって貴重で実用的な提言を多く残しました。

 

 情報内容は主に、他の惑星から見た私達地球と地球人の状態、より良き地球での生活の方法、考え方及び人間自身の本質についてです。私達は地球から見た地球、地球人しか知りません。地球外から見たものの見方や考え方を知りません。これをアダムスキーは多くの時間を使って知らしめようとしました。

また「未知なる」飛行物体についても知らしめましたが、これは経過上必要な説明事項であって、それ自体は単なる事実であり、他の惑星人の乗り物に過ぎません。確かにこの乗り物は私達から見ると魅力的であり、冷静に受け取ることで多くの技術的ヒントが得られるようです。

 

 当然ながらこれは同時に多くの反発を食らいました。まず他の惑星に私達と変わらない人がいるということ自体に対し、理由の如何を問わず気にくわない人が大勢いるからです。私達は地球以外からの視点を全く持たなかったし、今もそうです。

アダムスキー の言動を真摯に受け取るよりも、茶化して余興の中で見る方がはるかにたやすいものです。しかし、アダムスキー の多くの著書を通読しますと、この情報がただのたわごとではないことが、段々と理解できます。最初は違和感があり直ぐには受け入れがたいのは当然です。

なにせ今まで私達は、身近で限られた情報しか知らなかったからです。結果的に私達地球に無数の人がいることに疑問の余地がないのと同じように、他の惑星に人がいるということは、はるか以前から常識であるということや、私達人間は最初から宇宙的に共通に創られていることなどが、こ 情報を理解するに従って徐々に判明してきます。ならばなぜ今まで長い間私達に知らされなかったのか?という大きな疑問がわきますが、この理由も次第に理解できるようになります。これらは私達が良く知っている「井の中の蛙」という説明がうまく当てはまるようです。

 また アダムスキー の情報に関してよく私達が迷うのが、神霊や宇宙通信といわれる、いわゆる神がかりものとの区別です。これは正に地球しか知らないために混乱する情報であり、私達は真の情報との区別が全くつきません。更にこの無知に乗じて惑星探査情報も、大方は公に発表されず混乱のまま放置されています。これ等についてもアダムスキー情報を各人の力で分析するに従い、次第に明確になってきます。

 

アダムスキー が伝えた情報の基本的なエッセンスそのものは、私達にわかり易いものです。一例をとりますと、私達は「謙虚」さが必要であることは日頃よく耳にします。しかしこれがどれほど重要かを知りません。私達は自分自身に気付かないため、謙虚さ一つ身につけるのが大変困難で、このため真の情報も得る事がないということのようです。謙虚さとは単に控えめであるのではなく、私達が予想もつかない大きな力を秘めており、真実を知る大きなきっかけになることを、それとなく教えています。

 

さらに私達がこれ等の情報に対し、常に疑問に思うことの一つに、その証拠があるのか?という点であります。これは最大の難問です。しかし、解ってしまえばこれほど解決の簡単なことはないことのようですが、但しこれを知るには私達の謙虚さを含めた心構えが最も重要になるようです。

私達は地球上で、現に目の前に真実が膨大な数ころがっているのに、このことに目を向けていません。良いことや、目に余ること、あわせてこれは日頃多く私達の知るところです。この中で自分の利得に関することは大変な努力をし、真実までも隠してしまいますが、万人や万物のためには残念ながらなかなか動こうとしません。私達は自分の足元にある出来事を、偏った自分勝手な見方にしてしまい、本当は真実を知ろうとはしていないようです。この状態でどのような情報や証拠を手にしても、まず信じることは不可能となります。つまり私達が互いに疑いを持って生活をしている間は、他の惑星の真実も、地球の真実も、肝心な自分自身に関する真実も知ることはむずかしいということになります。どうやら証拠や真実は私達自身の中にカギがあるようです。

ちょうど、ダダをこねている訳のわからない子供に、大人がいくら説明しても理解しないのと同じです。子供は自分の都合しか考えていません。宇宙のことには気付かないし、自分の姿を知ることは出来ません。ましてや証拠を見せてもその真実に気付くことはけしてないし、知る力を持ちません。

 

このようなわがままな私達が、今の状態で他の惑星の情報をすぐに身につけることは困難なように思われます。しかしこの情報は大きな可能性を秘めており、私達が習得するならば、どれほど時間がかかろうともその価値が十分にある内容です。また努力の方向を間違わなければ、確実に可能なことのようです。

 このようにアダムスキーの情報は私達にとって貴重なものですが、受け入れるきっかけがなかなか見えにくく、掘り起こしが困難です。このために有志ある人々はこの情報に取組み、解きほぐす必要があると思います。著書そのものは、一見すると内容的に見ても読み辛い情報であり、直ぐに取りかかれないからです。この情報を公然と説明するには、ただの聞き学問では歯が立ちません。各人が腰を据えて取り組む必要があります。単なる口先の知識では地球の誰も信用しません。

 またこのアダムスキー情報以外で、同様の内容を他から得ることができるかもしれませんが、今のところこれ以上に質の高いものを、既成の縛りにまったく関係なく直接入手出来るのは他にはありません。幸いにしてこの情報に触れられた方は、この機会に是非とも身につけ深く掘り下げてみてください。

 

結局、アダムスキーが最も多く時間を費やして説明していることは、地球外から見た立場を含め、私達自身の日常生活の仕方、隣人や万物との付き合いの仕方、この地球惑星で生きることの意味と価値、私達各人は誰しも意味ある役目がもれなく厳然としてあること、そして各人の中に潜んでいる今まで気付かない自然な能力、本物の能力、など身近な事柄を知るという点にあります。子供を含めて誰にでもスンナリ納得ができ、民族、宗教、言葉の違いを真に飛び越えて共有できる実用的情報と、地球にかぎらず他の惑星でもそのまま通用する、人間本来の常識マナーを身につけることになります。

 

ひいては、私達地球人を含めた人間自身の壮大さ、すばらしさを知るきっかけになると考えます。このことに私達が少しでも気付くなら、地球は少しずつ新しい動きを始めると思います。私達人間は最もつまらない生き物にもなるし、逆に生き方変えるとこれほどすばらしい生き物はありません。他の惑星の人々はこれを実現するための、きっかけになる情報を真摯な態度で伝えてくれますが、それ以上私達に手出しはしませんし、出来ません。水を飲むのは私達だからです。

 

アダムスキーDBTPへ戻る